Ripple社がブロックチェーン経済を見据え17大学に大規模寄付を表明

by BITTIMES

リップル(Ripple)社はトップクラスの大学に大規模な寄付を行い、ブロックチェーンや仮想通貨の普及に取り組んでいます。

ブロックチェーンや仮想通貨の研究開発に貢献

リップル社は、ノースカロライナ大学、マサチューセッツ工科大学(MIT)、ペンシルバニア大学などを含む17の学校との提携を発表しました。

Rippleは「University Blockchain Research Initiative」プログラムを通じて、ブロックチェーン、仮想通貨、デジタル決済の研究開発に5千万ドル(約55億円)を寄付する予定です。

なお「この寄付はドルで行われ仮想通貨で行われるものではないはない」とも説明されています。

Rippleの事業運営シニア・バイス・プレジデント(SVP)であるEric van Miltenburg(エリック・ヴァン・ミルテンブルグ)氏は、電子メールで次のように述べています。

「グローバル化が進むにつれて、小売送金などの世界で最も困難な財政問題を解決するための技術的解決策や才能に対する需要も高まっています。」

Ripple社が寄付を行う予定となっている17の大学は次のとおりです。

  1. プリンストン大学(情報技術政策研究センター)
  2. MIT(コンピュータサイエンスと人工知能研究所)
  3. ペンシルバニア大学(ウォートンスクール)
  4. インド工科大学ボンベイ
  5. オーストラリア国立大学法学部
  6. デルフト工科大学(オランダ)
  7. VargasFundaçãoGetulio(ブラジル)
  8. カリフォルニア大学バークレー校(Haas School of Business)
  9. ハイデラバード国際情報技術研究所(IIIT-H)
  10. 高麗大学
  11. テキサス大学オースティン校(McCombs School of Business)
  12. ノースカロライナ大学チャペルヒル校
  13. ロンドン大学
  14. ルクセンブルク大学
  15. ニコシア大学(キプロス)
  16. オレゴン大学
  17. ワーテルロー大学(カナダ)

仮想通貨関連の求人が増加

Ripple社はこの取り組みが「仕事の需要のために部分的に開始された」と述べており、去年はLinkedInに「ブロックチェーン」や「仮想通貨」関連の求人情報が4,500件以上も掲載され、前年より150%増加していることを説明しています。

ブロックチェーンビットコイン(BTC)のような仮想通貨を支えるテクノロジーです。その技術には無数の用途がありますが、Rippleは銀行などで行われる国際的なリアルタイム取引に重点を置いており最近では、MoneyGramやWestern Union、American Express、Santanderとも提携を発表しています。

またイスラム圏を代表するKuwait Finance House(KFH)やクウェート国立銀行(NBK)などの世界的な大手金融機関とも提携を結んでおり、リップルを通じた国際送金ネットワークである『RippleNet』の規模を拡大しています。

リップル(Ripple/XRP)について

会社の名前や仮想通貨も同様に『リップル(Ripple/XRP)』と呼ばれることが一般的ですが、正式には『Ripple(リップル)』は世界的な金融決済のためのネットワークを開発しているサンフランシスコに本拠を置く会社の名前であり、『XRP』はネットワーク上の金融機関が迅速に取引するために使用できるデジタルトークンの名前です。

このような認識をより正しく分けるためにも、Rippleのコミュニティでは仮想通貨XRPのシンボルマークをリニューアルしようという活動も行われています。

新しいシンボルマークへの取り組みや先月のリップル関連のニュースはこちらでまとめて紹介しています。

リップルに関する先月のニュースはこちら

Rippleの取り組み

リップル社は今回の大学との提携について「いくつかの大学の研究とプロジェクトにはRippleの技術と仮想通貨リップル(XRP)が含まれるものの、それは要件ではない」とも述べています。
これはリップル社が自社の製品の普及だけでなく、仮想通貨やブロックチェーン全体の普及に取り組んでいることを表しています。

Ripple社はこれまでに発行された1000億XRPのうち約600億XRPを所有していると言われているため、その保有額だけでも約4兆3,731億4,580万円にもなります。

リップル(XRP)は現在72円前後で取引されています。

仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)なら6月末までリップルなどの仮想通貨を取引手数料無料で購入することができます。

仮想通貨取引所 bitbank の画像リップル(XRP)を取引手数料無料で購入できる仮想通貨取引所bitbankはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イーサリアムは次のApple(アップル)になるかもしれない|Steve Wozniak

イーサリアムは次のApple(アップル)になるかもしれない|Steve Wozniak

Coinbase:カストディサービスにADA・XRP・EOSなど40種類の仮想通貨追加を検討

Coinbase:カストディサービスにADA・XRP・EOSなど40種類の仮想通貨追加を検討

仮想通貨交換業にフィデリティ(Fidelity)参入か

仮想通貨交換業にフィデリティ(Fidelity)参入か

ビットコインETFが生む「価格上昇と多くの問題」専門家アンドレアス・アントノプロス

ビットコインETFが生む「価格上昇と多くの問題」専門家アンドレアス・アントノプロス

仮想通貨は金融安定性にリスクをもたらすものではない

仮想通貨は金融安定性にリスクをもたらすものではない

SIRIN LABS:IOTAではなくEthereumブロックチェーンを使用する

SIRIN LABS:IOTAではなくEthereumブロックチェーンを使用する

注目度の高い仮想通貨ニュース

続く仮想通貨下落市場、今後は「長期的な思考」が重要に:John McAfee

続く仮想通貨下落市場、今後は「長期的な思考」が重要に:John McAfee

Craig Wright:リップルを批判「XRPは違法な未登録証券」

Craig Wright:リップルを批判「XRPは違法な未登録証券」

イギリスの仮想通貨取引所「Vertpig」リップル(XRP)など5銘柄取り扱いへ

イギリスの仮想通貨取引所「Vertpig」リップル(XRP)など5銘柄取り扱いへ

韓国カカオ:ブロックチェーンプロジェクト「ORBS(オーブス)」に約17億円を投資

韓国カカオ:ブロックチェーンプロジェクト「ORBS(オーブス)」に約17億円を投資

オンライン旅行代理店「Travala.com」がリップル(XRP)決済に対応

オンライン旅行代理店「Travala.com」がリップル(XRP)決済に対応

PumaPay(プーマペイ)が「日本初」のミートアップイベントを開催

PumaPay(プーマペイ)が「日本初」のミートアップイベントを開催

Bobby Lee:過去データからBTC底値「28万円」と予想|年明け相場転換で価格回復なるか

Bobby Lee:過去データからBTC底値「28万円」と予想|年明け相場転換で価格回復なるか

Ripple(XRP)を「基軸通貨」に!多くの採用依頼にBINANCE CEOが返答

Ripple(XRP)を「基軸通貨」に!多くの採用依頼にBINANCE CEOが返答

ブロックチェーンで「貴金属採掘」を管理|InnovaMinexがフィジカルコイン発行へ

ブロックチェーンで「貴金属採掘」を管理|InnovaMinexがフィジカルコイン発行へ

米空軍工科大学:ブロックチェーン学習を支援する「教育ツール」を公開

米空軍工科大学:ブロックチェーン学習を支援する「教育ツール」を公開

仮想通貨ニュース週間まとめ|11月25日〜12月1日

仮想通貨ニュース週間まとめ|11月25日〜12月1日

自動運転車両の「情報共有」にブロックチェーン活用|General Motors(GM)が特許出願

自動運転車両の「情報共有」にブロックチェーン活用|General Motors(GM)が特許出願

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

音楽業界とブロックチェーン:流通や販売・著作権の管理など産業を透明化 ー MUSICまとめ

音楽業界とブロックチェーン:流通や販売・著作権の管理など産業を透明化 ー MUSICまとめ

人気のタグから探す