サイバー攻撃倍増「ブロックチェーン・仮想通貨」などがターゲットに|警察庁2018年調査

by BITTIMES

警察庁は「2018年におけるサイバー空間をめぐる脅威の情勢」などについてまとめた調査レポートを公開しました。この報告書には、仮想通貨ブロックチェーンIoTデバイスなどをターゲットにしたアクセスが前年に比べて倍増していることが記されています。

こちらから読む:仮想通貨業界につきまとう「犯罪」関連ニュース

サイバー攻撃の被害額は「100倍」に増加

警察庁が公開した「平成30年におけるサイバー空間をめぐる脅威の情勢等について」では、インターネットとの接続点に設置したセンサーで検知したアクセス件数が、平成30年は「1日1IPアドレス当たり2,752.8件」と増加傾向にあることが示されており、仮想通貨などを標的としたアクセスが年間を通じて観測されたことが報告されています。

公開されたレポートでは「メールの送受信」や「ウェブサイトの閲覧」など一般に広く利用されているポート(1023以下のポート)に対するアクセス件数が平成28年以降は減少傾向に転じている中で、それ以外のポート(1024以上のポート)に対するアクセス数は増加傾向にあり、平成30年は前年の約2倍である「1702.8件」になったと発表されています。

警察庁「平成30年におけるサイバー空間をめぐる脅威の情勢等について」(出典:npa.go.jp)警察庁「平成30年におけるサイバー空間をめぐる脅威の情勢等について」(出典:npa.go.jp

このサイバー攻撃は多くが日本国外から行われており、日本で行われた比率は1.6%でした。
朝日新聞の報告によると、海外で行われた攻撃は、
ロシア(20.8%)
中国(14.1%)
アメリカ(12.6%)
オランダ(6%)
ウクライナ(5.1%)
の順番であるとされています。

平成30年、仮想通貨の不正送金による犯罪は169件検出されており前年の20倍です。このようなサイバー攻撃による被害額は約677億円となっており、前年の6億6,200万円と比較して100倍を超えています。

イーサリアム(ETH)・イオス(EOS)などが標的に

今回公開された報告書では、仮想通貨イーサリアム(ETH)のネットワークを標的としているとみられる宛先ポートの「8545/TCP」に対するアクセスなど、仮想通貨やマイニングのソフトウェアを標的とするアクセスを年間通じて観測したとも報告されています。

2018年1月以降はイーサリアムのマイニングソフト「クレイモア」を標的としたアクセスを、5月以降は仮想通貨イオス(EOS)を標的とした探索行為だとみられるアクセスの増加が観測されています。

また、2018年2月には「Android TV BOX」などの端末に感染し、使用者に知られずに仮想通貨モネロ(XMR)のマイニングを行う不正プログラム「ADB.Miner」のアクセスが3月下旬以降に増加していることも観測されています。

昨年は世界中の仮想通貨取引所から「サイバー攻撃」の被害報告が相次ぎ、大きな問題となりました。このような事件を受け、現在は多くの仮想通貨取引所やプラットフォームが「セキュリティの強化」などに取り組んでいますが、今後もサイバー犯罪は定期的に発生すると予想されます。仮想通貨を保有している方は、今後も自分自身でしっかりと資産管理を行うことが重要です。

仮想通貨をより安全に保管するためのハードウェアウォレットLedger NanoXの購入は以下の公式代理店からどうぞ。

Ledger NanoXの購入はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンが「保険業界」の未来を救う?技術活用が求められる理由と今後の課題

ブロックチェーンが「保険業界」の未来を救う?技術活用が求められる理由と今後の課題

NFL選手会:ブロックチェーンスタートアップ「Sports Castr」に投資

NFL選手会:ブロックチェーンスタートアップ「Sports Castr」に投資

日本銀行「中央銀行デジタル通貨の課題」などまとめたレポート公開|実証実験も視野に

日本銀行「中央銀行デジタル通貨の課題」などまとめたレポート公開|実証実験も視野に

Blockchainベースの取引アプリを発表し「リバプールFC」と提携|TigerWit

Blockchainベースの取引アプリを発表し「リバプールFC」と提携|TigerWit

SBI・三井住友「デジタル分野」で提携|ブロックチェーン投資の新ファンドでも協力

SBI・三井住友「デジタル分野」で提携|ブロックチェーン投資の新ファンドでも協力

ICOで独自の仮想通貨を発行するHIP-HOPアーティストとは?

ICOで独自の仮想通貨を発行するHIP-HOPアーティストとは?

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年6月14日〜20日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年6月14日〜20日

暗号資産取引所BITMAX「指定価格通知・ショートカット機能」を追加

暗号資産取引所BITMAX「指定価格通知・ショートカット機能」を追加

コイネージ(COINAGE)暗号資産交換業者のライセンス取得|登録企業は「合計24社」に

コイネージ(COINAGE)暗号資産交換業者のライセンス取得|登録企業は「合計24社」に

Ripple社CTO「私はサトシ・ナカモトではない」と説明|BTC売却しているとの発言も

Ripple社CTO「私はサトシ・ナカモトではない」と説明|BTC売却しているとの発言も

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ヴィッツ×ジャスミー「地域密着型MaaS」へのブロックチェーン技術活用で提携

ヴィッツ×ジャスミー「地域密着型MaaS」へのブロックチェーン技術活用で提携

SBI VCトレード×SBI FXトレード「暗号資産XRPがもらえる」コラボキャンペーン開催

SBI VCトレード×SBI FXトレード「暗号資産XRPがもらえる」コラボキャンペーン開催

BINANCE:コンパウンド(Compound/COMP)の「永久先物取引」提供へ

BINANCE:コンパウンド(Compound/COMP)の「永久先物取引」提供へ

ブロックチェーンゲームSGEM:新システム「1V1チャレンジ戦」を追加

ブロックチェーンゲームSGEM:新システム「1V1チャレンジ戦」を追加

BINANCE:VISAカード用いた暗号資産購入「世界180ヵ国以上」で利用可能に

BINANCE:VISAカード用いた暗号資産購入「世界180ヵ国以上」で利用可能に

BINANCE:オミセゴー(OmiseGO/OMG)の「永久先物取引」提供へ

BINANCE:オミセゴー(OmiseGO/OMG)の「永久先物取引」提供へ

ビットコインの「GiveAway詐欺」止まらず|数億円規模の被害報告も

ビットコインの「GiveAway詐欺」止まらず|数億円規模の被害報告も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す