ランボルギーニを売却して「ビットコイン(BTC)投資」へ:モルガン・クリーク創設者

by BITTIMES   

デジタル資産運用会社「Morgan Creek Capital Management(モルガン・クリーク・キャピタル・マネジメント)」の創設者であるJason Williams(ジェイソン・ウィリアムズ)氏は、ビットコイン(Bitcoin/BTC)を購入するために自身が所有しているLamborghini(ランボルギーニ)を売却することを決めました。

こちらから読む:ビットコイン決済に最適の高級車「ランボルギーニ」関連ニュース

仮想通貨業界で前例のない「新しい何か」

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、2017年12月頃に記録した220万円から大きく下落し、2019年1月時点では40万円前後で取引されています。ビットコインの将来を信じている投資家の人々は、過去最高値から80%ほど下落した現在のBTC価格が"買う"のにちょうど良い金額であると考えています。

「Morgan Creek Capital Management(モルガン・クリーク・キャピタル・マネジメント)」の創設者であるJason Williams(ジェイソン・ウィリアムズ)氏もその一人ですが、仮想通貨業界で行われたことのない"新しいこと"に挑戦したいと考えているウォリアムズ氏は、一般的な人々がビットコインでランボルギーニを購入しようとしているのに対して「ランボルギーニを売って、ビットコインを買う」ことを思いつきました。

私がすることは、仮想通貨業界で初めてのことでしょう。
ランボルギーニを売ってビットコインを買うつもりです。BTC決済も受け入れます。

投資で成功するための「賢い方法」

ランボルギーニは7年連続で売上を成長させており、2017年には合計3,815台のランボルギーニが販売されたと言われています。ここ数年間では仮想通貨決済でランボルギーニを販売するお店やサービスも増加してきており、実際に仮想通貨でランボルギーニを購入したというケースも複数報告されています。

これまでは「ビットコイン投資で "成功したから"ランボルギーニを買う」といった考えが一般的でしたが、ウィリアムズ氏は「ビットコイン投資で"成功するために"ランボルギーニを売る」という新しい選択肢を選びました。

この発想は一部のTwitterユーザーの間では"賢いやり方"だと評価されており、「ウィリアム氏は今回獲得したBTCを使って、後に"複数台"のランボルギーニを購入することができるだろう」といった声も上がっています。

「高級スポーツカー」VS「未来のお金」

ウィリアムズ氏の今回のツイートには非常に多くのコメントが寄せられましたが、自分が保有しているビットコインを「ランボルギーニ」に交換したいと考えている人はあまりいないようで、提示された購入希望額は「1BTC〜10BTC」といった安値なものが目立っています。

ランボルギーニに一般的な価格は「数千万円」となっていますが、ビットコイン価格に関しても今後「数千万円」に達するという意見は数多く出ており、中には「1億円を超える」という予想も出ているため、どちらかというとビットコインを支持している人の方が多いようにも見られます。

車道を最速で走り抜けることができる「ランボルギーニ」と、形のないデジタル化された未来のお金「ビットコイン」あなたはどちらを選びますか?

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格|2019年1月9日

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、先月24日に「47万円」近くまで上昇した後にやや停滞していましたが、現在は再び回復し始めており2019年1月9日時点では「1BTC=445,464円」で取引されています。

2018年12月10日〜2019年1月9日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2018年12月10日〜2019年1月9日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)の購入は仮想通貨決済サービスも提供している仮想通貨取引所BITPointからどうぞ。

仮想通貨取引所BITPointの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインとイーサリアムは有価証券ではない|米国証券取引委員会(SEC)

ビットコインとイーサリアムは有価証券ではない|米国証券取引委員会(SEC)

保有資産「約7,000BTC」のビットコインクジラが語る、暗号市場と今後の展望

保有資産「約7,000BTC」のビットコインクジラが語る、暗号市場と今後の展望

米海軍がブロックチェーン技術の調査を開始 ー DARPAも関わる「SIMBA Chain」採用

米海軍がブロックチェーン技術の調査を開始 ー DARPAも関わる「SIMBA Chain」採用

オンライン旅行代理店「Travala.com」がリップル(XRP)決済に対応

オンライン旅行代理店「Travala.com」がリップル(XRP)決済に対応

ブロックチェーンベースの「土地管理システム」開発へ:メキシコ自治体

ブロックチェーンベースの「土地管理システム」開発へ:メキシコ自治体

Ripple社CEO:今後「600億XRP」をエコシステム全体に投資していく

Ripple社CEO:今後「600億XRP」をエコシステム全体に投資していく

注目度の高い仮想通貨ニュース

Bakkt:ビットコイン先物の「オプション取引」提供へ|サービス開始日も発表

Bakkt:ビットコイン先物の「オプション取引」提供へ|サービス開始日も発表

テックビューロ×岐阜大学:ブロックチェーンで「歯髄細胞の流通管理」共同研究を開始

テックビューロ×岐阜大学:ブロックチェーンで「歯髄細胞の流通管理」共同研究を開始

Web3.0とは?ブロックチェーン・仮想通貨がもたらす「次世代のインターネット」

Web3.0とは?ブロックチェーン・仮想通貨がもたらす「次世代のインターネット」

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月27日〜11月2日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月27日〜11月2日

FRB反対派のRon Paul元議員「初めてのビットコイン」を入手

FRB反対派のRon Paul元議員「初めてのビットコイン」を入手

デビットカードによる仮想通貨購入が可能に:Binance US

デビットカードによる仮想通貨購入が可能に:Binance US

カルダノ財団:詐欺の可能性がある「Cardano Gold」について注意喚起

カルダノ財団:詐欺の可能性がある「Cardano Gold」について注意喚起

テレグラム:TONブロックチェーン公開時期の「延期」を提案|投資家に署名求める

テレグラム:TONブロックチェーン公開時期の「延期」を提案|投資家に署名求める

管理されたステーブルコインは「証券法で規制すべき」米国議員が新たな法案を提出

管理されたステーブルコインは「証券法で規制すべき」米国議員が新たな法案を提出

日本政府:政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」と判断

日本政府:政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」と判断

BINANCE CEO:ビットコイン価格はもうすぐ「170万円」を超えると予想

BINANCE CEO:ビットコイン価格はもうすぐ「170万円」を超えると予想

ブロックチェーン・仮想通貨業界向けの「ライター育成コース」を発表:PoL

ブロックチェーン・仮想通貨業界向けの「ライター育成コース」を発表:PoL

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す