Coinbase:日本での「ライセンス取得」に強気 ー 2019年には仮想通貨交換業者へ

by BITTIMES

仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)のMike Lempres(マイク・レンプレス)氏は、『日本での仮想通貨交換業のライセンスを2019年には間違いなく取得することができる』と語っており、同社の強固なセキュリティが重要な鍵として機能するとの考えを述べています。

こちらから読む:日本進出を計画する大手仮想通貨取引所「Coinbase」

Coinbaseのセキュリティは「世界一」

coinbase-pro

米国最大の仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)のチーフ・ポリシー・オフィサー(CPO)であるMike Lempres(マイク・レンプレス)氏は、「日経アジアレビュー」とのインタビューの中で日本での仮想通貨交換業のライセンス取得は2019年には間違いなく取得することができるという考えを語っています。

同士は日本の金融庁との話し合いが順調に進んでいると述べており、仮想通貨取引所のセキュリティを厳しく審査している日本政府の姿勢は、強固なセキュリティを備えている「Coinbase」にとって有利に働くと説明しています。

レンプレス氏は「Coinbase」が550人の従業員の内の数十人がセキュリティ面の仕事を担当していると述べており、資金の99%をコールドウォレットで保管しているだけでなく、ホットウォレットで管理されている残りの1%の資産に関しても保険をかけることによって保護されているため、Coinbaseのセキュリティの強さがライセンス取得の強みになると考えています。

先日「ICORating」が発表した世界各国の「仮想通貨取引所の安全性ランキング」では「Coinbase Pro」が堂々の1位を獲得しています。

日本進出に伴う「懸念点」

security-red

セキュリティ面に強い自信を語ったレンプレス氏は、1つ懸念点があることも語っており、金融庁が「Coinbase」のシステムを日本で管理するように求めてくるかどうかが問題であるとも述べています。

同氏は、もしも日本国内でシステムが管理されることになれば、金融庁は取引に関する監視体制を強めることができるものの、Coinbaseにとってはセキュリティリスクを生み出す可能性につながると説明しています。

私たちはストレージを保護するために構築されたあらゆるものを備えていますが、それは"アメリカ"での話です。私たちはハッキングの可能性を高めるようなことはしたくありません。アメリカでやっていることを日本やその他の国で同じように行うことは難しいでしょう。

仮想通貨取引所に求められる「安全性」

btcmerit

日本では、これまでにも複数の仮想通貨取引所がハッキングの被害を受けており、世界的にも大きなニュースとして取り上げられています。つい先日も仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)がハッキングの被害を受けているため、仮想通貨や仮想通貨取引所に対しても不安を抱く意見が増えてきています。

このような状況にも関わらずレンプレス氏は、日本の仮想通貨市場はそのようなネガティブな経験からも立ち直ることができるだけの弾力を持っていると述べた上で、日本は信頼できる取引所を求めているとの考えを次のように語っています。

日本は初期の頃から仮想通貨市場が活発であり、度重なる問題からも立て直しを図ってきた実績を持っています。このようなことから私たちは日本は、信頼できるサービスを提供する企業を求めていると考えています。

Coinbaseは今年の6月に日本市場への参入を計画していることを明かしており、三菱UFJフィナンシャル・グループとの連携を通じて本格的な準備を始めていることを発表しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨の新しい保管方法|NFCチップ

仮想通貨の新しい保管方法|NFCチップ

【重要】GMOコインを装った「詐欺サイト」に要注意|Google検索上で偽広告を表示

【重要】GMOコインを装った「詐欺サイト」に要注意|Google検索上で偽広告を表示

ビットコイン価格「1BTC=4億円」の可能性|将来的には今の1,000倍に:Tim Draper

ビットコイン価格「1BTC=4億円」の可能性|将来的には今の1,000倍に:Tim Draper

Watford FC:ビットコインロゴを「ユニフォーム」にプリント|大手ブックメーカーと提携

Watford FC:ビットコインロゴを「ユニフォーム」にプリント|大手ブックメーカーと提携

カルティエの親会社「Richemont」ブロックチェーンでダイヤを追跡

カルティエの親会社「Richemont」ブロックチェーンでダイヤを追跡

EUを業界リーダーへ「欧州ブロックチェーン協会」を設立|Ripple・CARDANOなど4企業

EUを業界リーダーへ「欧州ブロックチェーン協会」を設立|Ripple・CARDANOなど4企業

注目度の高い仮想通貨ニュース

「運転中の自動決済」をブロックチェーンで効率化|HONDAなど大手5社が実証実験

「運転中の自動決済」をブロックチェーンで効率化|HONDAなど大手5社が実証実験

Libraよりも「監視外の仮想通貨」を警戒している|スイス規制当局の責任者が発言

Libraよりも「監視外の仮想通貨」を警戒している|スイス規制当局の責任者が発言

警視庁:仮想通貨ビットコイン要求する「脅迫メール」に注意喚起

警視庁:仮想通貨ビットコイン要求する「脅迫メール」に注意喚起

違法行為に使用されるビットコインは「2%」=Elliptic調査

違法行為に使用されるビットコインは「2%」=Elliptic調査

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月22日〜28日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月22日〜28日

TRON(TRX)新たな「Proof of Stake/PoS」メカニズムの計画を発表

TRON(TRX)新たな「Proof of Stake/PoS」メカニズムの計画を発表

決済大手BitPay:2019年末までに「XRP」サポートへ|Ripple投資部門と提携

決済大手BitPay:2019年末までに「XRP」サポートへ|Ripple投資部門と提携

New Balance:カルダノブロックチェーン用いた「真贋判定システム」のテスト開始

New Balance:カルダノブロックチェーン用いた「真贋判定システム」のテスト開始

Cardano(ADA)が使えるコワーキングスペース「ToStart」を紹介【長崎県佐世保市】

Cardano(ADA)が使えるコワーキングスペース「ToStart」を紹介【長崎県佐世保市】

TelegramのGramに関する裁判「2020年」まで延期に

TelegramのGramに関する裁判「2020年」まで延期に

21世紀の効率的な仮想通貨投資ファンド「Quantum Hedge Fund(QHF)」

21世紀の効率的な仮想通貨投資ファンド「Quantum Hedge Fund(QHF)」

リヒテンシュタイン政府「ブロックチェーン法」を可決|トークンエコノミー促進へ

リヒテンシュタイン政府「ブロックチェーン法」を可決|トークンエコノミー促進へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す