ビットコインSV:スコットランドのサッカークラブ「Ayr United F.C.」とスポンサー契約

by BITTIMES

ビットコイン・サトシビジョン(Bitcoin SV/BSV)とスコットランドのサッカークラブ「Ayr United F.C.(エアー・ユナイテッドFC)」がスポンサー契約を結んだことが仮想通貨メディア「CoinGeek」の報道で明らかになりました。仮想通貨取引所からの上場廃止発表などで一時的に価格を大きく下げていたビットコインSVは、徐々に下落の勢いを弱めてきています。

こちらから読む:NIKE、独自の仮想通貨発行か?「スポーツ」関連ニュース

ビットコインSV「Ayr United F.C.」とスポンサー契約

スコットランドのサッカークラブである「Ayr United F.C.(エアー・ユナイテッドFC)」は最近、ビットコイン・サトシビジョン(Bitcoin SV/BSV)とのスポンサーシップを結んだと伝えられています。より正確に言えば、同チームはビットコインSVの支援者として知られるカナダ出身の実業家Calvin Ayre(カルヴィン・エアー)氏が所有している仮想通貨メディア「CoinGeek」との契約を結んだとのことです。

エアー・ユナイテッドFCは昨年4月に、ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)とのスポンサー契約を結んでいたため、最近行われたハードフォークなどの影響によって、ビットコインSVとのスポンサー契約を改めて結んだと予想されます。

ビットコイン・サトシビジョン(Bitcoin SV/BSV)は、最近の報道で多くの仮想通貨取引所で上場廃止が決定されたことでも話題となっていますが、エアー氏は特にビットコインSVを支持している人物としても知られています。

今回のスポンサー契約によって、エアー・ユナイテッドFCのユニフォームには「Bitcoin SV」のロゴマークがプリントされることになります。このパートナーシップに伴い、モデルでありダンサーでもあるCharis Lister氏と、男性モデルであるMikael Angesjo氏は、上半身にボディペイントを施して宣伝を行なっています。

Charis-Lister-Bitcoin-SV(画像:chroniclelive.co.uk)(画像:chroniclelive.co.uk

Charis Lister氏とMikael Angesjo氏に対する支払いは「ビットコインSV」で行われたと報じられています。

徐々に落ち着きを取り戻す「ビットコインSV」

Calvin Ayre氏は以前から、ビットコインSVは「世界で唯一の健全なお金」であると主張しており非常に強くBSVを支持していますが、現在は多くの専門家たちがBSVを率いるCraig Wright(クレイグン・ライト)氏に対して批判の声を浴びせており、取り扱いの中止を発表する仮想通貨取引所も増えてきています。

しかし、大手仮想通貨取引所の一つであるOKEx(オーケーイーエックス)はビットコインSVを引き続き取り扱うことを発表しているため、BSVは現在も取引所で交換可能な仮想通貨として存在しています。最近では「エアー氏」と「CoinGeek」の両方が機関投資家向けの仮想通貨取引所「DRIVE Markets」に数百万ドル(数億円)規模の資金を提供したとも報告されています。

上場廃止の騒動によってBSVの価格は一時的に大きく下落したものの、現在は下落の勢いも収まっているため、このような提携が今後も続けば再び価格が回復する可能性もあると考えられます。

2019年4月27日|ビットコインSV(BSV)の価格

ビットコインSV(BSV)の価格は、今月16日に6,000円まで下落して以降は横ばいの状態が続いており、2019年4月27日時点では「1BSV=5,997.58円」で取引されています。最近の最安値は先日26日に記録した「5,715円」となっています。

2019年3月28日〜2019年4月27日 BSVのチャート(引用:coingecko.com)2019年3月28日〜2019年4月27日 BSVのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

eToro:仮想通貨ウォレットをリリース|Fiat入金・決済機能なども追加予定

eToro:仮想通貨ウォレットをリリース|Fiat入金・決済機能なども追加予定

XRP・ADA流出事件続報:仮想通貨取引所「Bitrue」7月3日には入出金再開へ

XRP・ADA流出事件続報:仮想通貨取引所「Bitrue」7月3日には入出金再開へ

仮想通貨ATM市場:今後「150億円」を超える見込み|日米独の採用も影響か

仮想通貨ATM市場:今後「150億円」を超える見込み|日米独の採用も影響か

ビットコイン(BTC)でビジネススクールの授業料支払いが可能に:フランス

ビットコイン(BTC)でビジネススクールの授業料支払いが可能に:フランス

Bittrexが米国の制裁対象国の住民をブロック

Bittrexが米国の制裁対象国の住民をブロック

ビットコイン初の不動産投資プロジェクトがドバイでスタート

ビットコイン初の不動産投資プロジェクトがドバイでスタート

注目度の高い仮想通貨ニュース

Libra:法定通貨のステーブルコイン「複数発行」の可能性も

Libra:法定通貨のステーブルコイン「複数発行」の可能性も

New Balance:カルダノブロックチェーン用いた「真贋判定システム」のテスト開始

New Balance:カルダノブロックチェーン用いた「真贋判定システム」のテスト開始

ブロックチェーン用いたオンライン医療ソリューション「楽医」開発へ:テックビューロ

ブロックチェーン用いたオンライン医療ソリューション「楽医」開発へ:テックビューロ

Bakkt:仮想通貨カストディサービス「全ての機関向け」に提供開始

Bakkt:仮想通貨カストディサービス「全ての機関向け」に提供開始

宇宙ゴミ問題解決へ|イーサリアム基盤の衛星追跡アプリ「TruSat」を発表:ConsenSys

宇宙ゴミ問題解決へ|イーサリアム基盤の衛星追跡アプリ「TruSat」を発表:ConsenSys

日本銀行「デジタル通貨発行」の可能性は?黒田総裁がG20会議後に回答

日本銀行「デジタル通貨発行」の可能性は?黒田総裁がG20会議後に回答

BINANCE:仮想通貨市場構築に向け「ウクライナ政府」と協力|法定通貨UAHもサポート

BINANCE:仮想通貨市場構築に向け「ウクライナ政府」と協力|法定通貨UAHもサポート

カルダノ財団:決済ソリューション開発で「COTI」と提携|ADA Pay導入拡大へ

カルダノ財団:決済ソリューション開発で「COTI」と提携|ADA Pay導入拡大へ

カナダ大手銀行RBC:仮想通貨取引に関する「4件の特許」を申請

カナダ大手銀行RBC:仮想通貨取引に関する「4件の特許」を申請

仮想通貨の確定申告サポート「Guardian」プレゼント企画を開催:TAOTAO・DeCurret

仮想通貨の確定申告サポート「Guardian」プレゼント企画を開催:TAOTAO・DeCurret

ホタテ食品のトレーサビリティにブロックチェーン技術活用:Raw Seafoods

ホタテ食品のトレーサビリティにブロックチェーン技術活用:Raw Seafoods

多通貨決済対応の「ブロックチェーン国際送金システム」を開発:シンガポール中央銀行

多通貨決済対応の「ブロックチェーン国際送金システム」を開発:シンガポール中央銀行

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す