Coinbase:仮想通貨による「国際決済サービス」を開始|Ripple(XRP)なら手数料無料に

by BITTIMES   

アメリカの大手仮想通貨取引所「Coinbase(コインベース)」は、リップル(Ripple/XRP)とUSDコイン(USDCoin/USDC)を用いた国際決済サービスを開始したと伝えられています。このサービスでは、コインベースユーザー間で送金を行う場合には"手数料無料"とされており、世界100カ国向けに数秒〜数十秒で送金を完了することができると説明されています。

こちらから読む:Gmailでも送金できる!「Ripple/XRP」関連ニュース

Coinbaseユーザー間で「無料・迅速」な取引を

Coinbase(コインベース)が新たに開始したとされる国際決済サービスは、インド、メキシコ、フィリピンなどといった、Coinbaseのサービスを利用できる地域を対象に提供されており、コインベースユーザー間で取引を行う場合は手数料無料で送金することができると説明されています。

一部報道では「国際送金サービス・クロスボーダー送金サービス」とも報じられているものの、Coinbaseの公式サイトには『これは送金ではなく、受領後に現地通貨に変換される暗号通貨取引です』と記載されており、XRPの購入と販売にはコインベースの手数料がかかると説明されています。

暗号資産についての「教育」が主な目的

海外の仮想通貨メディア「The Block」の報道によると、Coinbaseの広報担当者はこのサービスが立ち上げられたのは今年の2月のことであり、「仮想通貨を用いた国際送金」などに関する教育を行うことが主な目的になっていると説明されています。

そのため、公式サイトには以下のように国際送金を行う手段として、
・銀行振込を用いた場合
・XRPを用いた場合
・USDCを用いた場合
の「送金時間/利用可能地域/手数料/金額の制限」を比較した内容が掲載されており、これら3つの送金手段の中でも特にXRPが最も優れていることが強調されています。

国境を超えた支払いを行う手段の比較(画像:Coinbase)国境を超えた支払いを行う手段の比較(画像:Coinbase

仮想通貨で「国際決済」を行う方法

これら2種類の仮想通貨を用いた送金を行う場合の手順としては、
①Coinbaseの口座を開設
②受取人が「XRP」または「USDC」を法定通貨に両替できることを確認
③「XRP」または「USDC」に資金を交換
④「XRP」または「USDC」のウォレットにアクセスして「送金」を選択
⑤送金額、送信先を指定
と説明されています。

記事執筆時点でCoinbaseのサービスは100カ国以上の国々から利用できるようになっていますが、日本向けのサービスは今のところ提供されていません。しかしCoinbaseは「2019年中には金融庁から仮想通貨交換業者としてのライセンスを取得できる」との自信を以前に示しているため、実際に仮想通貨交換業者としての許可を受けることができれば、将来的には日本でもこれらのサービスを利用できるようになるでしょう。

2019年4月2日|リップル(Ripple/XRP)の価格

リップル(Ripple/XRP)の価格は、本日2日の昼頃からその他多くの仮想通貨と同様に大幅に上昇しており、2019年4月2日時点では「1XRP=36.48円」で取引されています。

2019年3月26日〜2019年4月2日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2019年3月26日〜2019年4月2日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

現物イーサリアムETF、米国で承認される可能性は?専門家の見解まとめ

現物イーサリアムETF、米国で承認される可能性は?専門家の見解まとめ

David Schwartz「リップル(XRP)は完全に分権化されたデジタル通貨だ」

David Schwartz「リップル(XRP)は完全に分権化されたデジタル通貨だ」

確定申告の還付金「ビットコイン受け取り」が可能に|米BitPayが納税プロセス革新

確定申告の還付金「ビットコイン受け取り」が可能に|米BitPayが納税プロセス革新

共通仮想通貨で「米ドル依存」に対処|BRICS、新たな決済システムについて協議

共通仮想通貨で「米ドル依存」に対処|BRICS、新たな決済システムについて協議

ウクライナ大統領:仮想通貨関連法案「承認せず」規制機関設立の予算不足を理由に

ウクライナ大統領:仮想通貨関連法案「承認せず」規制機関設立の予算不足を理由に

ブロックチェーンベースの「医療情報共有プラットフォーム」開発へ|韓国・明知病院

ブロックチェーンベースの「医療情報共有プラットフォーム」開発へ|韓国・明知病院

注目度の高い仮想通貨ニュース

メタマスク「セキュリティアラート機能」提供開始|アプリ&拡張機能で利用可能

メタマスク「セキュリティアラート機能」提供開始|アプリ&拡張機能で利用可能

ビットコイン価格「8,000,000円」突破|マイクロストラテジーの買い増し報告も

ビットコイン価格「8,000,000円」突破|マイクロストラテジーの買い増し報告も

ソラナ関連銘柄が多数上場|仮想通貨取引所「Backpack Exchange」ベータ版公開

ソラナ関連銘柄が多数上場|仮想通貨取引所「Backpack Exchange」ベータ版公開

ビットバンク:国内2例目の上場「マスクネットワーク(MASK)」取り扱いへ

ビットバンク:国内2例目の上場「マスクネットワーク(MASK)」取り扱いへ

2024年、LinkedIn注目の仮想通貨プレセール「ミームネーター」

2024年、LinkedIn注目の仮想通貨プレセール「ミームネーター」

スイス大手銀行PostFinance「仮想通貨11銘柄の売買・保管サービス」提供開始

スイス大手銀行PostFinance「仮想通貨11銘柄の売買・保管サービス」提供開始

米国政府がシルクロード関連のBitcoin1億3000万ドルを売却へ、賢いトレーダーが下落相場で購入するミームコインとは?

米国政府がシルクロード関連のBitcoin1億3000万ドルを売却へ、賢いトレーダーが下落相場で購入するミームコインとは?

ビットボットがデビュー:セキュリティに問題を抱えるテレグラム取引ボットにもたらす影響

ビットボットがデビュー:セキュリティに問題を抱えるテレグラム取引ボットにもたらす影響

2024年:コインベースVS証券取引委員会の勝敗はビットボットなどのアルトコインを高値に押し上げる?

2024年:コインベースVS証券取引委員会の勝敗はビットボットなどのアルトコインを高値に押し上げる?

ポケモンGOのようなソラナ基盤ARゲーム「GG:Solana Hunger Games」が登場

ポケモンGOのようなソラナ基盤ARゲーム「GG:Solana Hunger Games」が登場

これからはビットコインの時代?「金からの移行が進行中」ARK CEO キャシー・ウッド氏

これからはビットコインの時代?「金からの移行が進行中」ARK CEO キャシー・ウッド氏

Poodl Inuの登場でミームコイン投資家が歓喜、大きなポテンシャルを秘めた新しいプロジェクトか?

Poodl Inuの登場でミームコイン投資家が歓喜、大きなポテンシャルを秘めた新しいプロジェクトか?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す