TRON・BINANCEの両CEOが語る「仮想通貨市場の今後」と「下落相場」

by BITTIMES   

トロン(Tron/TRX)のCEOであるJustin Sun(ジャスティン・サン)氏と、BINANCE(バイナンス)のCEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏は、中国のブロックチェーン・仮想通貨ニュースメディアである「Huoxing24」とのインタビューの中で、現在の仮想通貨市場や今後の市場の動きに関する自らの考えを語りました。

こちらから読む:大量保有者は2ヶ月で"15万BTC"買い貯め「ビットコイン」関連ニュース

ビットコイン「回復上昇」の可能性は...|Justin Sun

トロン(Tron/TRX)のCEOであるJustin Sun(ジャスティン・サン)氏は、市場の成長につながる要因は複数存在しており、それらのイノベーションが実際に起きる可能性は高いものの「大幅な価格回復」の可能性は低いとの見解を語っています。

「ビットコインの将来」や「仮想通貨業界全体」について尋ねられたジャスティン・サン氏は『ビットコインは昨年12月に3,151ドル(約35万円)まで下落した時点で底を打っている』との考えを語りました。

同氏は「弱気市場はすでに終わっている」と確信しているものの、今後の市場で「大幅な価格上昇」や「年内の新たな高値更新」が見られるかどうかに関しては確信が持てないということも語っており、2019年のビットコインはその大半が「3,000ドル〜5,000ドル(約33万〜55万円)という狭い範囲」で取引される可能性が高いとの予想も語っています。

サン氏は、年内には多くのイノベーションが起こるものの、それらのイノベーションがビットコイン価格に与える影響は小さく「大幅な価格上昇の可能性は低い」だろうと説明しています。今年起こると市場回復の要因としては、
分散型アプリケーション(DApps)の急増
Lightning Network(ライトニングネットワーク)の大規模利用
・1億人のBitTorrentユーザーがデジタル通貨市場に参入
という「3つの要因がある」と語っています。

ブロックチェーン開発・ビットコイン採用は進む|Changpeng Zhao

BINANCE(バイナンス)のCEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏は、仮想通貨市場の将来についての意見を求められた際に『ビットコインの将来の価格を予想することはできない』と語っています。

また同氏は「市場はすでに底打ちしているか?」という問いに対しても『それについて語ることはできない』と語っていますが、現在の市場はブロックチェーン技術を開発を"より速く"進めることにつながると語っており、ビットコインも一般的に広く採用されるようになるとの考えを述べています。

JPMorgan Chase(JPモルガン・チェース)が発行した新しいデジタル通貨「JPMコイン」について尋ねられた両者は『ブロックチェーン業界に全体に良い影響を与える』との見解を語っています。チャンポン氏は「JPMコイン」について次のように語っています。

JPMコインはブロックチェーン業界全体に良い影響を与えました。ウォールストリートがブロックチェーンアプリケーション全体の普及を促進することを期待しています。

「JPMコイン」に対する批判の声は多く上がっていますが、ブロックチェーン技術の採用は世界中で進んできており、ライトニング・ネットワークなどの認知度も順調に高まっています。急速な価格上昇は仮想通貨業界全体で考えると様々な混乱を招くことにも繋がりかねないため、両者が語るように徐々に価格が回復するのであれば、仮想通貨業界は今後も長期的に順調な成長を遂げることになると予想されます。

2019年3月2日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は先月25日に415,000円近くまで下落して以降、横ばいの状態が続いており、2019年3月2日時点では「1BTC=432,017円」で取引されています。

2019年2月16日〜2019年3月2日 BTCのチャート(引用:bitbank.cc)2019年2月16日〜2019年3月2日 BTCのチャート(引用:bitbank.cc)

ビットコイン(BTC)などの購入はレバレッジ取引も提供している仮想通貨取引所Liquidからどうぞ。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

全米最大のショッピングモールに「仮想通貨関連ストア」がオープン|SPEDNアプリに対応

全米最大のショッピングモールに「仮想通貨関連ストア」がオープン|SPEDNアプリに対応

ブロックチェーン・仮想通貨業界向けの「ライター育成コース」を発表:PoL

ブロックチェーン・仮想通貨業界向けの「ライター育成コース」を発表:PoL

BINANCE:本人確認画像「漏洩」に関する声明文を公開|情報提供者にはBTC報酬

BINANCE:本人確認画像「漏洩」に関する声明文を公開|情報提供者にはBTC報酬

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年3月17日〜23日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年3月17日〜23日

BTCBOX:暗号資産の「かんたん売買(販売所)」サービス提供開始

BTCBOX:暗号資産の「かんたん売買(販売所)」サービス提供開始

VeChain財団「中国国家動物健康・食品安全創新連盟」に参加|130社以上を技術支援

VeChain財団「中国国家動物健康・食品安全創新連盟」に参加|130社以上を技術支援

注目度の高い仮想通貨ニュース

XRP価格上昇「30円台まで回復」下落相場脱出なるか

XRP価格上昇「30円台まで回復」下落相場脱出なるか

【Chiliz&Socios】Locker Roomに「F1関連の新トークン」追加|Locker One(LOCK-1)

【Chiliz&Socios】Locker Roomに「F1関連の新トークン」追加|Locker One(LOCK-1)

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「合計40,000$PSGのバーン」を実施

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「合計40,000$PSGのバーン」を実施

XRP基軸の取引所Bitrue「Sparkトークンの事前取引(IOU)」提供へ

XRP基軸の取引所Bitrue「Sparkトークンの事前取引(IOU)」提供へ

Crossway Global「12月に初のDAO製品を発売し、Defi市場に参入する」と発表

Crossway Global「12月に初のDAO製品を発売し、Defi市場に参入する」と発表

BITMAX:暗号資産購入でETHがもらえる「2021年新春プレゼントキャンペーン」開催

BITMAX:暗号資産購入でETHがもらえる「2021年新春プレゼントキャンペーン」開催

Crypto.com・BITTREXも「XRPの上場廃止」を発表|米SECのRipple社提訴受け

Crypto.com・BITTREXも「XRPの上場廃止」を発表|米SECのRipple社提訴受け

CoinBest(コインベスト)「暗号資産現物取引サービス」提供へ|販売所からスタート

CoinBest(コインベスト)「暗号資産現物取引サービス」提供へ|販売所からスタート

Zaif取扱いのフィスココイン(FSCC)韓国4位の取引所「ProBit」上場へ

Zaif取扱いのフィスココイン(FSCC)韓国4位の取引所「ProBit」上場へ

【NEM/XEM】Symbol(XYM)スナップショットの「実施日延期」が正式に決定

【NEM/XEM】Symbol(XYM)スナップショットの「実施日延期」が正式に決定

Huobi子会社:ネバダ州で「信託会社ライセンス」取得|米国での事業再開を計画

Huobi子会社:ネバダ州で「信託会社ライセンス」取得|米国での事業再開を計画

Bakkt:2021年第2四半期に「NY証券取引所」上場へ|消費者向けアプリの続報も

Bakkt:2021年第2四半期に「NY証券取引所」上場へ|消費者向けアプリの続報も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す