ビットコイン今後の展望「危険だから消滅させる」と語る未来人

by BITTIMES

Twitter 上で面白いビットコイン関連の話題を見つけたので、今回はシェアしたいと思います。
その内容は、
「 2025年の未来から来たタイムトラベラーが、今後のビットコインが歩む道」
について語っているというものです。
この話は、アメリカ最大級の掲示板である「 reddit(レディット)」に「 2013年」に投稿されたものです。
「未来人がビットコインについて語る」という映画のような話ですが、
4年前に投稿された後、実際にビットコインの価格上昇を言い当てたことで話題になっていました。
彼が本物のタイムトラベラーかどうかは置いておいて、非常に面白い内容だったのでご紹介していきたいと思います。

ビットコインの今後について2025年からのメッセージ

私はタイムトラベラーです。今、あなたたちがやっていることをやめるよう頼みに来ました。
私は 2025年からこのメッセージを送っています。
私が本物のタイムトラベラーだと言うことを証明する方法がないので、私を信じられないのなら無視をしていただいて構いません。
私は何が起こったのかを説明するだけです。

ビットコイン価格は今後1億円を突破する

2013年まで、平均してビットコイン価格は毎年 10倍に増加しました。
2010年には 0.1ドルから 2011年には 1ドルに、2012年には 10ドルに、2013年(今年中)には 100ドルに引き上げられる予定です。
今後は 2年で 10倍になります。
つまり、2015年に 1,000ドル。2017年に 10,000ドル、2019年に 100,000ドル、2021年に 1,000,000ドル(約 1億円)といった具合です。

ビットコインチャート全期間
✳︎ビットコインの価格推移(Bitcoin日本語情報サイトより)

これから先は、ドルそのもの、あるいはその他の中央銀行が発行するいかなる通貨も使われなくなってくるので、ビットコインの価値をドルで表すことが難しくなっています。

2025年にはビットコインと土地が財産


私たちの世界( 2025年)では、主に 2つの財産があります。
土地と暗号通貨です。
人口が 70億人弱の我たちの世界では、1900万のビットコインが使用されています。
数百万ものビットコインは、すでに永久に失われています。
これは、人々が平均して 0.003ビットコイン以下しか持っていないことになります。
しかし、私たちの世界では不公平な富の分配のため、平均的な人々は 0.001ビットコインしか保有していません。
つまり、今日この投稿を読んでいるほとんどの人は、信じられないほどの金持ちになっています。

ビットコイン保有者が住む街「城塞」

ビットコイン都市
私の隣人は非常に困った若者なのですが、彼は2年前に、自分の古い redditアカウントにログインして、0.01ビットコインのチップをもらっていたことを発見しました。
彼がこのチップをもらったのは 2013年、彼が 16歳の時で、とある人物を「ホモ」呼ばわりしたおかげで 0.01ビットコインのチップをもらっていました。
彼はこのことを知るとすぐに、航空券を買って、誰にも何も言わずに家を出て「城塞」に行ってしまった。
「城塞って何だ?」と思っているかもしれません。
実はビットコインの価値が 1,000ドルになったくらいから「ビットコイン長者」のために、彼ら自身とその財産を守るサービスが出てきました。
最初は高級な金庫から始まって、ボディーガードなども含まれるようになり、
今日では「アーリーズ(初期利用者)」と「転換期を生き延びた金持ち」が、「城塞」と呼ばれるゲートコミュニティで暮らしています。
城塞はほとんどの仕事が自動化されています。
これらの城塞のほとんどは、ビットコインマイニング工場を保護するために要塞化したことからはじまっています。
あなたたちが知っている「 ASICminer 」は、私にとっては「 Friedman(フリードマン氏)」が王として統治する街のことなのです。

ビットコインで大半の政府が無くなる

ビットコイン政府
私のいる世界では(もう時期あなた達の世界になるが)、ビットコインの取引が匿名で行われるため、政府がほとんどの市民から税金を徴収することができません。
なので、大半の政府は存在していません。
ビットコイン成功の大部分は、ビットコインがあなたの富を政府から隠すのに最適な方法だからです。
以前、ルクセンブルク、モナコ、リヒテンシュタインのような「不正国家」に入国した人々に対して、
政府が無人のドローンで、「誰が富を隠しているか?」を調べましたが、結局、人々が隠したビットコインを探すことはできませんでした。
政府は秘密裏にビットコインを購入し、社会での影響力を保とうとしましたが、
それは結果的に、ビットコインの価格を上げてしまい状況は悪化しました。
私の時代のスノーデンズ(テロ対策として世界中の個人情報を収集していると言われている機関スノーデンの職員)は、とても欲深い政府関係者で、
彼らは自分の個人アカウントにビットコインを送金し、お金があれば、不自由なく暮らせる無政府国家に逃げ出しました。
現在(2025年)に、大量のビットコインを保有している機関は、次の 4つあると考えられています。
ASICminer・50,000 BTC
IMF(通貨安定基金)・70,000 BTC
サウジアラビア政府・110,000 BTC
北朝鮮政府・180,000 BTC

ビットコインで停滞した世界経済


今の経済成長は、およそ年 -2%です。
なぜだと思いますか?
もし、あなたが私の時代に 0.01ビットコイン以上持っていたとしたら、そのお金には手をつけないはずです。
なぜなら、ビットコインにはインフレが無く(価値が下がらない)、他のものに投資する必要がないからです。
財産が金(ゴールド)で測定されていた中世の時代には、目立った経済成長がありませんでした。
それと同じように私たちの社会( 2025年)は、経済成長がありません。
まだ新しいビットコインが採掘され続けている事実が世界の崩壊を防いでいます。
しかし人々は、次の半減期に起こるインフレの低下が、さらなる経済の停滞を引き起こす可能性があると考えて恐れています。
ビットコイン将来
双子のウィンクルボス兄弟がどうなったと思いますか?(ビットコインETF と映画ソーシャル・ネットワークの中で Facebook創始者であるマーク・ザックカーバーグと争った兄弟)
彼らは、社会の構造に大きな被害を与えたとしてテロの被害にあいました。
ビットコインによる社会への影響力の大きさが明らかになるにつれて、ビットコイン長者や暗号通貨の発展に寄与した人物は、社会の崩壊の原因になったと考える人々によってテロの標的にされました。
皮肉なことに、このテロの資金は匿名性の高いビットコインによって集められています。
多くのビットコインを保有している人は、身元を変えなければいけなくなり、家族とも会えなくなったり、友人を失ったりしています。
またビットコイン保有者の中には、株券が 1円の価値もなくなった株主や政府がビットコインを購入するという噂を聞きながらも、ビットコインが失敗すると考えていた人たちに起きたのかを見てしまい、自らの命を絶った人もいます。
またビットコイン長者の 25%が、監禁・拷問され他人にパスワードを漏らしたことがあると言われています。
なぜ私たちはビットコインを放棄して、別のシステムに移行しなかったのでしょうか?

ビットコインと法定通貨

私たちはもちろん試みました。
法定通貨の暗号化を取り入れようとしましたが、IQ 70以上の人々は誰もその計画を実践してくれませんでした。
結局、法定通貨の価値が絶えず減少することを知って起きながら、それに投資するような人はいなかったということです。
ビットコインが社会にとって危険である理由は、ビットコインが成功した理由と同じなんです。
ビットコインは、私たちの欲望を暴走させます。
アフリカでは「ビットコインが悪魔によって発明されたと 70%の人々が信じている。」という調査結果もあります。
もちろんこれには理由があります。
それは今のアフリカで「悲劇」と呼ばれる非常にデリケートな問題です。
ビットコイン盗難
少し前、アフリカでは「アフリカ連合」が誕生し、市民がビットコインを利用できる準備を整える壮大な計画を進めていました。
アフリカの各政府は、自国の市民に無料のスマートフォンを与え、政府の ID と結びつけビットコインを自国経済に統合しようとしていました。
計画はとても順調でした。ある悲劇の日を迎えるまでは…
ロシアにあると考えられていた犯罪組織は、アフリカ連合が発行したスマートフォンのハードウェア欠陥を発見し、それを悪用しました。
これによって、アフリカに存在する富の約 60%がわずか 48時間で失われたと考えています。
その後、待っていたのは混沌と内戦の時代でした。

ビットコインを消滅させる未来人の計画

ビットコイン消失
あなたは今、「あなたの計画は何ですか?」と疑問に思ったかもしれません。
私たちは、核兵器で終結することなく、現在の状況を維持できないことは明確です。
私は地下ネットワークの一員であり、インターネットインフラ(海底ケーブル)に対して攻撃を開始しようとしています。
私たちは約 20の原子力潜水艦を使い、すべての大陸間に繋がっている海底ケーブルを切断します。
これが成功した後、私たちは世界中の都市部に核パルス攻撃を行い、電力・通信などを麻痺させる予定です。
その後、世界中で混乱と反乱させ、可能な限り多くのコンピューターを破壊します。それをビットコインが利用できなくなるまで行います。
もちろん、これには 数十億人の死者が出るはずです。
しかしこれは、極小数のエリートによる全人類の永続的な奴隷化を避けるために、私たちが支払わなければならない代償なのです。
そして、これこそがあなたたちに私がコンタクトした理由です。
このようなことをする必要はありません。私たちと同じ運命を歩む必要はありません。
私にはその方法は分からないが、この大胆なプロジェクトを小さいうちに破壊する方法を見つけなければいけません。
これをあなたにお願いするのは難しいことだと思います。
あなたたちは、経済を支配している中央銀行カルテルを排除することで、より良い世界になると信じていたからです。
しかし、私はそれがどんな結果になり、どのような終わりになるのかを見てきました。

ビットコインの今後の展望について

いかがでしたか?
内容的には暗い話でしたが、SF小説や映画を見たような感覚になるほどのストーリーでしたね。
また投稿自体が 2013年に行われており、ビットコインの価格については、概ね彼の予想通りになっていますね。
この話の真偽は別として、このストーリーを書いた方は強い思想を持っている人のように感じました。
この方が「未来人ではない」としても、このようなビットコインを持っているかどうかで格差社会が広がる世界になる可能性もありますし、
ビットコイン保有者が望むような、政府にできるだけ管理されず、非中央集権型の平等な社会ができるのかは現在わかりません。
どちらにでも転ぶ可能性はありますね。
私たちは時代の転換点という、非常に面白い時期にビットコインと関わっているのかもしれませんね。
こちらの記事も大切なのでよろしければどうぞ
→「ビットコインとは?「社会はどう変わるのか?」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン価格予測2018年版「人工知能は220万円と考える」

ビットコイン価格予測2018年版「人工知能は220万円と考える」

ビットコイン分裂の危機、8月1日に何が起きるのか?

ビットコイン分裂の危機、8月1日に何が起きるのか?

世界最大の仮想通貨取引所「エアスワップ」が近い将来完成か?

世界最大の仮想通貨取引所「エアスワップ」が近い将来完成か?

イーサリアムとは今後いくらになるのか?予想価格は100倍越え

イーサリアムとは今後いくらになるのか?予想価格は100倍越え

アトランタに広がるランサムウェアはビットコインの支払いを要求

アトランタに広がるランサムウェアはビットコインの支払いを要求

ユニセフ、仮想通貨マイニングでシリア難民を支援

ユニセフ、仮想通貨マイニングでシリア難民を支援

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ|5月6日〜12日

仮想通貨ニュース週間まとめ|5月6日〜12日

GMOグループが本格的な仮想通貨取引アプリをリリース | イギリス

GMOグループが本格的な仮想通貨取引アプリをリリース | イギリス

OKExの元CEOがHuobi.pro(フォビ)に移籍していたことが発覚

OKExの元CEOがHuobi.pro(フォビ)に移籍していたことが発覚

Huobi Token(HT)の価格上昇が続く|期待が高まる理由とは?

Huobi Token(HT)の価格上昇が続く|期待が高まる理由とは?

トップ10の仮想通貨で上昇続く|BTCは100万円台目前

トップ10の仮想通貨で上昇続く|BTCは100万円台目前

中国の421種類の詐欺コインにみられた共通の特徴とは?

中国の421種類の詐欺コインにみられた共通の特徴とは?

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月22日〜28日

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月22日〜28日

ビットコインキャッシュのハードフォークに伴いbitFlyerがサービスを停止

ビットコインキャッシュのハードフォークに伴いbitFlyerがサービスを停止

バルト諸国で仮想通貨の導入が進む|独自トークンも検討? 

バルト諸国で仮想通貨の導入が進む|独自トークンも検討? 

Huaweiビットコインウォレットを標準搭載へ|すべての旧機種にも対応

Huaweiビットコインウォレットを標準搭載へ|すべての旧機種にも対応

中国政府が仮想通貨を格付け|28種類のランキング結果発表

中国政府が仮想通貨を格付け|28種類のランキング結果発表

仮想通貨ニュース週間まとめ|5月13日〜19日

仮想通貨ニュース週間まとめ|5月13日〜19日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す