クラッシュした「謎のランボルギーニ」仮想通貨投資会社CEOの所有物と判明

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)への投資で成功し、Lamborghini(ランボルギーニ)を購入する。これは世界中の仮想通貨投資家の夢でもあります。これまでの価格高騰で実際に莫大な資産を築いた一部の人々は、実際にこの高級車を愛用していますが、物理的な資産である「ランボルギーニ」は時にクラッシュしてしまう可能性があります。

こちらから読む:大手自動車メーカーでブロックチェーン活用が進む「自動車」関連ニュース

仮想通貨投資家の夢「ランボルギーニ」

2017年にみられた仮想通貨価格の高騰によって、ビットコイン投資家の間では「BTC価格がLamborghini(ランボルギーニ)の価格を超える日」への期待が高まり、ビットコインとランボルギーニを比較する場面も頻繁にみられるようになりました。

当時の価格高騰で大きな富を築いた一部の人々は、実際に得た莫大な資産を使ってランボルギーニを購入しています。

仮想通貨業界では「ランボルギーニ」を所有していることが一つのステータスにもなっていましたが、先日「その中の1台がクラッシュした」として話題になりました。

道路脇の溝に「泥まみれの4,000万円」

先週金曜日の早朝(現地時間)、イギリス・ロンドンの道路脇にある溝に27万ポンド(約4,000万円)相当のランボルギーニが挟まっているのが発見されました。

(画像:Instagram/btchudson)(画像:Instagram/btchudson)

このランボルギーニを発見したカメラマンのAndrew Laurence(アンドリュー・ローレンス)氏は車内に誰も乗っていないことを確認し、警察に通報しています。

発見当初は誰の所有物なのかが不明となっていましたが、ローレンス氏は当時の状況について『車は間違った方向を向いて溝に挟まっていたため、スピンした後に道路の反対側の溝に突っ込んだのだろう』と語っており、近所にはフットボールのトレーニング場があると伝えられていたため「このランボルギーニはフットボール選手の所有物である」と考えられていました。

しかしその後の報道によって、このランボルギーニの所有者がロンドンに拠点を構える仮想通貨の投資顧問会社Bitstocks(ビットストック)のCEOであるMichael Hudson(マイケル・ハドソン)氏のものであることが判明しました。

車体が受けた損傷と修理費

ランボルギーニの発見から数時間後には再び現場に現れたというハドソン氏は、ランボルギーニを引き上げる作業を撮影した動画の中で事故当時の状況について爽やかな笑顔で説明しています。

ハドソン氏は、自身が飲酒運転をしていた訳ではないことを語っており、一車線の道路で車のコントロールを失ったと説明しています。同氏は4,000万円の車をクラッシュさせたとは思えないほど落ち着いた様子で対応しているため、動画の投稿者は『この男は世界で最も穏やかな男だ』と語っています。

注目すべき点は、クラッシュしたランボルギーニがほとんど損傷を受けていないという点です。車体が受けた損傷の詳細や修理費などに関する詳しい情報は明らかにされていないものの、ハドソン氏は事故後に「Instagram」で当時のことについて語り、彼の愛車がわずかな損傷しか受けておらず、再び公道を走れる日がそう遠くないことを語っています。

View this post on Instagram

BEFORE VS AFTER ⁣⁣ ⁣⁣ There’s a silver lining in every dark cloud and a opportunity even in the pits of despair. I promised I will be uncensored, share the bad with the good. This is not a window to a life of perfection but one of continued challenges. I prefer a leadership of example. Good day I’m ok, bad day I’m ok. I’ve educated myself to view all situations with calm, peace & balance. Damage isn’t too bad and I’m sure she will be back on the road soon enough. ⁣⁣ ⁣ ⁣ @y14nny genuinely can now call you a brother 🙏🏽. You came to my rescue with all the solutions prior to me even getting a plan together. Nothing but love and respect brother 👊🏽. ⁣⁣⁣ ⁣ Mainstream media articles are hilarious, apparently I’m on the run 👀😂😂😂. ⁣⁣⁣ ⁣⁣⁣ @carsncrypto #balance #itsjustacar

Michael Hudsonさん(@btchudson)がシェアした投稿 -

「Bitcoin」or「Lamborghini」

最近では「ビットコインでランボルギーニを購入できるサービス」も増えてきていますが、その一方では「ランボルギーニを売却してビットコインを購入する」投資家なども出てきています。

ビットコイン価格は将来的に1億円に達するとも言われており「資産を保管するための手段」として高い評価を受けていますが、今回のケースを見るとランボルギーニも同様に「価値を保つための強靭なボディ」を持っていると考えられます。

資産をランボルギーニに変えるのも一つの手段ですが、より大きなクラッシュを起こしてしまった場合には大切な資産が大破してしまう可能性もあるため、ランボルーニを資産として所有しようと考えている方は、十分気をつけて運転するよう心がけておきましょう。

ビットコイン(BTC)の購入はレバレッジ取引も提供している仮想通貨取引所Liquidからどうぞ。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

アルゼンチンの「自国通貨をビットコイン」に!投資家Tim Draperが大統領に直接提案

アルゼンチンの「自国通貨をビットコイン」に!投資家Tim Draperが大統領に直接提案

土地登記にブロックチェーン技術活用へ|アブダビ政府機関がインドIT企業と提携

土地登記にブロックチェーン技術活用へ|アブダビ政府機関がインドIT企業と提携

おつりをビットコイン投資へ「少しずつ貯めたい方にオススメのアプリが誕生」

おつりをビットコイン投資へ「少しずつ貯めたい方にオススメのアプリが誕生」

仮想通貨が使える旅行予約アプリ「TravelbyBit」ベータ版リリース【BinanceChain搭載】

仮想通貨が使える旅行予約アプリ「TravelbyBit」ベータ版リリース【BinanceChain搭載】

ブロックチェーン基盤の「分散型地図」で特許申請:自動車大手GM

ブロックチェーン基盤の「分散型地図」で特許申請:自動車大手GM

イーサリアム(ETH)価格予想「2019年には約21万円」Thomas Lee

イーサリアム(ETH)価格予想「2019年には約21万円」Thomas Lee

注目度の高い仮想通貨ニュース

Atari:eスポーツ関連企業「Unikrn」と提携|独自暗号資産をエコシステムに追加

Atari:eスポーツ関連企業「Unikrn」と提携|独自暗号資産をエコシステムに追加

暗号資産取引所の安全性を評価する「サイバーセキュリティ・スコア」導入:CoinGecko

暗号資産取引所の安全性を評価する「サイバーセキュリティ・スコア」導入:CoinGecko

2020年米国大統領選挙に「暗号資産・ブロックチェーン業界の超大物」が立候補

2020年米国大統領選挙に「暗号資産・ブロックチェーン業界の超大物」が立候補

暗号資産自動売買サービス「QUOREA」運営企業、投資助言業の登録を完了

暗号資産自動売買サービス「QUOREA」運営企業、投資助言業の登録を完了

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年6月7日〜13日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年6月7日〜13日

ヴィッツ×ジャスミー「地域密着型MaaS」へのブロックチェーン技術活用で提携

ヴィッツ×ジャスミー「地域密着型MaaS」へのブロックチェーン技術活用で提携

日本セキュリティトークン協会への新規入会続く「正会員8社・賛助会員19社」に拡大

日本セキュリティトークン協会への新規入会続く「正会員8社・賛助会員19社」に拡大

より安全な仮想通貨取引のために「VPN」を活用するメリット

より安全な仮想通貨取引のために「VPN」を活用するメリット

ビットコインキャッシュを「Eメールアドレス宛て」に簡単送金|Bitcoin.comが新サービス

ビットコインキャッシュを「Eメールアドレス宛て」に簡単送金|Bitcoin.comが新サービス

Cardano:残高確認用の新たな「Daedalus Shelleyウォレット」公開|開発も順調に進行中

Cardano:残高確認用の新たな「Daedalus Shelleyウォレット」公開|開発も順調に進行中

アフガニスタン政府:ファントムのブロックチェーンで「偽造医薬品」に対処

アフガニスタン政府:ファントムのブロックチェーンで「偽造医薬品」に対処

暗号資産4銘柄で「売り圧力」強まる可能性|PlusToken関連で数百億円規模の資金移動

暗号資産4銘柄で「売り圧力」強まる可能性|PlusToken関連で数百億円規模の資金移動

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す