フランス代表FW「Mbappe(ムバッペ)」選手がビットコインを要求|意味深ツイートの真相とは

by BITTIMES

フランスのサッカー界を代表する若き天才「Kylian Mbappe(キリアン・ムバッペ)氏」が先日、Twitter(ツイッター)上でフォロワーに対して「200ユーロ(約25,000円)に相当するビットコイン(Bitcoin/BTC)を送金するように」とツイートしたことが世界的に話題となりましたが、その後の報道で同氏のアカウントがハッキングを受けていたことが明らかになりました。仮想通貨市場の回復に伴い、詐欺師たちが再び活動を開始しているようです。

こちらから読む:違法サイトやアプリなど様々な手法に注意「詐欺」関連ニュース

神童「キリアン・ムバッペ選手」ハッキングの被害に

Mbappe

有名人のTwiterアカウントをハッキングし、フォロワーに対して仮想通貨の送金を求める詐欺師たちが再び活動を開始しています。新たな被害者となったのは、近年サッカー業界で話題となっているフランス代表のサッカー選手Kylian Mbappe(キリアン・ムバッペ)氏です。

フランス・パリに本拠地を置き「Socios.com(ソシオスドットコム)」のブロックチェーンプラットフォームにも参加しているサッカークラブ「パリ・サンジェルマンFC」に所属する、現在20歳のこのサッカー選手は「神童(しんどう)」と呼ばれるほどの才能を持つ期待の選手として注目を集めており、サッカー界のレジェンドLionel Messi(リオネル・メッシ)氏を超える"超新星"とも言われています。

世界的に注目を集めているムバッペ選手に目をつけた詐欺師は、先日同氏のTwitterアカウントをハッキングし、260万人以上のフォロワーに対して「私を応援したければ、200ユーロ(約25,000円)相当のビットコイン(BTC)をダイレクトメールで送金するように」とツイートしました。

Mbappe-tweet

200ユーロのビットコインで応援してくれませんか?ダイレクトメールで私にBTCを送金してください。ビットコインのみを受け付けます。

しかしほとんどのユーザーは「ムバッペ選手のアカウントがハッキングされた」ということに気付いていたようで、その後ムバッペ選手はすぐに自身のアカウントを復旧させ、投稿を取り下げることに成功しています。アカウントは早急に復旧されたものの、この詐欺師の餌食になったユーザーが存在するかどうかは今のところ不明となっています。

仮想通貨市場の回復に伴い「増加する詐欺師たち」

hacker

Twitter上では「有名人になりすまして仮想通貨の送金を求めるケース」や「アカウント乗っ取り後に仮想通貨の送金を求めるケース」などの詐欺行為が数年前から数多く報告されています。

昨年は「SpaceX」や「Tesla」のCEOとして知られる実業家のElon Musk(イーロン・マスク)氏などがターゲットにされており、その後はイーサリアム(Ethereum/ETH)の共同設立者であるVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏らが詐欺行為に対処するためにTwitterの名前に「Non-giver of Ether(イーサリアムの配布はしません)」という言葉を付け足しています。

このような対応が取られていることなどによって、以前に比べるとTwitter上で詐欺の被害に遭う人は減ってきたように感じられます。しかし、仮想通貨市場が再び盛り上がってきたことによって今後は再びこのような詐欺師が増加してくるとも予想されるため、今後は今回のようなケースだけでなく、新しい手法の詐欺が起こる可能性があることなども踏まえながら十分注意しておく必要があると言えるでしょう。

ビットコイン(BTC)などの購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イーサリアムクラシックのハードフォーク予定日迫る。カリストとは?

イーサリアムクラシックのハードフォーク予定日迫る。カリストとは?

ディズニー・Tronの商標問題は「誤解」Justin Sun氏が間違いについて説明

ディズニー・Tronの商標問題は「誤解」Justin Sun氏が間違いについて説明

ブロックチェーンを活用した「スマートポート計画」を発表 ー スペイン・バレンシア港

ブロックチェーンを活用した「スマートポート計画」を発表 ー スペイン・バレンシア港

SBI×Sygnum銀行「デジタル資産関連企業に投資するファンド」を共同設立

SBI×Sygnum銀行「デジタル資産関連企業に投資するファンド」を共同設立

コインベース:仮想通貨取引の利用可能地域「53カ国」に|中南米・東南アジアに拡大

コインベース:仮想通貨取引の利用可能地域「53カ国」に|中南米・東南アジアに拡大

仮想通貨への期待高まるイギリス|取引所に新たな通貨続々と

仮想通貨への期待高まるイギリス|取引所に新たな通貨続々と

注目度の高い仮想通貨ニュース

ルーマニアの公立大学「仮想通貨決済による入学金支払い」対応へ|EGLDをサポート

ルーマニアの公立大学「仮想通貨決済による入学金支払い」対応へ|EGLDをサポート

ブラジル証券取引委員会「2つの暗号資産ETF」を承認【南アメリカ初】

ブラジル証券取引委員会「2つの暗号資産ETF」を承認【南アメリカ初】

英大手銀行HSBC:ビットコイン投資を理由に「MicroStrategy株の購入」を禁止

英大手銀行HSBC:ビットコイン投資を理由に「MicroStrategy株の購入」を禁止

Visa:米ドルステーブルコイン「USDC」による決済機能導入へ

Visa:米ドルステーブルコイン「USDC」による決済機能導入へ

【Chiliz&Socios】マンチェスター・シティFCと提携「$CITYファントークン」発行へ

【Chiliz&Socios】マンチェスター・シティFCと提携「$CITYファントークン」発行へ

CoinBest(コインベスト)「iPhone版の暗号資産取引アプリ」提供開始

CoinBest(コインベスト)「iPhone版の暗号資産取引アプリ」提供開始

ビットポイント:トロン(TRX)取扱記念「年率100%!貸して増やすキャンペーン」開始

ビットポイント:トロン(TRX)取扱記念「年率100%!貸して増やすキャンペーン」開始

BITPointJapan:トロン(Tron/TRX)取扱い開始「4つの記念キャンペーン」も開催中

BITPointJapan:トロン(Tron/TRX)取扱い開始「4つの記念キャンペーン」も開催中

NFTを活用したいクリエイターを全面支援「NFT Infinity」開始:80&Company

NFTを活用したいクリエイターを全面支援「NFT Infinity」開始:80&Company

GMOインターネット「NFT市場」参入へ|アート・音楽作品の流通プラットフォームを構築

GMOインターネット「NFT市場」参入へ|アート・音楽作品の流通プラットフォームを構築

BITMAX:暗号資産購入金額に応じた「現金プレゼントキャンペーン」開始【最大10万円】

BITMAX:暗号資産購入金額に応じた「現金プレゼントキャンペーン」開始【最大10万円】

米SEC:暗号資産の証券登録に「3年間の猶予期間」与える提案の最新版を公開

米SEC:暗号資産の証券登録に「3年間の猶予期間」与える提案の最新版を公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す