北朝鮮ビットコイン窃盗部隊に6000人「意外にも優秀な彼ら」

by BITTIMES   

今年に入り北朝鮮のビットコイン盗難が活発化しています。
北朝鮮のこのような動きが強まったのは「原油の供給制限」や「繊維製品の輸入禁止」など、北朝鮮に対する経済制裁と、ビットコインの価格上昇が原因だと言われています。
米国のサイバーセキュリティ企業 FireEye(ファイア・アイ)」は、主に北朝鮮のハッキング攻撃は、韓国の仮想通貨取引所や関連サイトのサイバーへ向けられて行われており、
ビットコイン英語ニュースサイトをハッキング、身代金要求型ウィルスのランサムウェア「 WannaCry(ワナクライ)」は、北朝鮮から発信されたものではないかと報告書で警告しています。
北朝鮮に対する経済制裁で、外貨獲得が難しくなっていくことを懸念し国の運営資金をかき集めるために、ビットコインをはじめとした仮想通貨の大量確保に動き出しているのではないかと予測できます。
一部報道では「北朝鮮が仮想通貨窃盗サイバー部隊を 6,000人規模で編成した。」との情報も出回っており、専門家は

「最高指導者の金正恩氏は、仮想通貨に対して明らかな高い関心を持っている。」
国家の統制を受けず、秘密が守られるという仮想通貨の特徴は、資金調達やマネーロンダリング(資金洗浄)の手段として有用だ。」
「制裁強化と仮想通貨の利用拡大が見込まれることを考慮すると、北朝鮮の仮想通貨志向は強まる。」

と語っています。
FireEye はこれらの情報をまとめ、「北朝鮮は仮想通貨を外貨を稼ぐ、極めて低コストのソリューション」だと考えていると分析しました。

仮想通貨を窃盗する北朝鮮の動き


上記の図から北朝鮮が韓国の取引所を攻撃していることがわかります。
しかも、攻撃のタイミングはビットコインの価格上昇に連動して行われており、今年に入り少なくとも 3回のアタックが確認されています。
これらのアタックで韓国仮想通貨取引所の「ヤピゾン」は 3,800BTC、約 17億円分のビットコインが盗まれたと報告しています。
また、北朝鮮の関与が疑われているランサムウェアの WannaCry は、全世界 150カ国で 23万台以上のパソコンに感染し、パソコンの身代金としてビットコインなどの仮想通貨を要求するものでしたが、
この時、身代金として奪われた仮想通貨は Monero などの匿名性の高いアルトコインに変えられ、更にドルやウォンに換金されていたと言われています。
北朝鮮のサイバー犯罪組織は、その他の政府機関と比べて極めて優秀な人材が集められ、常時でも 6,000人が常時待機、更に最高指導者の金正恩氏が直接統括するという力の入れようです。
これらの情報から金正恩氏が、仮想通貨に対して非常に高い期待を寄せていることがわかります。
今後、北朝鮮に対する経済制裁が強まれば強まるほど、北朝鮮のサイバー部隊はより動きを活発化させていくのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Symbolウォレットアプリ「EXYM」登場|デザインを自分好みにカスタマイズ

Symbolウォレットアプリ「EXYM」登場|デザインを自分好みにカスタマイズ

ULTRAMAN(ウルトラマン)の「第一弾NFT事前予約受付」開始:ノーボーダーズ

ULTRAMAN(ウルトラマン)の「第一弾NFT事前予約受付」開始:ノーボーダーズ

NEM新チェーンSymbol「スナップショット実施日・メインネット公開日」が決定

NEM新チェーンSymbol「スナップショット実施日・メインネット公開日」が決定

【国内初】暗号資産を対象とする「個人向け証券化商品」提供へ:eワラント証券株式会社

【国内初】暗号資産を対象とする「個人向け証券化商品」提供へ:eワラント証券株式会社

SBI VCトレード:貸暗号資産サービス「貸コイン」提供開始|3銘柄をサポート

SBI VCトレード:貸暗号資産サービス「貸コイン」提供開始|3銘柄をサポート

ビットコイン価格「2018年末550万円」に15億円を賭けた正体不明のトレーダー現る

ビットコイン価格「2018年末550万円」に15億円を賭けた正体不明のトレーダー現る

注目度の高い仮想通貨ニュース

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

TikTok関連企業が「Suiブロックチェーン」を採用|BytePlus・Mysten Labsが提携

TikTok関連企業が「Suiブロックチェーン」を採用|BytePlus・Mysten Labsが提携

ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

ビットトレード:積立暗号資産で「DOGE・SHIB・ADAなど7銘柄」サポートへ

ビットトレード:積立暗号資産で「DOGE・SHIB・ADAなど7銘柄」サポートへ

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す