ビットコインSV:スコットランドのサッカークラブ「Ayr United F.C.」とスポンサー契約

by BITTIMES

ビットコイン・サトシビジョン(Bitcoin SV/BSV)とスコットランドのサッカークラブ「Ayr United F.C.(エアー・ユナイテッドFC)」がスポンサー契約を結んだことが仮想通貨メディア「CoinGeek」の報道で明らかになりました。仮想通貨取引所からの上場廃止発表などで一時的に価格を大きく下げていたビットコインSVは、徐々に下落の勢いを弱めてきています。

こちらから読む:NIKE、独自の仮想通貨発行か?「スポーツ」関連ニュース

ビットコインSV「Ayr United F.C.」とスポンサー契約

スコットランドのサッカークラブである「Ayr United F.C.(エアー・ユナイテッドFC)」は最近、ビットコイン・サトシビジョン(Bitcoin SV/BSV)とのスポンサーシップを結んだと伝えられています。より正確に言えば、同チームはビットコインSVの支援者として知られるカナダ出身の実業家Calvin Ayre(カルヴィン・エアー)氏が所有している仮想通貨メディア「CoinGeek」との契約を結んだとのことです。

エアー・ユナイテッドFCは昨年4月に、ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)とのスポンサー契約を結んでいたため、最近行われたハードフォークなどの影響によって、ビットコインSVとのスポンサー契約を改めて結んだと予想されます。

ビットコイン・サトシビジョン(Bitcoin SV/BSV)は、最近の報道で多くの仮想通貨取引所で上場廃止が決定されたことでも話題となっていますが、エアー氏は特にビットコインSVを支持している人物としても知られています。

今回のスポンサー契約によって、エアー・ユナイテッドFCのユニフォームには「Bitcoin SV」のロゴマークがプリントされることになります。このパートナーシップに伴い、モデルでありダンサーでもあるCharis Lister氏と、男性モデルであるMikael Angesjo氏は、上半身にボディペイントを施して宣伝を行なっています。

Charis-Lister-Bitcoin-SV(画像:chroniclelive.co.uk)(画像:chroniclelive.co.uk

Charis Lister氏とMikael Angesjo氏に対する支払いは「ビットコインSV」で行われたと報じられています。

徐々に落ち着きを取り戻す「ビットコインSV」

Calvin Ayre氏は以前から、ビットコインSVは「世界で唯一の健全なお金」であると主張しており非常に強くBSVを支持していますが、現在は多くの専門家たちがBSVを率いるCraig Wright(クレイグン・ライト)氏に対して批判の声を浴びせており、取り扱いの中止を発表する仮想通貨取引所も増えてきています。

しかし、大手仮想通貨取引所の一つであるOKEx(オーケーイーエックス)はビットコインSVを引き続き取り扱うことを発表しているため、BSVは現在も取引所で交換可能な仮想通貨として存在しています。最近では「エアー氏」と「CoinGeek」の両方が機関投資家向けの仮想通貨取引所「DRIVE Markets」に数百万ドル(数億円)規模の資金を提供したとも報告されています。

上場廃止の騒動によってBSVの価格は一時的に大きく下落したものの、現在は下落の勢いも収まっているため、このような提携が今後も続けば再び価格が回復する可能性もあると考えられます。

2019年4月27日|ビットコインSV(BSV)の価格

ビットコインSV(BSV)の価格は、今月16日に6,000円まで下落して以降は横ばいの状態が続いており、2019年4月27日時点では「1BSV=5,997.58円」で取引されています。最近の最安値は先日26日に記録した「5,715円」となっています。

2019年3月28日〜2019年4月27日 BSVのチャート(引用:coingecko.com)2019年3月28日〜2019年4月27日 BSVのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

リップルとライトコインが上場したフランスの取引所Bititとは?

リップルとライトコインが上場したフランスの取引所Bititとは?

Ethereum上のブロックチェーンドメイン「.crypto」登録受付開始:Unstoppable Domains

Ethereum上のブロックチェーンドメイン「.crypto」登録受付開始:Unstoppable Domains

BINANCE「USD建て仮想通貨取引所」の新設を示唆|ついにアメリカ進出か?

BINANCE「USD建て仮想通貨取引所」の新設を示唆|ついにアメリカ進出か?

お菓子グッズ製造大手「Topps」ブロックチェーントレーディングカード発行へ

お菓子グッズ製造大手「Topps」ブロックチェーントレーディングカード発行へ

Telegramでビットコインなどの「仮想通貨取引」が可能に|テスト版サービス公開

Telegramでビットコインなどの「仮想通貨取引」が可能に|テスト版サービス公開

【Cardano Africa 2021】Input Output「World Mobile Group」と提携

【Cardano Africa 2021】Input Output「World Mobile Group」と提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産取引所OKCoin「マルタ・オランダ・プエルトリコ」でもライセンス取得

暗号資産取引所OKCoin「マルタ・オランダ・プエルトリコ」でもライセンス取得

【歴史上初】アルゼンチン国内トップリーグ「Torneo Socios.com」に名称変更

【歴史上初】アルゼンチン国内トップリーグ「Torneo Socios.com」に名称変更

YELLtum:スポーツチームが発行主体の「ファントークン」販売開始|新機能も追加予定

YELLtum:スポーツチームが発行主体の「ファントークン」販売開始|新機能も追加予定

カルダノ(Cardano/ADA)で徳島県吉野川市に「スマートシティ」構築へ:Kittamu

カルダノ(Cardano/ADA)で徳島県吉野川市に「スマートシティ」構築へ:Kittamu

CoinTrade(コイントレード)PC版取引ツール提供開始|チャート分析・描画機能も

CoinTrade(コイントレード)PC版取引ツール提供開始|チャート分析・描画機能も

オーストラリア最大級の証券会社「暗号資産取引サービス」提供へ|最大10銘柄を取扱い

オーストラリア最大級の証券会社「暗号資産取引サービス」提供へ|最大10銘柄を取扱い

暗号資産デリバティブ取引所「Overbit」2021年7月ニュースレター

暗号資産デリバティブ取引所「Overbit」2021年7月ニュースレター

BINANCE:トラベルルール遵守体制強化に向け「CipherTraceのTraveler」導入

BINANCE:トラベルルール遵守体制強化に向け「CipherTraceのTraveler」導入

コイントレード×モッピー「XRP・LTC・BCHとモッピーポイントの交換サービス」開始

コイントレード×モッピー「XRP・LTC・BCHとモッピーポイントの交換サービス」開始

仮想通貨ATMの設置台数「24,000台」を突破|1年足らずで2倍以上に増加

仮想通貨ATMの設置台数「24,000台」を突破|1年足らずで2倍以上に増加

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年6月27日〜7月3日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年6月27日〜7月3日

ブラジル証券取引委員会:ラテンアメリカ初のイーサリアムETF「QETH11」を承認

ブラジル証券取引委員会:ラテンアメリカ初のイーサリアムETF「QETH11」を承認

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説NEW

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す