ビットコイン最大の脅威「量子コンピュータ」ついに商用化:IBM Q System One

by BITTIMES

ブロックチェーン業界を牽引する大手企業として知られる「IBM」は2019年1月8日、ビットコイン(Bitcoin/BTC)最大の脅威になり得るとも言われる「量子コンピュータ」を世界で初めて"商用化"したことを発表しました。「Q System One」と呼ばれるこの新製品には注目が集まっています。

こちらから読む:ブロックチェーン技術を世界中に提供「IBM」関連ニュース

商用量子コンピュータ「IBM Q System One」

アメリカ・ニューヨークに本社を構え、民間法人や公的機関向けに「コンピュータ関連製品」や「様々なサービス」を提供している大手企業「IBM」は、2019年1月8日に世界初となる"商用"量子コンピュータ「IBM Q System One」を発表しました。

量子コンピュータとは、近年開発が進められている新しい種類のコンピュータであり、従来の一般的なコンピュータとは根本的に異なる仕組みを採用することによって「計算能力を大幅に向上させた新しいコンピュータ」として注目を集めています。

非常に高い性能を備えている「量子コンピュータ」は、一部の企業では以前から使用されていましたが、商用版として販売されるのは「IBM Q System One」が初となります。

仮想通貨業界の今後に影響大?

高い計算能力を持つ量子コンピューターは「仮想通貨の今後にも大きな影響を与える可能性がある」ことでも知られています。ビットコイン(Bitcoin/BTC)のような仮想通貨のマイニングには、高い計算能力が必要となるため、マイナーの人々は「高価なマイニングマシン」を購入して競争に勝ち残ってきました。

量子コンピュータは圧倒的に高い「計算能力」を誇っているため、本格的に量子コンピュータが導入され始めることによって、仮想通貨マイニングにも大きな影響が出る可能性があります。複数の仮想通貨はすでに「量子コンピューターへの耐性」を備えていますが、そのような耐性をもつ仮想通貨の数は非常に限られているため、実際に製品が普及した際には非常に多くの銘柄が影響を受けることにもなりかねません。

今回発表された「IBM Q System One」は"商業用途向け"に設計されており、実際に購入することもできるため、一部の人々は『この製品がビットコインに何かしらの影響を与えるのではないか?』と考えています。

「IBM Q System One」は革命を起こすのか?

「IBM Q System One」の詳細については、『購入することはできるものの"量子コンピューター"は非常に繊細で操作が難しいため、クラウド経由でアクセスする仕組みとなっている』と伝えられている他、『新しいコンピュータには「20量子ビット」のチップが搭載されているが、「50量子ビット」のチップの方が企業に大きなプラス効果を与える』といったことなども報告されています。

以前までは、驚異的な性能を持つ「量子コンピュータ」が登場した場合、「暗号化技術」は使い物にならなくなるため、『仮想通貨の技術的な信頼が崩れる』と共に『仮想通貨市場も終焉に向かう』と言われていましたが、今回の話題に関しては「ビットコインの脅威にはならない」といった意見が多く見られます。

量子コンピューターに詳しい「メリーランド大学」のAndrew Childs(アンドリュー・チャイルド)氏は、「IBM Q System One」はそれほど大きな変化をもたらす製品ではないと強調しており、どちらかといえば「将来のためのテスト用マシン」であると説明しています。

「IBM Q System One」は"実用的な量子コンピュータ"というよりも"最初のステップ"のようなものです。この製品を"全ての問題を解決できる量子コンピューター"だとは考えないでください。

この製品は、将来に役立つ可能性のあるプログラムのテストを行い、開発することもできる「プロトタイプマシン」であると考えるべきです。

「量子コンピュータ」の普及が進むにつれて「ビットコインの崩壊」や「仮想通貨革命」が始まるとの憶測も出ていましたが、今回発表された「IBM Q System One」に関しては仮想通貨市場への影響は低いと考えられています。

しかしながら、量子コンピューター製品の販売はこれから本格化していくと考えられるため、いずれは仮想通貨への影響なども強まってくることが予想されます。

IBMは今後の計画として、2019年にニューヨークで商用クライアント向けの量子コンピューティングデータセンター「IBM Q Quantum Computation Center」を開設する計画を進めていることも発表しているため、今後もこのような動きは活発化していくと予想されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

韓国大手投資会社NXC:暗号資産取引所「Bithumb(ビッサム)」買収へ

韓国大手投資会社NXC:暗号資産取引所「Bithumb(ビッサム)」買収へ

金融庁:暗号資産取引所「BINANCE」に2度目の警告

金融庁:暗号資産取引所「BINANCE」に2度目の警告

BINANCE:証拠金取引に「Cardano/ADA」を追加|2種類の通貨ペアを提供

BINANCE:証拠金取引に「Cardano/ADA」を追加|2種類の通貨ペアを提供

eToro:リップル(Ripple/XRP)の通貨ペアに日本円と英ポンドを追加

eToro:リップル(Ripple/XRP)の通貨ペアに日本円と英ポンドを追加

Ripple社に対する米SECの訴訟「現時点で和解の可能性はない」XRP裁判前の文書公開

Ripple社に対する米SECの訴訟「現時点で和解の可能性はない」XRP裁判前の文書公開

ブロックチェーンゲーム内通貨の累積購入金額「1,364%」増加=スマートアプリ報告

ブロックチェーンゲーム内通貨の累積購入金額「1,364%」増加=スマートアプリ報告

注目度の高い仮想通貨ニュース

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

韓国・新韓銀行「Klaytn(クレイトン)のガバナンス評議会」に参加

韓国・新韓銀行「Klaytn(クレイトン)のガバナンス評議会」に参加

USDC発行企業「Circle」SPAC合併でニューヨーク証券取引所(NYSE)上場へ

USDC発行企業「Circle」SPAC合併でニューヨーク証券取引所(NYSE)上場へ

メキシコ当局「金融機関の暗号資産取扱いは禁止」だと警告

メキシコ当局「金融機関の暗号資産取扱いは禁止」だと警告

YELLtum:スポーツチームが発行主体の「ファントークン」販売開始|新機能も追加予定

YELLtum:スポーツチームが発行主体の「ファントークン」販売開始|新機能も追加予定

Kraken:暗号資産の売買手数料が無料になる「Fee Holiday」キャンペーンを延長

Kraken:暗号資産の売買手数料が無料になる「Fee Holiday」キャンペーンを延長

ジャック・ドーシー氏「Twitterへのビットコイン活用」について決済発表でコメント

ジャック・ドーシー氏「Twitterへのビットコイン活用」について決済発表でコメント

BINANCE:カナダ・オンタリオ州を「利用制限地域」に追加

BINANCE:カナダ・オンタリオ州を「利用制限地域」に追加

パラグアイの議員:話題の仮想通貨法案は「BTCを法定通貨化するものではない」と説明

パラグアイの議員:話題の仮想通貨法案は「BTCを法定通貨化するものではない」と説明

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

GMOコイン:平日・休日問わず「24時間いつでも最短10分」で口座開設+取引可能に

GMOコイン:平日・休日問わず「24時間いつでも最短10分」で口座開設+取引可能に

Crypto Garage(クリプトガレージ)「暗号資産交換業者」の登録を完了

Crypto Garage(クリプトガレージ)「暗号資産交換業者」の登録を完了

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す