Coinbase:仮想通貨による「国際決済サービス」を開始|Ripple(XRP)なら手数料無料に

by BITTIMES

アメリカの大手仮想通貨取引所「Coinbase(コインベース)」は、リップル(Ripple/XRP)とUSDコイン(USDCoin/USDC)を用いた国際決済サービスを開始したと伝えられています。このサービスでは、コインベースユーザー間で送金を行う場合には"手数料無料"とされており、世界100カ国向けに数秒〜数十秒で送金を完了することができると説明されています。

こちらから読む:Gmailでも送金できる!「Ripple/XRP」関連ニュース

Coinbaseユーザー間で「無料・迅速」な取引を

Coinbase(コインベース)が新たに開始したとされる国際決済サービスは、インド、メキシコ、フィリピンなどといった、Coinbaseのサービスを利用できる地域を対象に提供されており、コインベースユーザー間で取引を行う場合は手数料無料で送金することができると説明されています。

一部報道では「国際送金サービス・クロスボーダー送金サービス」とも報じられているものの、Coinbaseの公式サイトには『これは送金ではなく、受領後に現地通貨に変換される暗号通貨取引です』と記載されており、XRPの購入と販売にはコインベースの手数料がかかると説明されています。

暗号資産についての「教育」が主な目的

海外の仮想通貨メディア「The Block」の報道によると、Coinbaseの広報担当者はこのサービスが立ち上げられたのは今年の2月のことであり、「仮想通貨を用いた国際送金」などに関する教育を行うことが主な目的になっていると説明されています。

そのため、公式サイトには以下のように国際送金を行う手段として、
・銀行振込を用いた場合
・XRPを用いた場合
・USDCを用いた場合
の「送金時間/利用可能地域/手数料/金額の制限」を比較した内容が掲載されており、これら3つの送金手段の中でも特にXRPが最も優れていることが強調されています。

国境を超えた支払いを行う手段の比較(画像:Coinbase)国境を超えた支払いを行う手段の比較(画像:Coinbase

仮想通貨で「国際決済」を行う方法

これら2種類の仮想通貨を用いた送金を行う場合の手順としては、
①Coinbaseの口座を開設
②受取人が「XRP」または「USDC」を法定通貨に両替できることを確認
③「XRP」または「USDC」に資金を交換
④「XRP」または「USDC」のウォレットにアクセスして「送金」を選択
⑤送金額、送信先を指定
と説明されています。

記事執筆時点でCoinbaseのサービスは100カ国以上の国々から利用できるようになっていますが、日本向けのサービスは今のところ提供されていません。しかしCoinbaseは「2019年中には金融庁から仮想通貨交換業者としてのライセンスを取得できる」との自信を以前に示しているため、実際に仮想通貨交換業者としての許可を受けることができれば、将来的には日本でもこれらのサービスを利用できるようになるでしょう。

2019年4月2日|リップル(Ripple/XRP)の価格

リップル(Ripple/XRP)の価格は、本日2日の昼頃からその他多くの仮想通貨と同様に大幅に上昇しており、2019年4月2日時点では「1XRP=36.48円」で取引されています。

2019年3月26日〜2019年4月2日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2019年3月26日〜2019年4月2日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)は仮想通貨取引所Liquidなどでも購入することができます。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

香港の分散型取引所「LocalCoinSwap」リップル(XRP)の取り扱い開始

香港の分散型取引所「LocalCoinSwap」リップル(XRP)の取り扱い開始

イーサリアム、今後5年で「仮想通貨の王」に ー 格付け機関Weiss Ratings予想

イーサリアム、今後5年で「仮想通貨の王」に ー 格付け機関Weiss Ratings予想

ストリートアートに「仮想通貨革命」のメッセージ|フランスで反ユーロの抗議活動続く

ストリートアートに「仮想通貨革命」のメッセージ|フランスで反ユーロの抗議活動続く

中国が規制した仮想通貨取引所を数ヶ月以内に運営再開か?

中国が規制した仮想通貨取引所を数ヶ月以内に運営再開か?

LedgerXを現物決済ビットコイン先物の「公認取引所」として認定:CFTC

LedgerXを現物決済ビットコイン先物の「公認取引所」として認定:CFTC

大麻ビジネス「納税問題」を仮想通貨で解決|カリフォルニア州議会議員が法案を提出

大麻ビジネス「納税問題」を仮想通貨で解決|カリフォルニア州議会議員が法案を提出

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨決済システムを「世界150カ国」に|主流のPOSレジに技術統合:PundiX(NPXS)

仮想通貨決済システムを「世界150カ国」に|主流のPOSレジに技術統合:PundiX(NPXS)

Braveブラウザ:新たに「仮想通貨7銘柄」対応か|ハードウェアウォレット統合の可能性も

Braveブラウザ:新たに「仮想通貨7銘柄」対応か|ハードウェアウォレット統合の可能性も

ビットコインは「唯一無二のヘッジ手段」金融市場のリスク対策に最適:Social Capital CEO

ビットコインは「唯一無二のヘッジ手段」金融市場のリスク対策に最適:Social Capital CEO

デジタルコンテンツに「ブロックチェーン証明書」を付与|エイベックス子会社が新技術開発

デジタルコンテンツに「ブロックチェーン証明書」を付与|エイベックス子会社が新技術開発

BINANCE:仮想通貨「先物取引プラットフォーム」公開へ|レバレッジ最大20倍

BINANCE:仮想通貨「先物取引プラットフォーム」公開へ|レバレッジ最大20倍

仮想通貨取引所ビットフライヤー「新規口座開設」受付再開へ|7月3日から

仮想通貨取引所ビットフライヤー「新規口座開設」受付再開へ|7月3日から

ブロックチェーンで「オンライン取引の信用性」を事前確認|富士通が新技術開発

ブロックチェーンで「オンライン取引の信用性」を事前確認|富士通が新技術開発

投資可能な株式リストに「Slack(スラック)」を追加:仮想通貨ウォレットアプリAbra

投資可能な株式リストに「Slack(スラック)」を追加:仮想通貨ウォレットアプリAbra

Cardano(ADA)決済導入に役立つ「請求URL・QRコード生成機能」追加:ヨロイウォレット

Cardano(ADA)決済導入に役立つ「請求URL・QRコード生成機能」追加:ヨロイウォレット

注目の「1万ドル」目前に迫る|ビットコイン価格、2019年最高値を更新

注目の「1万ドル」目前に迫る|ビットコイン価格、2019年最高値を更新

Amazonなどで使えるビットコイン決済アプリ「FOLD」Lightning Networkに対応

Amazonなどで使えるビットコイン決済アプリ「FOLD」Lightning Networkに対応

マイナンバーカード用いたブロックチェーン投票に「顔認証技術」統合:茨城県つくば市

マイナンバーカード用いたブロックチェーン投票に「顔認証技術」統合:茨城県つくば市

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す