リップル(XRP)基軸の取引所CoinField「130種類以上の通貨ペア」提供へ

by BITTIMES

リップル(Ripple/XRP)を基軸通貨として扱っているカナダの仮想通貨取引所CoinField(コインフィールド)は、XRPと交換可能な通貨として新しく130種類以上の暗号資産を追加することを発表しました。

こちらからから読む:XRPが世界175カ国の決済通貨に?「Ripple/XRP」関連ニュース

CoinField(コインフィールド)とは

CoinField

CoinField(コインフィールド)は、カナダに拠点を置き世界100カ国に向けてサービスを提供している仮想通貨取引所です。同取引所の公式サイトに記載されている「サービスを利用できる国」のリストには日本も含まれています。

基軸通貨は「リップル(XRP)」と「各国の法定通貨」

基軸通貨は、
・リップル(Ripple/XRP)
・USDコイン(USDC)
・米ドル(USD)
・カナダドル(CAD)
・ユーロ(EUR)
・ポンド(GBP)
・日本円(JPY)
・UAEディルハム (AED)
となっており、XRPの市場には特に多くの通貨ペアがリストされています。

交換可能な仮想通貨も豊富

交換可能な仮想通貨としては、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
ダッシュ(Dash/DASH)
ステラ(Steller/XLM)
ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
などといった、多くの仮想通貨がリストされています。

新たに「130種類以上」の仮想通貨を追加

「CoinField」は、2019年3月22日に「法定通貨とXRP」両方の通貨と交換可能な取引ペアとして、新たに130種類以上の仮想通貨を追加することを発表しました。

130種類以上の新しいコインがテストネットに正常に統合されました。法的評価とセキュリティの確認が完了したら、最終的に「CoinField」に追加されます。

当社はこれらの新しいコインを「法定通貨とXRP」両方の取引ペアとして提供します。

新たに追加される仮想通貨の種類に関しては、後日改めて発表されると伝えられています。

近年では「XRP」を基軸通貨として取り扱う仮想通貨取引所も増加してきましたが、その中でも「CoinField」は特に積極的なアプローチを取っています。130種類以上の通貨ペアが新たに追加されることによって、XRPの利便性はさらに高まり「CoinField」におけるXRPの流動性も大きく高まることになるでしょう。

2019年3月23日|リップル(Ripple/XRP)の価格

リップル(Ripple/XRP)の価格は、過去2ヶ月間に渡って35円前後での推移を続けており、2019年3月23日時点では「1XRP=34.49円」で取引されています。過去3ヶ月間の最安値は、1月29日に記録した約31円となっています。

2018年12月23日〜2019年3月23日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2018年12月23日〜2019年3月23日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)の購入はレバレッジ取引も提供している仮想通貨取引所Liquidからどうぞ。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Cardano(ADA)米国の仮想通貨取引所「Huobi.com」に上場|3銘柄との交換が可能に

Cardano(ADA)米国の仮想通貨取引所「Huobi.com」に上場|3銘柄との交換が可能に

フィスコ仮想通貨取引所:ハードフォークで生じたBSV「日本円」で付与へ

フィスコ仮想通貨取引所:ハードフォークで生じたBSV「日本円」で付与へ

暗号資産への投資、今後3年で「億万長者の68%」参入の可能性

暗号資産への投資、今後3年で「億万長者の68%」参入の可能性

スウェーデン大手銀行「xRapid」導入を示唆|リップル国際送金サービスの需要増加

スウェーデン大手銀行「xRapid」導入を示唆|リップル国際送金サービスの需要増加

【レジ係不要】カルダノ(ADA)用いた「セルフ決済システム」を開発:Quanterall

【レジ係不要】カルダノ(ADA)用いた「セルフ決済システム」を開発:Quanterall

仮想通貨下落の原因は「ホールドできない個人投資家」Ronnie Moas

仮想通貨下落の原因は「ホールドできない個人投資家」Ronnie Moas

注目度の高い仮想通貨ニュース

大手マーケットメーカーB2C2「米国企業とのXRP取引」を停止|リップル訴訟問題で

大手マーケットメーカーB2C2「米国企業とのXRP取引」を停止|リップル訴訟問題で

コインチェック:国内初「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」取り扱いへ

コインチェック:国内初「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」取り扱いへ

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

GMOコイン:スナップショットに伴う「NEM関連の一部サービス停止」を発表

GMOコイン:スナップショットに伴う「NEM関連の一部サービス停止」を発表

ビットポイント「ビットコインがもらえる!~取引でぬくぬく越冬キャンペーン」開始

ビットポイント「ビットコインがもらえる!~取引でぬくぬく越冬キャンペーン」開始

XRP保有者に対するSpark(FLR)付与「配布比率の詳細」を発表:Flare Networks

XRP保有者に対するSpark(FLR)付与「配布比率の詳細」を発表:Flare Networks

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「ファントークン5種類のバーン」実施へ

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「ファントークン5種類のバーン」実施へ

資産運用大手Grayscale:XRPを売却し「BTC・ETH・LTC」などに再投資

資産運用大手Grayscale:XRPを売却し「BTC・ETH・LTC」などに再投資

仮想通貨を「ギャンブル用口座」に送金する技術で特許取得:カジノ機器製造大手IGT

仮想通貨を「ギャンブル用口座」に送金する技術で特許取得:カジノ機器製造大手IGT

世界最大級のSNSトレードeToro「XRP取引サービスの一時停止」を発表

世界最大級のSNSトレードeToro「XRP取引サービスの一時停止」を発表

日本暗号資産市場:日本円デジタルコインの流通などに向け「約4,000万円」の資金調達

日本暗号資産市場:日本円デジタルコインの流通などに向け「約4,000万円」の資金調達

BINANCE:ビットコイン入金で「SegWit」に対応|送金時の注意点も

BINANCE:ビットコイン入金で「SegWit」に対応|送金時の注意点も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す