リップル社の国際送金ネットワークに加盟する金融機関「200以上」に:RippleNet

by BITTIMES   

Ripple(リップル)社は2019年1月8日、同社の国際送金ネットワーク「RippleNet」に新たな金融機関13社を迎え、参加している銀行や企業の数が合計で200社を超えたことを報告しました。

こちらから読む:世界中の金融機関が参加する「RippleNet」とは?

RippleNet:新たに「13社」が参加

ripplenetwork

Ripple社の国際送金ネットワーク「RippleNet」には、2018年9月時点で100社を超える金融機関が参加していることが明らかにされていましたが、現在もその勢いはさらに加速しています。2019年1月8日に公開された記事の中でRippleのCEOであるBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏は、現在「RippleNet」には毎週2〜3社が新たに参加していることを報告しています。

今回新たに参加することが発表されたのは、
・JNFX(イギリス)
・Euro Exim Bank(イギリス)
・Olympia Trust Company(イギリス)
・Pontual(アメリカ)
・SendFriend(アメリカ)
・Transpaygo(オーストリア)
・GMT(オーストラリア)
・ConnectPay(リトアニア)
・WorldCom Finance(イスラエル)
・Banco Rendimentol(ブラジル)
・Al Ahli Bank of Kuwait(クウェート)
・Financial Transaction Control Systems(スウェーデン)
・Bahrain Financing Company(バーレーン)
の13社であり、JNFX、SendFriend、Transpaygo、FTCS、Euro Exim Bankは、流動性を確保するために仮想通貨XRPを活用するとも報じられています。

CIMBやOlympia Trust Companyなどの金融機関は、XRPは使用しないものの即時決済には関心を示しており、より早く低コストで透明性の高い送金を可能にするRipple社の技術や最新のAPIを活用するとのことです。

効率的なクロスボーダー決済を「世界中」に

ガーリングハウス氏は今回の発表の中でRipple社の目標について、Ripple社が抱える世界中の全ての顧客が「優れた効率的なクロスボーダー決済」を自らの顧客に提供できるようにすることだと説明しています。昨年9月から約半年間でその規模を2倍に拡大した「RippleNet」は現在、世界6大陸の40カ国以上で事業を展開しています。

Ripple社や仮想通貨XRPは、2019年に大きな成長を遂げる可能性を秘めている企業、仮想通貨として注目を集めており、米国の格付け機関である「Weiss Ratings」は"2019年の仮想通貨予測"としてRipple社が現在主流の決済ネットワーク「SWIFT」に取って代わるものになれば「XRPは時価総額ランキング1位の仮想通貨になるだろう」と予想しています。

2018年から急速に規模を拡大し始めているRipple社やXRPは、今後もその規模を3倍、4倍へと拡大させていく可能性を秘めています。

リップル(Ripple/XRP)の価格|2019年1月9日

リップル(Ripple/XRP)の価格は、ここ2〜3週間の間「1XRP=40円」前後で安定して取引されており、2019年1月9日時点では「1XRP=39.86円」で取引されています。

2018年12月10日〜2019年1月9日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2018年12月10日〜2019年1月9日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bitget:eスポーツ団体「Team Spirit」の公式暗号資産パートナーに|スポンサー契約を発表

Bitget:eスポーツ団体「Team Spirit」の公式暗号資産パートナーに|スポンサー契約を発表

ビットコイン推進派のナジブ・ブケレ氏「エルサルバドル大統領選挙」で勝利宣言

ビットコイン推進派のナジブ・ブケレ氏「エルサルバドル大統領選挙」で勝利宣言

決済大手「Stripe」取引所・ウォレット・NFTなど暗号資産ビジネスに対応

決済大手「Stripe」取引所・ウォレット・NFTなど暗号資産ビジネスに対応

GUCCI(グッチ)一部店舗で「仮想通貨決済」試験導入へ|BTCなど10銘柄以上に対応

GUCCI(グッチ)一部店舗で「仮想通貨決済」試験導入へ|BTCなど10銘柄以上に対応

資産運用大手BlackRock投資責任者「ビットコインに手を出し始めた」

資産運用大手BlackRock投資責任者「ビットコインに手を出し始めた」

ビットコイン価格にも影響か?EU加盟国「ブレグジットの延期」に合意

ビットコイン価格にも影響か?EU加盟国「ブレグジットの延期」に合意

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ基盤のSNS「VYRA」リリース|トークン報酬機能も追加予定

カルダノ基盤のSNS「VYRA」リリース|トークン報酬機能も追加予定

「SHIBは買い」ビットコイン初期投資家ダヴィンチ・ジェレミー氏が支持

「SHIBは買い」ビットコイン初期投資家ダヴィンチ・ジェレミー氏が支持

最近の仮想通貨ブームで急成長が期待される5つの新しいミームコイン

最近の仮想通貨ブームで急成長が期待される5つの新しいミームコイン

テレグラムで「深刻な脆弱性」報告|利用者が行うべき対応は?

テレグラムで「深刻な脆弱性」報告|利用者が行うべき対応は?

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

ワールドコイン(WLD)独自のL2ブロックチェーン「World Chain」発表

ワールドコイン(WLD)独自のL2ブロックチェーン「World Chain」発表

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す