リップル社の国際送金ネットワークに加盟する金融機関「200以上」に:RippleNet

by BITTIMES   

Ripple(リップル)社は2019年1月8日、同社の国際送金ネットワーク「RippleNet」に新たな金融機関13社を迎え、参加している銀行や企業の数が合計で200社を超えたことを報告しました。

こちらから読む:世界中の金融機関が参加する「RippleNet」とは?

RippleNet:新たに「13社」が参加

ripplenetwork

Ripple社の国際送金ネットワーク「RippleNet」には、2018年9月時点で100社を超える金融機関が参加していることが明らかにされていましたが、現在もその勢いはさらに加速しています。2019年1月8日に公開された記事の中でRippleのCEOであるBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏は、現在「RippleNet」には毎週2〜3社が新たに参加していることを報告しています。

今回新たに参加することが発表されたのは、
・JNFX(イギリス)
・Euro Exim Bank(イギリス)
・Olympia Trust Company(イギリス)
・Pontual(アメリカ)
・SendFriend(アメリカ)
・Transpaygo(オーストリア)
・GMT(オーストラリア)
・ConnectPay(リトアニア)
・WorldCom Finance(イスラエル)
・Banco Rendimentol(ブラジル)
・Al Ahli Bank of Kuwait(クウェート)
・Financial Transaction Control Systems(スウェーデン)
・Bahrain Financing Company(バーレーン)
の13社であり、JNFX、SendFriend、Transpaygo、FTCS、Euro Exim Bankは、流動性を確保するために仮想通貨XRPを活用するとも報じられています。

CIMBやOlympia Trust Companyなどの金融機関は、XRPは使用しないものの即時決済には関心を示しており、より早く低コストで透明性の高い送金を可能にするRipple社の技術や最新のAPIを活用するとのことです。

効率的なクロスボーダー決済を「世界中」に

ガーリングハウス氏は今回の発表の中でRipple社の目標について、Ripple社が抱える世界中の全ての顧客が「優れた効率的なクロスボーダー決済」を自らの顧客に提供できるようにすることだと説明しています。昨年9月から約半年間でその規模を2倍に拡大した「RippleNet」は現在、世界6大陸の40カ国以上で事業を展開しています。

Ripple社や仮想通貨XRPは、2019年に大きな成長を遂げる可能性を秘めている企業、仮想通貨として注目を集めており、米国の格付け機関である「Weiss Ratings」は"2019年の仮想通貨予測"としてRipple社が現在主流の決済ネットワーク「SWIFT」に取って代わるものになれば「XRPは時価総額ランキング1位の仮想通貨になるだろう」と予想しています。

2018年から急速に規模を拡大し始めているRipple社やXRPは、今後もその規模を3倍、4倍へと拡大させていく可能性を秘めています。

リップル(Ripple/XRP)の価格|2019年1月9日

リップル(Ripple/XRP)の価格は、ここ2〜3週間の間「1XRP=40円」前後で安定して取引されており、2019年1月9日時点では「1XRP=39.86円」で取引されています。

2018年12月10日〜2019年1月9日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2018年12月10日〜2019年1月9日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

リップル(XRP)の購入は取引量で世界一にもなった仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Libra公式ウォレット「Novi(ノヴィ)」へと名称変更

Libra公式ウォレット「Novi(ノヴィ)」へと名称変更

Ripple社:ODL送金関連の新サービス「Line of Credit」提供開始

Ripple社:ODL送金関連の新サービス「Line of Credit」提供開始

ビットコイン報酬型買い物アプリ「Lolli」加盟店数1,000店近くまで増加

ビットコイン報酬型買い物アプリ「Lolli」加盟店数1,000店近くまで増加

仮想通貨取引所「CREX24」にネム(NEM/XEM)が上場!

仮想通貨取引所「CREX24」にネム(NEM/XEM)が上場!

Fidelity仮想通貨部門「欧州の機関投資家」向けにサービスを拡大

Fidelity仮想通貨部門「欧州の機関投資家」向けにサービスを拡大

エストニア元首相:仮想通貨プロジェクト「Lympo」のアドバイザーに就任

エストニア元首相:仮想通貨プロジェクト「Lympo」のアドバイザーに就任

注目度の高い仮想通貨ニュース

エルサルバドル政府:2021年12月21日21時21分21秒に「21BTC」を追加購入

エルサルバドル政府:2021年12月21日21時21分21秒に「21BTC」を追加購入

Socios.com:米ニューヨークのスポーツ持株会社「MSG Sports」と提携|NHL・NBA提携を拡大

Socios.com:米ニューヨークのスポーツ持株会社「MSG Sports」と提携|NHL・NBA提携を拡大

JPYC株式会社「一般社団法人Fintech協会」にベンチャー会員として入会

JPYC株式会社「一般社団法人Fintech協会」にベンチャー会員として入会

XRP価格急騰「100円台」まで回復|Sologenic(SOLO)エアドロップに向けてXRP買いか

XRP価格急騰「100円台」まで回復|Sologenic(SOLO)エアドロップに向けてXRP買いか

東京ハッシュ「年率6.5%貸暗号資産サービス第1回目の申込受付」開始

東京ハッシュ「年率6.5%貸暗号資産サービス第1回目の申込受付」開始

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年1月9日〜15日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年1月9日〜15日

Decentraland×UNXD:仮想空間で「メタバース・ファッション・ウィーク」開催へ

Decentraland×UNXD:仮想空間で「メタバース・ファッション・ウィーク」開催へ

Huobi Japan:ビットコイン取引手数料が「無料」に|キャンペーン期間を延長

Huobi Japan:ビットコイン取引手数料が「無料」に|キャンペーン期間を延長

Liquid「Liquidアカウント間の暗号資産出庫手数料」を無料化|BTC・ETHなど全銘柄で

Liquid「Liquidアカウント間の暗号資産出庫手数料」を無料化|BTC・ETHなど全銘柄で

ドージコインで「ステーキング」が可能に?イーサリアム共同創設者と提案作成

ドージコインで「ステーキング」が可能に?イーサリアム共同創設者と提案作成

Chiliz Exchange:コロンビア「Millonarios FC」の$MFCファントークン10日に取引開始

Chiliz Exchange:コロンビア「Millonarios FC」の$MFCファントークン10日に取引開始

LINE:NFTエコシステム拡大に向け韓国・米国に「LINE NEXT」設立

LINE:NFTエコシステム拡大に向け韓国・米国に「LINE NEXT」設立

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す