仮想通貨市場:近い将来「核の冬」に突入する可能性|Civic CEO ヴィニー・リンガム

by BITTIMES   

仮想通貨市場で「弱気相場」が続いていることによって、業界では「Crypto Winter(暗号通貨の冬)」という表現が使用されるようになりました。しかし、ブロックチェーンスタートアップ「Civic(シビック)」のCEOであるVinny Lingham(ヴィニー・リンガム)氏は、近い将来「Nuclear winter(核の冬)」という言葉が適切になる可能性があると語っています(*1)。
(*1)核の冬:核戦争によって地球環境に大規模な変動が起こり、氷河期が訪れること。今回のケースでは長期的に「仮想通貨価格の低迷・下落」が続く可能性があることを例えている

こちらから読む:仮想通貨投資家は"ゴールド"に移行中?「ビットコイン」関連ニュース

ビットコインが「33万円」を下回ると...

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は2017年12月から下落が続いており、約1年が経過した2018年12月には3,000ドル(約330,000円)近くまで下落しました。ブロックチェーンスタートアップ「Civic(シビック)」の最高経営責任者(CEO)であるVinny Lingham(ヴィニー・リンガム)氏は、3,000ドルのサポートを下回った場合、仮想通貨市場には長期的に「価格の下落・低迷」が続く"核の冬"が訪れる可能性があると語っています。

もしビットコインが3,000ドル(約330,000円)を下回ると「crypto winter(仮想通貨の冬)」は「crypto nuclear winter(仮想通貨の核の冬)」になるでしょう。

昨年12月頃からは一時的な価格上昇が見られたものの、今のところ大幅な価格上昇につながるような回復は見られていません。先月24日にはビットコイン価格が一時的に「47万円」近くまで回復しましたが「50万円」の壁を越えることはできませんでした。

依然として多くの仮想通貨投資家たちは「高値を目指す」のではなく、次の強気相場に乗るための「さらなる底値」を待ち望んでいます。

BTC価格回復には「実用化」が必須

現在の仮想通貨業界ではビットコインは「33万円」を下回るという予想も強まってきており、リンガム氏も『ビットコインが現実世界で実際に使用されるようになるまでは、底値を見つけることはできない』と語っています。

実際問題として、仮想通貨は現実世界での採用とユースケースを必要としています。実際に仮想通貨の採用が進み、具体的な使用方法が見つかるまでは"新たなバブル"が訪れることはないでしょう。

投機的な流れは終わりました。現在人々は「具体的な数字」と「使用量」及び「取引量」を望んでいます。

リンガム氏は、昨年11月に『ビットコイン価格は2019年末までに2万8,000ドル(約319万円)に達する』主張していたRonnie Moas(ロニー・モアス)氏に反論し、仮想通貨企業はあまり利益を上げることができていないため、それらの企業が手持ちの仮想通貨を売却することによって「最終的に仮想通貨市場は下落する」と語っています。

ビットコインに関連する研究開発は着実に進んでいるため、技術的な面で見ると「将来は安泰である」と考えられます。しかし、今後は実際にそれらの技術が実用化され、流動性が高まる必要があると考えられます。

最近では、アメリカなどでビットコインATMの導入が加速してきているため、ビットコイン決済の導入促進につながる"何か"が起こればこの状況が解決するとも考えられますが、"決済通貨"として広く使用されるようになるのであれば、これまでに起こってきたような急激な価格高騰が起こる可能性は低いとも考えられます。

リンガム氏が語るように仮想通貨市場に「核の冬」が訪れるのであれば、ビットコイン価格が再び最高値に到達するまでには長い期間が必要となる可能性があります。

2019年1月31日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格はここ最近で40万円を下回ってきており、2019年1月31日時点では「1BTC=380,018円」で取引されています。

昨年末の価格回復には期待が高まりましたが、長期的に見るとその価格回復もそれほど強いものではなかったようにも感じられます。

2018年11月2日〜2019年1月31日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2018年11月2日〜2019年1月31日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産取引所FTX「NFTマーケットプレイス」公開|オリジナルグッズなども出品

暗号資産取引所FTX「NFTマーケットプレイス」公開|オリジナルグッズなども出品

中米ホンジュラス「初の仮想通貨ATM」を導入|BTC・ETHに対応

中米ホンジュラス「初の仮想通貨ATM」を導入|BTC・ETHに対応

Ledger×Baanx:暗号資産対応のVisaデビットカード「Crypto Life Card」を発表

Ledger×Baanx:暗号資産対応のVisaデビットカード「Crypto Life Card」を発表

ライトコイン保有者狙いの「大規模ダスティング攻撃」が発覚|詐欺・ゆすりに要注意

ライトコイン保有者狙いの「大規模ダスティング攻撃」が発覚|詐欺・ゆすりに要注意

UAE最古の民間銀行:ブロックチェーン技術で「セキュリティ」強化

UAE最古の民間銀行:ブロックチェーン技術で「セキュリティ」強化

Bitcoinは世界の単一通貨になる|Twitter CEO

Bitcoinは世界の単一通貨になる|Twitter CEO

注目度の高い仮想通貨ニュース

エルサルバドルのビットコイン受け入れは、メタケードのような新規参入者にとって何を意味するのか?

エルサルバドルのビットコイン受け入れは、メタケードのような新規参入者にとって何を意味するのか?

ビットコイン価格予想「2025年に300,000ドル」の可能性:著名トレーダーTone Vays氏

ビットコイン価格予想「2025年に300,000ドル」の可能性:著名トレーダーTone Vays氏

Oasys(OAS)SBI VCトレードと提携|日本国内での普及に向けて協力

Oasys(OAS)SBI VCトレードと提携|日本国内での普及に向けて協力

一部銘柄の低迷が続く仮想通貨市場|メタケード(MCADE)が注目される理由【PR】

一部銘柄の低迷が続く仮想通貨市場|メタケード(MCADE)が注目される理由【PR】

仮想通貨損益計算ツールのクリプタクト「SBI VCトレード・Bitgetなどの新規取引種類」に対応

仮想通貨損益計算ツールのクリプタクト「SBI VCトレード・Bitgetなどの新規取引種類」に対応

Polygon Labs × Unstoppable Domains:Web3ドメイン「.polygon」販売開始

Polygon Labs × Unstoppable Domains:Web3ドメイン「.polygon」販売開始

GMOコイン「Flare(FLR)貸暗号資産ベーシック」の詳細を発表

GMOコイン「Flare(FLR)貸暗号資産ベーシック」の詳細を発表

シリコンバレー銀行破綻の影響でステーブルコイン「USDC」がデペグ|DAI価格も0.90ドルに

シリコンバレー銀行破綻の影響でステーブルコイン「USDC」がデペグ|DAI価格も0.90ドルに

FTX Japan:確定申告などで必要となる「年間取引報告書」の交付を完了

FTX Japan:確定申告などで必要となる「年間取引報告書」の交付を完了

Sweatcoin:米国で「SWEAT」と「Sweat Wallet」リリースへ

Sweatcoin:米国で「SWEAT」と「Sweat Wallet」リリースへ

エルサルバドル:ビットコイン関連の教育プログラム「CUBO+」開始|優れた開発者を養成

エルサルバドル:ビットコイン関連の教育プログラム「CUBO+」開始|優れた開発者を養成

Oasys(OAS)が無料でもらえる価格予想ゲーム「Oas Choice」を紹介|始め方・使い方など

Oasys(OAS)が無料でもらえる価格予想ゲーム「Oas Choice」を紹介|始め方・使い方など

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Nippon Idol Token(NIDT)とは?基本情報・特徴・取扱う暗号資産取引所など

Nippon Idol Token(NIDT)とは?基本情報・特徴・取扱う暗号資産取引所など

米ドル連動ステーブルコインのリアルタイム価格・チャート一覧

米ドル連動ステーブルコインのリアルタイム価格・チャート一覧

エイプコイン(ApeCoin/APE)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エイプコイン(ApeCoin/APE)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FiNANCiEのフィナンシェトークン(FNCT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FiNANCiEのフィナンシェトークン(FNCT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

The Open Networkのトンコイン(Toncoin/TON)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

The Open Networkのトンコイン(Toncoin/TON)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す