金融大手Fidelity:ビットコイン送金の聖火リレー「Lightning Torch」に参加

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の少額送金などを可能にする話題の技術Lightning Network(ライトニングネットワーク)を通じて"聖火リレー"を繋ぐ「ライトニング・トーチ(Lightning Torch/LNTorch)」が、大手金融機関として知られるFidelity Investments(フィデリティ・インベストメンツ)のデジタル部門にまで到達したことが明らかになりました。

こちらから読む:JPモルガンの"適正価格分析"にマイナーが反論「BTC関連ニュース」

ライトニング・トーチ(Lightning Torch/LNTorch)とは

ライトニング・トーチ(Lightning Torch/LNTorch)は、ビットコイン(BTC)の少額送金を可能にし、取引速度を向上させ、取引手数料高騰の問題などにも対処できることで期待されているLightning Network(ライトニングネットワーク)」と呼ばれる技術の認知度を高め、普及を促進するために始められた取り組みです。

このリレーに参加する人は、受け取った金額に「10,000Satoshi(約40円)」を追加して次にトーチを受け取りたい人に送金を行うことになります。

「Lightning Torch」には、
Twitter CEO:Jack Dorsey氏
BINANCE CEO:Changpeng Zhao氏
TRON CEO:Justin Sun氏
などが参加したことでも話題になっており、現在も順調にリレーが繋がれています。世界を跨いで拡大を続けているこの運動に「Fidelity Investments」が参加したという事実は、今年1月に開始された「ライトニング・トーチ」にとって重要なポイントの一つでもあります。

金融機関から初参加「Fidelity Digital Assets」

Fidelity Investments(フィデリティ・インベストメンツ)は、世界有数のネットワークと歴史を誇る大手資産運用会社であり、顧客数は2,700万以上、管理する総資産は7.2兆ドル(約797兆円)にも上ると言われています。仮想通貨業界への参入を早期に発表した大手金融機関の1社でもあり、機関投資家の参入を促進する重要な機関としても認知されています。

今回「Lightning Torch」を繋いだのは、同社が昨年新たに立ち上げたデジタル資産部門「Fidelity Digital Assets(フィデリティ・デジタル・アセット)」であり、ライトニング聖火リレーに参加した金融機関は同社が初めてだと伝えられています。

同社とフィデリティセンターの研究チームは@Wizから「#LNTorch」を受け取りました。

誰に渡せばいいですか?

「Fidelity Digital Assets」にトーチが渡った時点での送金額は「0.0364BTC(約16,000円)」となっており「Lightning Torch」の公式サイトでは、同社が299番目の参加者であるとされています。

世界的に有名な金融機関である「Fidelity Digital Assets」が参加したことによって、今後はより多くの企業や金融機関が後に続くことも予想されます。また最近では宇宙船事業を手掛けるSpaceX(スペースエックス)社などでSEOを務めているElon Musk(イーロン・マスク)氏にも参加の勧誘がかかっていることも報じられているため、これから参加する著名人にも注目です。

「Lightning Torch」に関する詳しい情報は以下の公式サイトで確認することができます。
>「Lightning Torch」の公式サイトはこちら

2019年2月24日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、今月8日頃から順調に上昇を続けており、2019年2月24日時点では「1BTC=462,773円」で取引されています。

2019年2月10日〜2019年2月24日 BTCのチャート(引用:bitbank.cc)2019年2月10日〜2019年2月24日 BTCのチャート(引用:bitbank.cc)

ビットコイン(BTC)の購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

SBI VCトレード:貸暗号資産「VCTRADE LENDING」サービス開始

SBI VCトレード:貸暗号資産「VCTRADE LENDING」サービス開始

マイニング大手BITMAIN「世界最大のビットコイン採掘施設」を建設

マイニング大手BITMAIN「世界最大のビットコイン採掘施設」を建設

金融大手Fidelity:チャリティー部門で「仮想通貨XRP」の寄付金を受け入れ

金融大手Fidelity:チャリティー部門で「仮想通貨XRP」の寄付金を受け入れ

長期的視野で「貯蓄」を|ビットコイン「1,000万円」超えを予想:元GoldmanSachsアナリスト

長期的視野で「貯蓄」を|ビットコイン「1,000万円」超えを予想:元GoldmanSachsアナリスト

仮想通貨投資企業Genesis Block Ventures「OMG Network」を買収

仮想通貨投資企業Genesis Block Ventures「OMG Network」を買収

タイ銀行:仮想通貨投資やトークン発行を条件付きで許可

タイ銀行:仮想通貨投資やトークン発行を条件付きで許可

注目度の高い仮想通貨ニュース

FTX Japan「暗号資産の四半期先物取引」提供開始|記念キャンペーンも

FTX Japan「暗号資産の四半期先物取引」提供開始|記念キャンペーンも

PUMA:独自のメタバース「Black Station」公開|NFTスニーカーを展示

PUMA:独自のメタバース「Black Station」公開|NFTスニーカーを展示

ACミラン:Solana基盤のNFTゲーム「Monkey League」と提携

ACミラン:Solana基盤のNFTゲーム「Monkey League」と提携

米MicroStrategy:ビットコインを買い増し|保有量は合計13万BTCに

米MicroStrategy:ビットコインを買い増し|保有量は合計13万BTCに

Google:検索エンジンに「イーサリアム:The Mergeのカウントダウン機能」追加

Google:検索エンジンに「イーサリアム:The Mergeのカウントダウン機能」追加

GMOコイン「法人口座向けの暗号資産現物取引サービス」提供へ

GMOコイン「法人口座向けの暗号資産現物取引サービス」提供へ

米ホワイトハウス「暗号資産・デジタル資産に関する包括的な開発枠組み」を発表

米ホワイトハウス「暗号資産・デジタル資産に関する包括的な開発枠組み」を発表

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年8月21日〜27日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年8月21日〜27日

Chiliz&Socios:アルゼンチンサッカー協会(AFA)とのファントークン独占契約を更新

Chiliz&Socios:アルゼンチンサッカー協会(AFA)とのファントークン独占契約を更新

Cardano(ADA)の大型アップグレード「Vasil」実施予定日が決定

Cardano(ADA)の大型アップグレード「Vasil」実施予定日が決定

SBI VCトレード:カルダノ(ADA)の「ステーキングサービス」提供へ

SBI VCトレード:カルダノ(ADA)の「ステーキングサービス」提供へ

スイスのデジタル資産銀行「Decentraland」にメタバース拠点|イベント開催も予定

スイスのデジタル資産銀行「Decentraland」にメタバース拠点|イベント開催も予定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す