ブロックチェーン活用して「個人情報を価値に交換」CyberAgentが実証実験を開始

by BITTIMES   

サイバーエージェント(CyberAgent)のアドテクスタジオは、パーソナルデータ(*1)をユーザー自身で管理し、自分の意思でパーソナルデータを様々な価値に変えることができるブロックチェーン技術を活用したデータ流通プラットフォーム「Data Forward(データフォワード)」を開発し、同社グループ社員を対象としたアルファ版の実証実験を開始したことを2019年2月27日に発表しました。
(*1)パーソナルデータ:特定の個人を識別することができる情報や、位置情報、購買履歴といった個人の行動・状態等に関する情報

こちらから読む:Data Forwardに活用されている「ブロックチェーン技術」の仕組み

Data Forward(データフォワード)とは

(画像:cyberagent.co.jp)(画像:cyberagent.co.jp)

サイバーエージェント(CyberAgent)が発表した新しいプラットフォーム「Data Forward(データフォワード)」は、趣味・嗜好・体調といったユーザー個人に関する情報を自分自身で管理しつつ、希望に応じて企業に情報を提供し、その対価としてギフトカードなどに交換することができるポイントを受け取ることができるプラットフォームとなっています。

パーソナルデータは、ユーザー個人が保有しているデバイスのアプリケーション内にあるパーソナルデータストア(PDS)に保存されるようになっており、自分の意思で情報提供を行うかどうかを決定することができると説明されています。

「受け取ったポイントの交換履歴」や「パーソナルデータの提供先」などの情報は、常に自分自身で把握することができるようになっており、これらの情報はブロックチェーン技術で分散型管理されているため、パーソナルデータが特定の企業に集中化することもありません。これによって重要な個人情報となる「パーソナルデータ」を信頼できる形で管理することができるようになっています。

(画像:cyberagent.co.jp)(画像:cyberagent.co.jp)

パーソナルデータに関する「意識調査」を実施

実証実験の実施期間は「2019年2月中旬から2カ月程度を予定している」と説明されており、サイバーエージェントのグループ会社を含む従業員約1,000人を対象にテストが行われる予定となっています。

今回のテストで取得されるパーソナルデータとしては、
・基本情報(居住地・都道府県・誕生年・性別)
・端末情報(端末名・キャリア・OSのバージョン・容量・使用可能容量)
・ヘルスデータ(歩数・心拍数・消費カロリー)
・位置情報
などが挙げられています。

サイバーエージェントはこの実証実験を通じて、
・どのような状況であればユーザーは情報を提供するのか?
・どういった内容のパーソナルデータであれば提供できるのか?
といった、ユーザーからの「パーソナルデータに対する意識調査」を行うと説明しています。

個人情報は「価値のあるデータ」へ

「サイバーエージェント」はこの実験で得られた知見を元にして、今後のさらなる開発と品質向上のための取り組みを行い、ブロックチェーン技術を活用したサービスの可能性を検証していくとしています。

今後の予定としては、スマートフォン・スマートウォッチなどから得られるヘルスデータだけでなく、その他サービスとの連携を通じて取得することができる情報を追加する予定だと説明されています。

自分自身の情報を「価値のあるデータ」として管理することができる「Data Forward」は、これから始まる"新しいインターネット社会"を切り開いていく大きな可能性を秘めています。

「Data Forward」に関する詳しい情報は「サイバーエージェント」の公式サイトからどうぞ
>「サイバーエージェント」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

DMM Bitcoin:仮想通貨リップル(XRP)の「現物取引」提供へ|本日18時から

DMM Bitcoin:仮想通貨リップル(XRP)の「現物取引」提供へ|本日18時から

ディーカレット:仮想通貨の「現物取引サービス」本日開始|キャンペーンも継続中

ディーカレット:仮想通貨の「現物取引サービス」本日開始|キャンペーンも継続中

Coincheck:モナコイン(MONA)の取り扱いへ|交換可能な仮想通貨は「10銘柄」に

Coincheck:モナコイン(MONA)の取り扱いへ|交換可能な仮想通貨は「10銘柄」に

ブロックチェーンで「珈琲の製品情報」を共有|流通過程に透明性を:ウガンダ

ブロックチェーンで「珈琲の製品情報」を共有|流通過程に透明性を:ウガンダ

【Android】エイダコイン(ADA)をアプリで管理「YOROI-The Cardano Wallet」公開

【Android】エイダコイン(ADA)をアプリで管理「YOROI-The Cardano Wallet」公開

中国大手送金事業者が「xCurrent」導入を決定、広がるRippleNet

中国大手送金事業者が「xCurrent」導入を決定、広がるRippleNet

注目度の高い仮想通貨ニュース

Cardano(ADA)対応開始、ハードウェアウォレット「ELLIPAL」で保管可能に

Cardano(ADA)対応開始、ハードウェアウォレット「ELLIPAL」で保管可能に

規制準拠した「仮想通貨デリバティブ取引所」設立を計画|米フィンテック企業trueDigital

規制準拠した「仮想通貨デリバティブ取引所」設立を計画|米フィンテック企業trueDigital

「仮想通貨Libra(リブラ)に本人確認は必要ない」BINANCE CEOのツイートが話題に

「仮想通貨Libra(リブラ)に本人確認は必要ない」BINANCE CEOのツイートが話題に

ブロックチェーンで「オンライン取引の信用性」を事前確認|富士通が新技術開発

ブロックチェーンで「オンライン取引の信用性」を事前確認|富士通が新技術開発

IOTA:ブロックチェーン活用した「食物アレルギー追跡アプリ」開発へ|Primorityと提携

IOTA:ブロックチェーン活用した「食物アレルギー追跡アプリ」開発へ|Primorityと提携

LedgerXを現物決済ビットコイン先物の「公認取引所」として認定:CFTC

LedgerXを現物決済ビットコイン先物の「公認取引所」として認定:CFTC

ビットコイン、FOMO発動ライン「1万ドル」をついに突破|予想される次の動きは?

ビットコイン、FOMO発動ライン「1万ドル」をついに突破|予想される次の動きは?

楽天ペイ対象加盟店で「au PAY」が利用可能に|2019年6月26日から

楽天ペイ対象加盟店で「au PAY」が利用可能に|2019年6月26日から

ビットポイント:流出した仮想通貨の調達を完了「海外取引所」での被害報告も

ビットポイント:流出した仮想通貨の調達を完了「海外取引所」での被害報告も

Libra(リブラ)は「暗号資産に該当しない」可能性|金融庁の見解傾く

Libra(リブラ)は「暗号資産に該当しない」可能性|金融庁の見解傾く

スマホ決済「7pay」で不正アクセス被害|セブンイレブンは「全額補償」を発表

スマホ決済「7pay」で不正アクセス被害|セブンイレブンは「全額補償」を発表

Socios.com:eスポーツの世界的チーム「OG」と提携|ChiliZ(CHZ)上場でデータサイトにも掲載

Socios.com:eスポーツの世界的チーム「OG」と提携|ChiliZ(CHZ)上場でデータサイトにも掲載

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す