ランボルギーニを売却して「ビットコイン(BTC)投資」へ:モルガン・クリーク創設者

by BITTIMES   

デジタル資産運用会社「Morgan Creek Capital Management(モルガン・クリーク・キャピタル・マネジメント)」の創設者であるJason Williams(ジェイソン・ウィリアムズ)氏は、ビットコイン(Bitcoin/BTC)を購入するために自身が所有しているLamborghini(ランボルギーニ)を売却することを決めました。

こちらから読む:ビットコイン決済に最適の高級車「ランボルギーニ」関連ニュース

仮想通貨業界で前例のない「新しい何か」

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、2017年12月頃に記録した220万円から大きく下落し、2019年1月時点では40万円前後で取引されています。ビットコインの将来を信じている投資家の人々は、過去最高値から80%ほど下落した現在のBTC価格が"買う"のにちょうど良い金額であると考えています。

「Morgan Creek Capital Management(モルガン・クリーク・キャピタル・マネジメント)」の創設者であるJason Williams(ジェイソン・ウィリアムズ)氏もその一人ですが、仮想通貨業界で行われたことのない"新しいこと"に挑戦したいと考えているウォリアムズ氏は、一般的な人々がビットコインでランボルギーニを購入しようとしているのに対して「ランボルギーニを売って、ビットコインを買う」ことを思いつきました。

私がすることは、仮想通貨業界で初めてのことでしょう。
ランボルギーニを売ってビットコインを買うつもりです。BTC決済も受け入れます。

投資で成功するための「賢い方法」

ランボルギーニは7年連続で売上を成長させており、2017年には合計3,815台のランボルギーニが販売されたと言われています。ここ数年間では仮想通貨決済でランボルギーニを販売するお店やサービスも増加してきており、実際に仮想通貨でランボルギーニを購入したというケースも複数報告されています。

これまでは「ビットコイン投資で "成功したから"ランボルギーニを買う」といった考えが一般的でしたが、ウィリアムズ氏は「ビットコイン投資で"成功するために"ランボルギーニを売る」という新しい選択肢を選びました。

この発想は一部のTwitterユーザーの間では"賢いやり方"だと評価されており、「ウィリアム氏は今回獲得したBTCを使って、後に"複数台"のランボルギーニを購入することができるだろう」といった声も上がっています。

「高級スポーツカー」VS「未来のお金」

ウィリアムズ氏の今回のツイートには非常に多くのコメントが寄せられましたが、自分が保有しているビットコインを「ランボルギーニ」に交換したいと考えている人はあまりいないようで、提示された購入希望額は「1BTC〜10BTC」といった安値なものが目立っています。

ランボルギーニに一般的な価格は「数千万円」となっていますが、ビットコイン価格に関しても今後「数千万円」に達するという意見は数多く出ており、中には「1億円を超える」という予想も出ているため、どちらかというとビットコインを支持している人の方が多いようにも見られます。

車道を最速で走り抜けることができる「ランボルギーニ」と、形のないデジタル化された未来のお金「ビットコイン」あなたはどちらを選びますか?

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格|2019年1月9日

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、先月24日に「47万円」近くまで上昇した後にやや停滞していましたが、現在は再び回復し始めており2019年1月9日時点では「1BTC=445,464円」で取引されています。

2018年12月10日〜2019年1月9日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2018年12月10日〜2019年1月9日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブルンジ共和国:仮想通貨取引の「全面禁止」を決定|投資家・消費者の保護を優先

ブルンジ共和国:仮想通貨取引の「全面禁止」を決定|投資家・消費者の保護を優先

BitGo:Tron初の「マルチシグウォレット・保管ソリューション」提供開始

BitGo:Tron初の「マルチシグウォレット・保管ソリューション」提供開始

Coinbase Pro「Cardano(ADA)の新規取扱い」を発表|ADA価格は130円まで急騰

Coinbase Pro「Cardano(ADA)の新規取扱い」を発表|ADA価格は130円まで急騰

スイス・ツーク州「仮想通貨による納税」が可能に|2021年からBTC・ETH受け入れ

スイス・ツーク州「仮想通貨による納税」が可能に|2021年からBTC・ETH受け入れ

NBAサクラメント・キングス「限定版の仮想通貨グッズ」提供へ|CryptoKaijuと提携

NBAサクラメント・キングス「限定版の仮想通貨グッズ」提供へ|CryptoKaijuと提携

eスポーツトーナメントで独自仮想通貨「AFAVC」発行へ:アルゼンチンサッカー協会

eスポーツトーナメントで独自仮想通貨「AFAVC」発行へ:アルゼンチンサッカー協会

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

BitPay(ビットペイ)仮想通貨特許関連の非営利団体「COPA」に参加

BitPay(ビットペイ)仮想通貨特許関連の非営利団体「COPA」に参加

MCH+参画ブロックチェーンゲーム4作品「国内初のマルチチェーン対応」

MCH+参画ブロックチェーンゲーム4作品「国内初のマルチチェーン対応」

ファイルコイン財団:インターネットアーカイブに「10億円相当のFIL」を寄付

ファイルコイン財団:インターネットアーカイブに「10億円相当のFIL」を寄付

マクドナルド・フランス「McDoNFT」発行へ|ビッグマック・フライドポテトなど4種類

マクドナルド・フランス「McDoNFT」発行へ|ビッグマック・フライドポテトなど4種類

BITMAX:暗号資産購入金額に応じた「現金プレゼントキャンペーン」開始【最大10万円】

BITMAX:暗号資産購入金額に応じた「現金プレゼントキャンペーン」開始【最大10万円】

Jリーグチーム「Y.S.C.C.」FiNANCiEでクラブトークン発行型ファンディング開始

Jリーグチーム「Y.S.C.C.」FiNANCiEでクラブトークン発行型ファンディング開始

Enjin:Polkadot初のNFT専用ブロックチェーン「Efinity/EFI」開発へ

Enjin:Polkadot初のNFT専用ブロックチェーン「Efinity/EFI」開発へ

Grayscale:FIL・MANA・BATなど「アルトコイン5銘柄の投資信託」提供開始

Grayscale:FIL・MANA・BATなど「アルトコイン5銘柄の投資信託」提供開始

SBI証券「STO取扱いを可能にする変更登録」を完了|デジタル証券の店頭取引も検討

SBI証券「STO取扱いを可能にする変更登録」を完了|デジタル証券の店頭取引も検討

メルカリ:暗号資産関連子会社「メルコイン」設立へ|BTC・NFTの活用も計画

メルカリ:暗号資産関連子会社「メルコイン」設立へ|BTC・NFTの活用も計画

カルダノ財団「Scantrustとのサプライチェーン管理ソリューション」を発表

カルダノ財団「Scantrustとのサプライチェーン管理ソリューション」を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す