エストニアの仮想通貨取引所「OMGFIN」リップル(Ripple/XRP)の取り扱い開始

by BITTIMES   

エストニアを拠点とする仮想通貨取引所「OMGFIN」は、2019年3月26日にリップル(Ripple/XRP)の取り扱いを開始することを発表しました。同取引所では4種類の暗号資産とXRPを取引することができます。

こちらから読む:Huobi Globalの"XRP先物取引"近日開始「Ripple/XRP」関連ニュース

OMGFINとは?

OMGFIN

OMGFINとは、エストニアで正式にライセンスを受けた仮想通貨取引所です。同取引所は「キャッシュバックシステム」などを採用しています。

基軸通貨

基軸通貨は、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
テザー(Tether/USDT)
・ユーキッドコイン(Uquid Coin/UQC)
の4通貨となっています。

取り扱い通貨

取り扱い通貨としては、
トロン(Tron/TRX)
ネオ(Neo/NEO)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
・ビットトレントトークン(BitTorrentToken/BTT)
・オントロジー(Ontology/ONT)
・エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)
などをはじめとする複数の仮想通貨がリストされています。

リップル(Ripple/XRP)の取り扱い開始

「OMGFIN」は、2019年3月26日にリップル(Ripple/XRP)の取り扱いを開始したことを発表しました。XRPは同取引所の基軸通貨全てと取引することができます。

Ripple(XRP)が「OMGFIN」のBTC、ETH、UQC、USDT市場で取引できるようになりました。

XRPの取引では、最大30%のキャッシュバックを受けることができます。

エストニアは「仮想通貨先進国」としても知られており、仮想通貨決済の導入も進んでいます。世界中の様々な取引所に上場している「XRP」は今後も世界中で使用される人気の仮想通貨として幅広く活用されていくことになるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

トランプ前大統領「新たなNFTコレクションの販売」を計画NEW

トランプ前大統領「新たなNFTコレクションの販売」を計画

規制関連ニュースが「仮想通貨価格」に影響|国際決済銀行の研究者が論文で指摘

規制関連ニュースが「仮想通貨価格」に影響|国際決済銀行の研究者が論文で指摘

リップル(XRP)「約3,600万円相当」盗難事件 ー オーストラリアで女性逮捕

リップル(XRP)「約3,600万円相当」盗難事件 ー オーストラリアで女性逮捕

【Sorare】PSGムバッペ選手のNFTカード「約674万円」で落札|価格は100倍以上に

【Sorare】PSGムバッペ選手のNFTカード「約674万円」で落札|価格は100倍以上に

GMOコイン:暗号資産投資シミュレーション「もしもビットコイン」提供開始

GMOコイン:暗号資産投資シミュレーション「もしもビットコイン」提供開始

北米最大のシーフードメーカーがブロックチェーン導入「マグロの捕獲場所」などを公開

北米最大のシーフードメーカーがブロックチェーン導入「マグロの捕獲場所」などを公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説