ブロックチェーンベースの配車アプリ「TADA」ベトナム・カンボジアに事業拡大

by BITTIMES

ブロックチェーン技術をベースとしたタクシー・配車アプリである「TADA(タダ)」は、2018年7月にシンガポールでサービスを開始して以降、急速に事業規模を拡大しています。同社はアプリ公開からわずか半年しか経過していないにも関わらずカンボジアに続きベトナムにも進出することを発表しました。

こちらから読む:人気配車アプリの基盤を支える「ブロックチェーン技術」の仕組み

アジア地域で事業拡大|配車アプリ「TADA」

TADA(タダ)は、韓国のブロックチェーン・プロジェクト「Mass Vehicle Ledger(MVL)」が2018年7月にシンガポールで提供を開始したタクシー・配車アプリです。

韓国語で「乗ろう」という意味をさす「TADA」は、ブロックチェーンをベースとしたピア・ツー・ピア(P2P)の配車サービスを提供しており、プラットフォームのメンテナンスのために使用される支払い手数料以外は料金がかからないため、気軽に利用できるアプリケーションとなっています。

「TADA」のもっとも特徴的な機能は、ユーザーから高評価を受けた"質の高いサービス"を提供している「タクシードライバー」に対して、MVLポイントによる報酬が支払われるという点です。

このアプリケーションはリリース直後から非常に高い人気を誇っており、サービス開始から約半年しか経過していないにも関わらず、2018年12月にはカンボジア、2019年1月21日にはベトナムにも事業を拡大しています。

「Mass Vehicle Ledger」は、カンボジアでのサービスを開始した際に「次の目標はベトナムとマレーシアである」と語っていました。またこの他にも、2019年2月までにカンボジアのトゥクトゥク(*1)ドライバーをサービスに巻き込んでいくことも計画していると伝えられています。
(*1)トゥクトゥク:東南アジアから南アジアにかけて普及している旅客用のオート三輪タクシー

アプリの人気を支える「3つの要因」

アジア地域ではタクシーを利用する人口も多く、配車アプリ自体も人気があるため、同社のアプリがこれらの地域で急速に成長していることはそれほど不思議なことではありませんが「TADA」独自の価値観やサービスの提供方法は多くのユーザーから高い評価を受けています。

ブロックチェーンによる「効率的な情報管理」

まず一般的な配車アプリとは違い、TADAはブロックチェーン技術を使用しているため、システムの効率がさらに向上しています。アプリ上で扱われる情報は正確かつ安全に保存されており、高いセキュリティを備えています。

これにより顧客は、より正確な到着時刻を確認することができ、最も理想的なルートをリアルタイムで決定することができるようになります。

「低コストなサービス」と「独自の報酬システム」

「TADA」のサービスは、支払いに必要となるわずかな手数料だけで導入することができるため、ドライバーは低コストにサービスを導入し、ユーザーも気軽にサービスを利用することができます。

さらにタクシードライバーは、乗客からの高評価を得ることによって報酬を得ることができるため、新たな収入にもつながり、自然とサービスの質も向上していくことが期待されます。

「市場を独占しない」人々により多くの選択肢を

「TADA」のサービスは、2018年の立ち上げ当初から乗客とドライバーの両者に選択肢を与えることに重点が置かれていたとされています。そのため「TADA」のサービスを導入するドライバーは、他の配車アプリを併用することが許可されています。

「Mass Vehicle Ledger」の創設者であるKay Woo氏は『他の企業や会社と競争したいと考えているわけではない』と語っており、自身で新しい市場を切り開いていくことを目指していると説明しています。

当社はドライバーとの"独占契約"を結ぶことを目指していませんし、むしろドライバーや乗客の人々は選択肢を与えられるべきだと考えています。

私たちは市場全体を手中に収めるつもりもありません。すでに市場には業界の大手が存在しているため、おそらくそれはできないでしょう。私たちがやりたいと考えているのは「人々により多くの選択肢をもたらすこと」です。

今後は「データ共有パートナーシップ」も予定

シンガポールから始まり、カンボジア、ベトナムへと急速に事業を拡大している「TADA」は、今後もさらに広い範囲へとサービスを拡大していくことを予定しています。

同社は2019年には、その他の企業とデータ共有のためのパートナーシップを築いていくことを目指しており、
・ウォレットアプリ
・レンタカー
・運転手サービス
などのプラットフォームを立ち上げる予定であると伝えられています。

「TADA」は、2019年1月時点でシンガポールに「27,000人以上のドライバー」と「20万人以上のユーザー」を抱えていると伝えられていますが、この数字は今後もさらに拡大していくことになると予想されます。

2019年1月22日|Mass Vehicle Ledger(MVL)の価格

Mass Vehicle Ledger(MVL)の価格は、2018年8月時点では「1MVL=0.65円」で取引されていたものの、その後は下落が続いており、2019年1月22日時点では「1MVL=0.035円」で取引されています。

2018年12月24日〜2019年1月22日 MVLのチャート(引用:coingecko.com)2018年12月24日〜2019年1月22日 MVLのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Starbucks「ビットコインでは購入できません」話題の報道を否定

Starbucks「ビットコインでは購入できません」話題の報道を否定

カルダノ(Cardano/ADA)シンガポールの仮想通貨取引所「Bitrue」に上場

カルダノ(Cardano/ADA)シンガポールの仮想通貨取引所「Bitrue」に上場

金融大手Fidelity:ビットコイン送金の聖火リレー「Lightning Torch」に参加

金融大手Fidelity:ビットコイン送金の聖火リレー「Lightning Torch」に参加

SBI Ripple Asia:スマホ向け送金アプリ「Money Tap」をリリース

SBI Ripple Asia:スマホ向け送金アプリ「Money Tap」をリリース

EOS開発企業「Block.one」罰金2,400万ドル支払いで米SECと和解

EOS開発企業「Block.one」罰金2,400万ドル支払いで米SECと和解

9歳の少年が自作アートをビットコインで販売「Lightning Network」でお小遣い稼ぎ

9歳の少年が自作アートをビットコインで販売「Lightning Network」でお小遣い稼ぎ

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE:イーサリアムクラシック(ETC)の「先物取引」を追加

BINANCE:イーサリアムクラシック(ETC)の「先物取引」を追加

IBM「RippleNet・XRPの活用」検討中か?概念実証(PoC)進行中の可能性

IBM「RippleNet・XRPの活用」検討中か?概念実証(PoC)進行中の可能性

世界最大の仮想通貨マイニング施設に「SBI・GMO」参加か=Bloomberg報道

世界最大の仮想通貨マイニング施設に「SBI・GMO」参加か=Bloomberg報道

日本STO協会に「SMBC日興証券」と「みずほ証券」が新規加盟

日本STO協会に「SMBC日興証券」と「みずほ証券」が新規加盟

ゲーム大手Ubisoft:支援を希望する「ブロックチェーンスタートアップ」を募集

ゲーム大手Ubisoft:支援を希望する「ブロックチェーンスタートアップ」を募集

スマート農業の「生産・流通管理」にブロックチェーン技術活用:電通国際情報サービス

スマート農業の「生産・流通管理」にブロックチェーン技術活用:電通国際情報サービス

eスポーツプラットフォーム「Luckbox」ビットコインなど仮想通貨4銘柄に対応

eスポーツプラットフォーム「Luckbox」ビットコインなど仮想通貨4銘柄に対応

ブロックチェーンで「超高速データベース」実現へ:NEC通信システム×アーリーワークス

ブロックチェーンで「超高速データベース」実現へ:NEC通信システム×アーリーワークス

BINANCE:ライトコインの「先物取引」提供へ|対応仮想通貨の拡大続く

BINANCE:ライトコインの「先物取引」提供へ|対応仮想通貨の拡大続く

Poloniex「パスワード・メールアドレス流出」について公式声明

Poloniex「パスワード・メールアドレス流出」について公式声明

中国人民銀行:デジタル人民元の「開発進捗」を報告

中国人民銀行:デジタル人民元の「開発進捗」を報告

BitPay:XRP決済による「ギフトカード購入サービス」提供へ

BitPay:XRP決済による「ギフトカード購入サービス」提供へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す