金融大手Fidelity:ビットコイン送金の聖火リレー「Lightning Torch」に参加

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の少額送金などを可能にする話題の技術Lightning Network(ライトニングネットワーク)を通じて"聖火リレー"を繋ぐ「ライトニング・トーチ(Lightning Torch/LNTorch)」が、大手金融機関として知られるFidelity Investments(フィデリティ・インベストメンツ)のデジタル部門にまで到達したことが明らかになりました。

こちらから読む:JPモルガンの"適正価格分析"にマイナーが反論「BTC関連ニュース」

ライトニング・トーチ(Lightning Torch/LNTorch)とは

ライトニング・トーチ(Lightning Torch/LNTorch)は、ビットコイン(BTC)の少額送金を可能にし、取引速度を向上させ、取引手数料高騰の問題などにも対処できることで期待されているLightning Network(ライトニングネットワーク)」と呼ばれる技術の認知度を高め、普及を促進するために始められた取り組みです。

このリレーに参加する人は、受け取った金額に「10,000Satoshi(約40円)」を追加して次にトーチを受け取りたい人に送金を行うことになります。

「Lightning Torch」には、
Twitter CEO:Jack Dorsey氏
BINANCE CEO:Changpeng Zhao氏
TRON CEO:Justin Sun氏
などが参加したことでも話題になっており、現在も順調にリレーが繋がれています。世界を跨いで拡大を続けているこの運動に「Fidelity Investments」が参加したという事実は、今年1月に開始された「ライトニング・トーチ」にとって重要なポイントの一つでもあります。

金融機関から初参加「Fidelity Digital Assets」

Fidelity Investments(フィデリティ・インベストメンツ)は、世界有数のネットワークと歴史を誇る大手資産運用会社であり、顧客数は2,700万以上、管理する総資産は7.2兆ドル(約797兆円)にも上ると言われています。仮想通貨業界への参入を早期に発表した大手金融機関の1社でもあり、機関投資家の参入を促進する重要な機関としても認知されています。

今回「Lightning Torch」を繋いだのは、同社が昨年新たに立ち上げたデジタル資産部門「Fidelity Digital Assets(フィデリティ・デジタル・アセット)」であり、ライトニング聖火リレーに参加した金融機関は同社が初めてだと伝えられています。

同社とフィデリティセンターの研究チームは@Wizから「#LNTorch」を受け取りました。

誰に渡せばいいですか?

「Fidelity Digital Assets」にトーチが渡った時点での送金額は「0.0364BTC(約16,000円)」となっており「Lightning Torch」の公式サイトでは、同社が299番目の参加者であるとされています。

世界的に有名な金融機関である「Fidelity Digital Assets」が参加したことによって、今後はより多くの企業や金融機関が後に続くことも予想されます。また最近では宇宙船事業を手掛けるSpaceX(スペースエックス)社などでSEOを務めているElon Musk(イーロン・マスク)氏にも参加の勧誘がかかっていることも報じられているため、これから参加する著名人にも注目です。

「Lightning Torch」に関する詳しい情報は以下の公式サイトで確認することができます。
>「Lightning Torch」の公式サイトはこちら

2019年2月24日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、今月8日頃から順調に上昇を続けており、2019年2月24日時点では「1BTC=462,773円」で取引されています。

2019年2月10日〜2019年2月24日 BTCのチャート(引用:bitbank.cc)2019年2月10日〜2019年2月24日 BTCのチャート(引用:bitbank.cc)

ビットコイン(BTC)の購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

「ビットコイン送金時間かかりすぎ!」その問題解決しますよライトニングネットワーク

「ビットコイン送金時間かかりすぎ!」その問題解決しますよライトニングネットワーク

モバイルゲーム業界で「Cardano/ADA」導入促進|EMURGOが韓国政府公認団体とMOU締結

モバイルゲーム業界で「Cardano/ADA」導入促進|EMURGOが韓国政府公認団体とMOU締結

パナマの議員:BTC・ETHなどの決済利用を認める「仮想通貨法」の草案提出

パナマの議員:BTC・ETHなどの決済利用を認める「仮想通貨法」の草案提出

大手取引所「Bithumb」脱税疑惑の調査結果が明らかに

大手取引所「Bithumb」脱税疑惑の調査結果が明らかに

ブレイブ:プライバシー重視の検索エンジン「Brave Search」提供へ|Tailcatを買収

ブレイブ:プライバシー重視の検索エンジン「Brave Search」提供へ|Tailcatを買収

ブラジル最大級のショッピングモールに「仮想通貨ATM」を複数設置:Coin Cloud

ブラジル最大級のショッピングモールに「仮想通貨ATM」を複数設置:Coin Cloud

注目度の高い仮想通貨ニュース

Moonstakeウォレット「トロン(Tron/TRX)のステーキング」に対応

Moonstakeウォレット「トロン(Tron/TRX)のステーキング」に対応

セカンドハウス共同所有支援の「Pacaso」仮想通貨決済に対応|BitPayと提携

セカンドハウス共同所有支援の「Pacaso」仮想通貨決済に対応|BitPayと提携

ビットバンク:Symbol(XYM)取引高で「世界1位」を記録

ビットバンク:Symbol(XYM)取引高で「世界1位」を記録

暗号資産取引所の名前を利用した「詐欺・偽サイト」に要注意|国内2社が注意喚起

暗号資産取引所の名前を利用した「詐欺・偽サイト」に要注意|国内2社が注意喚起

ディーカレット「クアンタム(QTUM)」取扱い開始|上場記念キャンペーンも開催

ディーカレット「クアンタム(QTUM)」取扱い開始|上場記念キャンペーンも開催

MetaMaskの機関投資家向け部門「仮想通貨カストディ企業3社」と提携

MetaMaskの機関投資家向け部門「仮想通貨カストディ企業3社」と提携

コインチェック:シンボル(Symbol/XYM)の付与「2021年度中」に実施へ

コインチェック:シンボル(Symbol/XYM)の付与「2021年度中」に実施へ

エルサルバドル:Chivo Wallet利用者に「ガソリン代の割引」を適用

エルサルバドル:Chivo Wallet利用者に「ガソリン代の割引」を適用

ディーカレット:取引所2銘柄を対象とした「取引手数料0%キャンペーン」開始

ディーカレット:取引所2銘柄を対象とした「取引手数料0%キャンペーン」開始

銀行の暗号資産取扱いに関する「明確な規制」を準備:米連邦預金保険公社(FDIC)会長

銀行の暗号資産取扱いに関する「明確な規制」を準備:米連邦預金保険公社(FDIC)会長

Bakkt:今月18日に「ニューヨーク証券取引所(NYSE)」上場へ

Bakkt:今月18日に「ニューヨーク証券取引所(NYSE)」上場へ

韓国大手暗号資産取引所「Upbit」本人確認未完了ユーザーに利用制限

韓国大手暗号資産取引所「Upbit」本人確認未完了ユーザーに利用制限

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す