「コインチェック被害対策弁護団」がWebサイトを開設

by BITTIMES

仮想通貨取引所大手コインチェックからの仮想通貨ネム(NEM)流出事件に関連して、「コインチェック被害対策弁護団」がWebサイトを開設しました。Webサイトによると「被害対策弁護団」は東京・神奈川・滋賀の弁護士5人で構成されており、2月中に訴訟を提起すると説明されています。

「コインチェック被害対策弁護団」Webサイトには、

今回の事件が、日本における仮想通貨の未来を閉ざしてしまう事を懸念し、被害にあわれた方々の救済と仮想通貨に対する適切の規制の在り方の実現を目指して結成された
と書かれており、それぞれの各分野の専門家が集まっているようです。
もし今回の件で一人で悩まれているような方がいましたら以下のリンクからどうぞ。

以下、「コインチェック被害対策弁護団」Web サイトから抜粋

弁護団について

当弁護団は異なる専門性を有する弁護士により構成されています。IT企業経営に詳しい者,IT技術そのものに詳しい者,金融証券取引の法規制に詳しい者,ロビイング活動に長けた者などです。
弁護団全員が今回の事件について懸念しているのはこれが日本における仮想通貨の未来を閉ざしてしまうのではないかということです。
今回の事件において,被害者の損害回復が十分に果たされない場合,また,事件の全容が解明されない場合,日本における仮想通貨の未来はとても暗いものになるでしょう。
政府は,仮想通貨の取引に過剰な規制を加えてその利便性を大きく引き下げ,また,疑心暗鬼に陥った市民は仮想通貨を信用しなくなってしまいます。
その先にあるのは日本における仮想通貨の不活用です。そして,それは日本の未来の可能性の一つを潰してしまうものになるかもしれません。
我々弁護団はこのような未来を憂慮し,被害にあわれた方々の救済と仮想通貨に対する適切の規制の在り方の実現を目指して結成されたものです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Google検索における「仮想通貨関連の詐欺広告」止まらず|なぜ掲載は続くのか?

Google検索における「仮想通貨関連の詐欺広告」止まらず|なぜ掲載は続くのか?

米Valkyrie社:Symbol・NEMと「7億ドル相当の財務監督」マルチシグで資金管理

米Valkyrie社:Symbol・NEMと「7億ドル相当の財務監督」マルチシグで資金管理

マネックスとコインチェックの記者会見|6日午後4時から

マネックスとコインチェックの記者会見|6日午後4時から

Meta社主催の「METAVERSE EXPO JAPAN 2022」7月末開催へ|CEATEC 2022内でも公開予定

Meta社主催の「METAVERSE EXPO JAPAN 2022」7月末開催へ|CEATEC 2022内でも公開予定

コインチェック:サッカー選手の公式NFTカードを発行する「Sorare」と連携

コインチェック:サッカー選手の公式NFTカードを発行する「Sorare」と連携

家計簿アプリ「Zaim」とコインチェックが連携|仮想通貨の残高管理が可能に

家計簿アプリ「Zaim」とコインチェックが連携|仮想通貨の残高管理が可能に

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説