リップル:中国・清華大学と提携「ブロックチェーン技術研究」奨学金プログラムを開始

by BITTIMES

中国の清華大学金融科学技術研究所(THUIFR)はリップル(Ripple)社と提携を結び、大学院生を対象としたブロックチェーン技術研究奨学金プログラム(BRSP)を開始したと伝えられています。Crowdfundinsiderによると、このプログラムに参加する学生は、Blockchainに関する国際的な規制について学び、研究開発の最前線に参加することができると伝えられています。

こちらから読む:Ripple社が教育支援する「ブロックチェーン技術」とは

ブロックチェーン技術研究奨学金プログラム

清華大学金融科学技術研究所(THUIFR)は、2017年に清華大学のPBC金融学院、学際情報科学研究所、ソフトウェア学部、法科大学院によって設立された合弁会社です。THUIFRは、中国の若い人々にブロックチェーンに関する国際的な規制についての認識を広めるために、Ripple社と提携してブロックチェーン技術研究奨学金プログラム(BRSP)を開始したと伝えられています。

このプログラムに参加する学生は、国際的な規制に関する"最先端の研究"やブロックチェーン技術に関する政策に参加することができます。

中国政府は仮想通貨に対しては厳しい姿勢を維持していることで知られていますが、ブロックチェーン技術に対しては積極的に研究開発に取り組んでいます。今回のプログラムも同国におけるブロックチェーン分野の発展を促進するものであり、ブロックチェーン業界の未来を担う若い人材を支援する内容となっています。

学生たちの「ブロックチェーン研究」を支援

THUIFRの国際協力開発ディレクターであるIvy Gao氏は「BSRP」の目的について「学生たちがブロックチェーン技術の国際的な規制について"包括的な見解"を持てるようにするため」だと説明しており『このプログラムが将来のブロックチェーン技術研究やキャリアで大いに役立つだろう』と述べています。

また、リップル社の事業運営担当シニアバイスプレジデントであるEric van Miltenburg(エリック・ヴァン・ミルテンブルク)氏は「THUIFR」がブロックチェーンの分野に中国の若いリーダーを巻き込むためのユニークで革新的なアプローチをとっていることに非常に感銘を受けたと語っています。

「学生たちにブロックチェーン技術の研究機会を提供する」というこのプログラムの目標は、リップル社の「University Blockchain Research Initiative」の目標と一致しています。私たちはこのような努力を行なっている「THUIFR」を支持しており、このプログラムの立ち上げを楽しみにしています。

Ripple社はこれまでにも「University Blockchain Research Initiative(大学ブロックチェーン研究イニシアチブ)」を通じて世界中の主要大学と協力してきており、これらの取り組みを通じてブロックチェーン技術や仮想通貨などの学術研究や研究開発の支援を行なってきました。現在世界中の主要な大学で進められているこれらの取り組みは、数年後にブロックチェーン業界の発展を力強く後押しするものとなるでしょう。

リップル(XRP)の購入は取引量で世界一にもなった仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

EU初!デンマークで船舶登録簿管理にブロックチェーンパートナー“シップ”を導入

EU初!デンマークで船舶登録簿管理にブロックチェーンパートナー“シップ”を導入

Socios.com:スイスのサッカークラブ「BSC Young Boys」の公式ファントークン発行へ

Socios.com:スイスのサッカークラブ「BSC Young Boys」の公式ファントークン発行へ

アメリカがん協会:暗号資産で寄付募る「Cancer Crypto Fund」設立|合計8銘柄受け入れ

アメリカがん協会:暗号資産で寄付募る「Cancer Crypto Fund」設立|合計8銘柄受け入れ

オンラインイベント「Ripple Swell 2020」タイムスケジュールと講演者情報

オンラインイベント「Ripple Swell 2020」タイムスケジュールと講演者情報

ブロックチェーンは「医療業界」をどのように変えるのか?

ブロックチェーンは「医療業界」をどのように変えるのか?

仮想通貨は今後10年で主流の決済手段に|ロンドン公立研究大学が調査

仮想通貨は今後10年で主流の決済手段に|ロンドン公立研究大学が調査

注目度の高い仮想通貨ニュース

YELLtum:スポーツチームが発行主体の「ファントークン」販売開始|新機能も追加予定

YELLtum:スポーツチームが発行主体の「ファントークン」販売開始|新機能も追加予定

ナイジェリア:中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト「2021年10月まで」に開始

ナイジェリア:中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト「2021年10月まで」に開始

ポーランド金融監督庁「Binance Group」について消費者に警告

ポーランド金融監督庁「Binance Group」について消費者に警告

Crypto.com:総合格闘技団体「UFC」とパートナーシップ契約

Crypto.com:総合格闘技団体「UFC」とパートナーシップ契約

gumi×double jump.tokyo「NFTコンテンツ」共同販売へ|第1弾ブレフロのドット絵アート

gumi×double jump.tokyo「NFTコンテンツ」共同販売へ|第1弾ブレフロのドット絵アート

英決済企業「Clear Junction」BINANCE関連の取引を一時停止

英決済企業「Clear Junction」BINANCE関連の取引を一時停止

EMURGO:カルダノDAppsとYoroi Walletを繋ぐ「dApp Connector」提供へ

EMURGO:カルダノDAppsとYoroi Walletを繋ぐ「dApp Connector」提供へ

Amazon「デジタル通貨・ブロックチェーンのプロダクト責任者」を募集

Amazon「デジタル通貨・ブロックチェーンのプロダクト責任者」を募集

米テネシー州ジャクソン市長「ビットコインは唯一のインフレ解決策」BTC活用も計画

米テネシー州ジャクソン市長「ビットコインは唯一のインフレ解決策」BTC活用も計画

PayPal(ペイパル)アイルランドで「暗号資産関連の人材募集」=報道

PayPal(ペイパル)アイルランドで「暗号資産関連の人材募集」=報道

Chiliz&Socios:プレミアリーグ所属「Leeds United FC」提携|$LUFCファントークン発行へ

Chiliz&Socios:プレミアリーグ所属「Leeds United FC」提携|$LUFCファントークン発行へ

ビットポイント「イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引サービス」提供へ

ビットポイント「イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引サービス」提供へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す