ビットコイン強盗団にご注意を!「稼いだ事は秘密にした方が良いかも…」

by BITTIMES   

現在、中国などから「ビットコイン強盗団」なるものが、集団で来日しているようです。

最近「ビットコインで儲かりました!」という事をブログなどで情報発信される方がいらっしゃいますが、少し控えた方が良いのかもしれません。
内容が内容なだけにソース元は控えさせていただきますが、かなり危険度が高い情報なのでしっかり対策をしていただければと思います。

彼らは、ネット上で「ビットコインで儲かった!」という人を標的にしているようです。
仮想通貨投資セミナーの講師などが、インターネット上にアップしている「◯月◯日セミナーします!」などの情報をキャッチし、当日はセミナー会場へ足を運び参加します。
そこで目星を付けた「仮想通貨 bitcoin で儲かった人」を "拉致監禁" して

  • 海外のビットコインアドレス
  • 海外の取引所で発行されたアドレス

へ、ビットコイン(bitcoin/BTC)Zcash(ZEC)Monero(XMR)などの暗号性の高い仮想通貨(暗号通貨)へ変換させ、送金させているようです。
また、送金が完了するまでその人物を監禁し続けるとの報告も受けています。

この中国から来たらしきビットコイン強盗団は、日本国内で何度もそのような行為を繰り返しているとの情報が当メディアに舞い込んで来たので、注意喚起の意味を込めてシェアいたします。

送金が完了すれば、拉強盗団に致された人は解放されるようですが、場合によっては命の危険にさらされる可能性も高く、「億り人」とも呼ばれるビットコイン長者にとって、かなり危険な状況になってきていると思います。
ビットコイン送金は、海外の取引所を使用すれば犯人を特定するのに時間がかかりますし、匿名性の高い仮想通貨を使用すれば、逮捕する事は現行犯以外ほぼ不可能になります。

仮想通貨セミナーの講師でも、ビットコイン長者でも、WEB 上で情報発信をされる場合は、このような事象も報告されていることを頭に置いておいて対策はされた方が良いですね。

ビットコイン(bitcoin/BTC)強盗団といえば...

以前から「北朝鮮はビットコイン(bitcoin/BTC)窃盗部隊を作った」というニュースが出回っています。
このニュースの真偽は分かりかねますが、北朝鮮は「6,000人」規模の bitcoin 専門のハッカー集団を編成したという報道も存在します。
北朝鮮の最高指導者、金正恩氏は「仮想通貨に対して明らかに高い関心を持っている。」とも言われているので、あながちあり得ない話でもないようですね。

北朝鮮の主なハッキング先は "韓国の仮想通貨取引所" とも言われており、今隣国の韓国では仮想通貨(暗号通貨)バブルが巻き起きているので、かなり強めに攻撃をかけているのではないでしょうか。
北朝鮮のこのような動きが強まったのは、米国大統領がトランプ氏に変わって以来「原油の供給制限」や「繊維製品の輸入禁止」など、北朝鮮に対する経済制裁や風当たりが強くなった辺りからだと考えられています。

「北朝鮮ビットコイン(bitcoin/BTC)窃盗部隊」に関連する記事はこちらからご覧ください。
>>「北朝鮮ビットコイン窃盗部隊に 6,000人「意外にも優秀な彼ら」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Web3技術活用の「細胞培養システム」を共同開発:ジャスミー×バイオメディカ・ソリューション

Web3技術活用の「細胞培養システム」を共同開発:ジャスミー×バイオメディカ・ソリューション

ビットコインキャッシュが選ばれる理由|ビットコインとの違い

ビットコインキャッシュが選ばれる理由|ビットコインとの違い

Binance US「XRP取引・入金の一時停止」を発表|大手取引所で上場廃止報告続く

Binance US「XRP取引・入金の一時停止」を発表|大手取引所で上場廃止報告続く

財務省「デジタル通貨関連の人員体制強化」に向け予算要求へ=ロイター報道

財務省「デジタル通貨関連の人員体制強化」に向け予算要求へ=ロイター報道

Bakkt CEO:アメリカ・ジョージア州代表の「上院議員」に正式任命

Bakkt CEO:アメリカ・ジョージア州代表の「上院議員」に正式任命

Cardano Shellyテストネット:ステークプール登録数、わずか2日で「100」を突破

Cardano Shellyテストネット:ステークプール登録数、わずか2日で「100」を突破

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットフライヤー:Flareトークン(FLR)取扱い開始|対象者への付与も完了

ビットフライヤー:Flareトークン(FLR)取扱い開始|対象者への付与も完了

Bitget:FTXの倒産後に最もシェア拡大を実現|市場シェアが2.6倍となり、デリバティブ取引所トップ3に急浮上

Bitget:FTXの倒産後に最もシェア拡大を実現|市場シェアが2.6倍となり、デリバティブ取引所トップ3に急浮上

カルダノ(ADA)価格停滞は「クジラの売却」が原因?大量保有アドレス数に減少傾向

カルダノ(ADA)価格停滞は「クジラの売却」が原因?大量保有アドレス数に減少傾向

話題を集めるメタケード(MCADE)が絶賛プレセール中

話題を集めるメタケード(MCADE)が絶賛プレセール中

米裁判所:FTX破産手続きで「FTX Japan」など4つの事業売却を承認

米裁判所:FTX破産手続きで「FTX Japan」など4つの事業売却を承認

POS端末展開のClover「ビットコインのLightning決済」を試験導入|StrikeとFiservが提携

POS端末展開のClover「ビットコインのLightning決済」を試験導入|StrikeとFiservが提携

カルダノ初の自動車プロジェクト「eTukTuk」が登場|充電ステーションを展開

カルダノ初の自動車プロジェクト「eTukTuk」が登場|充電ステーションを展開

YGG Japan:スクエニ・セガなど18社から約4億円相当の資金調達

YGG Japan:スクエニ・セガなど18社から約4億円相当の資金調達

日本円だけでオンチェーンNFT売買「SBI Web3ウォレット」提供開始:SBI VCトレード

日本円だけでオンチェーンNFT売買「SBI Web3ウォレット」提供開始:SBI VCトレード

ウクライナの銀行「Stellar(XLM)活用した電子マネー」に関する調査結果を報告

ウクライナの銀行「Stellar(XLM)活用した電子マネー」に関する調査結果を報告

FTX Japan「資産返還機能のベータ版」公開|出金再開に向け最終テスト

FTX Japan「資産返還機能のベータ版」公開|出金再開に向け最終テスト

AR特化のWeb3型メタバース「IZUMO」公式サイト・コミュニティを公開

AR特化のWeb3型メタバース「IZUMO」公式サイト・コミュニティを公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す