RippleNetにサウジアラビアの大手銀行「Saudi British Bank」が参加|国際送金をテスト

by BITTIMES   

サウジアラビアの大手銀行であるSaudi British Bank(サウジ・ブリティッシュ・バンク/SABB)が、2018年12月時点からリップル社が展開する国際送金ネットワーク「RippleNet」に参加し、ブロックチェーン技術を用いたクロスボーダー決済のテストを行なっていることが明らかになりました。

こちらから読む:Huobi Globalは"XRP先物取引"を近日公開「Ripple」関連ニュース

クロスボーダー取引を「迅速かつ安値に」

Saudi British Bank(サウジ・ブリティッシュ・バンク/SABB)とは、1978年に設立されたサウジアラビアの首都リヤドに本社を構える銀行です。

サウジアラビアの5大預金銀行の一つでもある「SABB」は、サウジアラビア全土に80の支店とイギリス・ロンドン一つの支店を構えており、投資銀行業務、商業銀行業務、プライベート銀行業務およびイスラム銀行業務におけるサービスを提供しています。

RippleNetへの参加に関しては「SABB」からの正式発表があったわけではないものの、同銀行の責任者の一人であるGhada Al Jarbou氏が先日公開した文章には『SABBは、サウジアラビアの中央銀行から"Ripple社のブロックチェーン技術を活用した国際送金"をテストする許可を受けた3つの銀行の一つである』と記されており、2018年12月末の時点からすでに技術テストを開始していると伝えられています。

SABBは「顧客に対してできるだけ安く迅速に国際送金を行うことができる環境を提供したい」と考えているとのことで、Ripple社のブロックチェーン・ソリューションを使用することはその表れであると説明されています。

Ripple社のブロックチェーン活用が進むサウジアラビア

イスラム圏や中東地域では「国際送金」に関する取り組みが活発化してきていますが、サウジアラビアはイスラム教の2大聖地である「メッカ」と「ナディナ」を擁するイスラム世界における中心的役割を果たす国でもあり、アラブ諸国で唯一「G20メンバー」に入る"世界最大の送金市場の一つ"でもあるため、国際送金の問題点を改善し、顧客により安値で迅速な送金手段を提供することが特に重要視されています。

サウジアラビアの中央銀行である「サウジアラビア通貨庁(SAMA)」は2018年2月の時点で「Ripple社」と提携を結び、ブロックチェーン技術を用いたクロスボーダー決済を国内銀行に導入するための取り組みを行なっており、Ripple社の技術を用いることによって、従来の送金手段から4億ドル(約437億円)以上もコストを削減することができると伝えらえています。

Ripple社が展開する国際送金ネットワークである「RippleNet」は、急速にその規模を拡大させており、今月初めには、加盟する金融機関が200社を超えたことも報告されています。また、仮想通貨「XRP」を用いたソリューションである「xRapid」による送金実験の報告も続いており、イギリスの「MercuryFX」や、オーストラリアの「Transpaygo」もこれらのソリューションを導入したことを発表しています。

仮想通貨に厳しい姿勢を維持しているサウジアラビアでも規模を拡大している「RippleNet」が、2019年にどれほどの規模に成長するのかにも注目です。

リップル(XRP)は仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)などから購入することができます。ビットバンクは以前、XRPの取引量で世界一を達成しています。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

新型コロナ以降「高齢世代のビットコイン投資」が倍増|Google検索にも変化

新型コロナ以降「高齢世代のビットコイン投資」が倍増|Google検索にも変化

【Chiliz】Trabzonsporの「TRAファントークン」9月22日に限定販売へ

【Chiliz】Trabzonsporの「TRAファントークン」9月22日に限定販売へ

ブロックチェーン基盤の「仮想発電所」展開へ:蓄電池メーカー大手sonnen

ブロックチェーン基盤の「仮想発電所」展開へ:蓄電池メーカー大手sonnen

コインベース:仮想通貨4種類の上場を発表|XRP・ADAなどの取り扱いも検討

コインベース:仮想通貨4種類の上場を発表|XRP・ADAなどの取り扱いも検討

Sorare:日本プロサッカー「Jリーグ全選手」のブロックチェーンカード発行へ

Sorare:日本プロサッカー「Jリーグ全選手」のブロックチェーンカード発行へ

リップル社:金融・慈善関連で2つの商標「RIPPLEX・RIPPLE IMPACT」を申請

リップル社:金融・慈善関連で2つの商標「RIPPLEX・RIPPLE IMPACT」を申請

注目度の高い仮想通貨ニュース

FiNANCiE「NFTのオンチェーン対応+クリエイター支援サービス開始」を発表

FiNANCiE「NFTのオンチェーン対応+クリエイター支援サービス開始」を発表

ハードウェアウォレットLedgerのNFT部門に「Apple Music元幹部」が参加

ハードウェアウォレットLedgerのNFT部門に「Apple Music元幹部」が参加

PlanB氏が語る「ビットコインの強気相場がまだ終わらない理由」

PlanB氏が語る「ビットコインの強気相場がまだ終わらない理由」

Facebook利用者5億人分の個人情報が「ネット上で無料公開」仮想通貨保有者も要注意

Facebook利用者5億人分の個人情報が「ネット上で無料公開」仮想通貨保有者も要注意

BITPointJapan:トロン(Tron/TRX)取扱い開始「4つの記念キャンペーン」も開催中

BITPointJapan:トロン(Tron/TRX)取扱い開始「4つの記念キャンペーン」も開催中

イタリアの自動車メーカー「Fiat」EVドライバーに仮想通貨報酬を付与

イタリアの自動車メーカー「Fiat」EVドライバーに仮想通貨報酬を付与

Avex Technologies:デジタル証明書サービス「A trust」提供開始|NFT事業に本格参入

Avex Technologies:デジタル証明書サービス「A trust」提供開始|NFT事業に本格参入

マインクラフトで使えるVtuberNFT「YouTubeライブでエアドロップ」CryptoGames

マインクラフトで使えるVtuberNFT「YouTubeライブでエアドロップ」CryptoGames

メディアドゥ:全国書店で「NFT活用のデジタル付録」展開へ|集英社・小学館などと検討

メディアドゥ:全国書店で「NFT活用のデジタル付録」展開へ|集英社・小学館などと検討

MCH+参画ブロックチェーンゲーム4作品「国内初のマルチチェーン対応」

MCH+参画ブロックチェーンゲーム4作品「国内初のマルチチェーン対応」

Jリーグチーム「Y.S.C.C.」FiNANCiEでクラブトークン発行型ファンディング開始

Jリーグチーム「Y.S.C.C.」FiNANCiEでクラブトークン発行型ファンディング開始

マクドナルド・フランス「McDoNFT」発行へ|ビッグマック・フライドポテトなど4種類

マクドナルド・フランス「McDoNFT」発行へ|ビッグマック・フライドポテトなど4種類

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す