RippleNetにサウジアラビアの大手銀行「Saudi British Bank」が参加|国際送金をテスト

by BITTIMES   

サウジアラビアの大手銀行であるSaudi British Bank(サウジ・ブリティッシュ・バンク/SABB)が、2018年12月時点からリップル社が展開する国際送金ネットワーク「RippleNet」に参加し、ブロックチェーン技術を用いたクロスボーダー決済のテストを行なっていることが明らかになりました。

こちらから読む:Huobi Globalは"XRP先物取引"を近日公開「Ripple」関連ニュース

クロスボーダー取引を「迅速かつ安値に」

Saudi British Bank(サウジ・ブリティッシュ・バンク/SABB)とは、1978年に設立されたサウジアラビアの首都リヤドに本社を構える銀行です。

サウジアラビアの5大預金銀行の一つでもある「SABB」は、サウジアラビア全土に80の支店とイギリス・ロンドン一つの支店を構えており、投資銀行業務、商業銀行業務、プライベート銀行業務およびイスラム銀行業務におけるサービスを提供しています。

RippleNetへの参加に関しては「SABB」からの正式発表があったわけではないものの、同銀行の責任者の一人であるGhada Al Jarbou氏が先日公開した文章には『SABBは、サウジアラビアの中央銀行から"Ripple社のブロックチェーン技術を活用した国際送金"をテストする許可を受けた3つの銀行の一つである』と記されており、2018年12月末の時点からすでに技術テストを開始していると伝えられています。

SABBは「顧客に対してできるだけ安く迅速に国際送金を行うことができる環境を提供したい」と考えているとのことで、Ripple社のブロックチェーン・ソリューションを使用することはその表れであると説明されています。

Ripple社のブロックチェーン活用が進むサウジアラビア

イスラム圏や中東地域では「国際送金」に関する取り組みが活発化してきていますが、サウジアラビアはイスラム教の2大聖地である「メッカ」と「ナディナ」を擁するイスラム世界における中心的役割を果たす国でもあり、アラブ諸国で唯一「G20メンバー」に入る"世界最大の送金市場の一つ"でもあるため、国際送金の問題点を改善し、顧客により安値で迅速な送金手段を提供することが特に重要視されています。

サウジアラビアの中央銀行である「サウジアラビア通貨庁(SAMA)」は2018年2月の時点で「Ripple社」と提携を結び、ブロックチェーン技術を用いたクロスボーダー決済を国内銀行に導入するための取り組みを行なっており、Ripple社の技術を用いることによって、従来の送金手段から4億ドル(約437億円)以上もコストを削減することができると伝えらえています。

Ripple社が展開する国際送金ネットワークである「RippleNet」は、急速にその規模を拡大させており、今月初めには、加盟する金融機関が200社を超えたことも報告されています。また、仮想通貨「XRP」を用いたソリューションである「xRapid」による送金実験の報告も続いており、イギリスの「MercuryFX」や、オーストラリアの「Transpaygo」もこれらのソリューションを導入したことを発表しています。

仮想通貨に厳しい姿勢を維持しているサウジアラビアでも規模を拡大している「RippleNet」が、2019年にどれほどの規模に成長するのかにも注目です。

リップル(XRP)は仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)などから購入することができます。ビットバンクは以前、XRPの取引量で世界一を達成しています。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米仮想通貨ATM大手「CoinFlip」ステラルーメン(XLM)の取扱い開始

米仮想通貨ATM大手「CoinFlip」ステラルーメン(XLM)の取扱い開始

Coinbase:暗号資産データ分析プラットフォーム「skew」を買収

Coinbase:暗号資産データ分析プラットフォーム「skew」を買収

BitGo:機関投資家向けの「仮想通貨貸出サービス」提供開始

BitGo:機関投資家向けの「仮想通貨貸出サービス」提供開始

タイ最大級の音楽フェス「Mystic Valley」独自仮想通貨MYST導入へ

タイ最大級の音楽フェス「Mystic Valley」独自仮想通貨MYST導入へ

バヌアツの証券取引所DSTOQ:ライセンスを受けた仮想通貨取引プラットフォームを公開

バヌアツの証券取引所DSTOQ:ライセンスを受けた仮想通貨取引プラットフォームを公開

【BlockDown 2020】ブロックチェーンカンファレンス「VR空間」で4月開催へ

【BlockDown 2020】ブロックチェーンカンファレンス「VR空間」で4月開催へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ロシア下院「国立暗号資産取引所の設立」に向けて議論=報道

ロシア下院「国立暗号資産取引所の設立」に向けて議論=報道

LINEのグローバル暗号資産取引所「BITFRONT」サービス終了へ

LINEのグローバル暗号資産取引所「BITFRONT」サービス終了へ

M2Eゲームアプリ「Walken」登録者200万人を突破|Walken Runnerもローンチ予定

M2Eゲームアプリ「Walken」登録者200万人を突破|Walken Runnerもローンチ予定

Reebok:NFT・メタバース関連の商標出願|マーケットプレイスも展開?

Reebok:NFT・メタバース関連の商標出願|マーケットプレイスも展開?

OKCoinJapan:ジリカ(Zilliqa/ZIL)取扱いへ【国内初上場】

OKCoinJapan:ジリカ(Zilliqa/ZIL)取扱いへ【国内初上場】

スマホ向け協力・対戦アクションゲーム「GGGGG」ゲーム連動NFTをフリーミントで提供

スマホ向け協力・対戦アクションゲーム「GGGGG」ゲーム連動NFTをフリーミントで提供

Flare Network「FLRトークン配布イベント実施日」が確定|対応取引所のリストも公開

Flare Network「FLRトークン配布イベント実施日」が確定|対応取引所のリストも公開

ブロックチェーンゲーム『トレサカ Jリーグ』オープンβ版リリース日が決定

ブロックチェーンゲーム『トレサカ Jリーグ』オープンβ版リリース日が決定

Tezos:ゲーム開発エンジン「Unity」と提携|Web3 SDK提供へ

Tezos:ゲーム開発エンジン「Unity」と提携|Web3 SDK提供へ

Chiliz「テスト用CHZのステーキング」などが可能に|テストネット第5フェーズに突入

Chiliz「テスト用CHZのステーキング」などが可能に|テストネット第5フェーズに突入

Kraken Japan:販売所・取引所でメイカー(Maker/MKR)取扱開始

Kraken Japan:販売所・取引所でメイカー(Maker/MKR)取扱開始

カルダノ・エイダ(ADA)暗号資産取引所「Coinbase Japan」に上場

カルダノ・エイダ(ADA)暗号資産取引所「Coinbase Japan」に上場

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す