SBIバーチャル・カレンシーズ「BitcoinCash/BCH」取扱い廃止へ|BSV除外運動にも変化

by BITTIMES   

仮想通貨取引所「SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)」は、2019年4月16日にビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)の取扱いを廃止することを発表しました。廃止に関するスケジュールの詳細は今月下旬に改めて報告されることになっています。

こちらから読む:ディーカレットが現物取引を開始「日本」国内ニュース

ビットコインキャッシュ「取扱い廃止」の理由

SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)は、ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークが行われて以降は「顧客資産の安全性確保」などの面を考慮した上で「ユーザーとの取引に支障がないと同社が判断した時点から提供を開始する予定」だと説明しており、取り扱いを停止していました。

今回の発表では「BCHの取扱いを廃止する理由」として、
1.BCHの時価総額が大幅に減少したこと
2.51%攻撃を受ける可能性が高まり、安全性に疑義が生じていること
3.さらなるハードフォークで、価格下落の可能性も考えられること
の3点が挙げられています。

また、ビットコインキャッシュ(BCH)は「より顧客の便益を高める金融サービスを提供する」という同社グループの経営理念からは乖離した状況にあるとも指摘されており、投資家保護の観点からも「継続して取扱うべきではない」と判断したからだと説明されています。

「取扱い廃止・預かり分の返却」に関する今後の予定

取扱いの廃止予定日は「2019年6月下旬に予定している」とされており、4月下旬を目処に「ユーザーによるBCH売却」を通じた換金を開始、5月下旬を目処にユーザーが管理する同社指定のハードウェアウォレット「CoolXWallet」へのBCH出庫を開始すると説明されています。(具体的なスケジュールは4月下旬を目処に改めて報告)

なお、これらのサービス開始は「預かり分のBCH」に関するものであり、再開されるのも「売却取引・出庫のみ」となっています。最終的にはビットコインキャッシュの取扱いが終了することとなるため、「BCHの購入」や「BCHの入庫」は受け付けられていません。

また、取扱い廃止日までに「売却・出庫」が行われなかったBCHに関しては、同社が適正価格で売却うえで"日本円"で返金する予定だと説明されています。この詳細に関しても4月下旬に改めて報告されることになります。

さらに、ビットコインキャッシュのハードフォークの際に保有者が取得すべきであったビットコイン・サトシビジョン(BitcoinSV/BSV)も、これらのスケジュールに合わせて各ユーザーのBSVに相当する対価を"金銭"で交付するとされています。この詳細も4月下旬に発表されることになります。

OKExは「ビットコインSV」の取扱い継続

ビットコインキャッシュ(BCH)とビットコインSV(BSV)の間では現在新たな問題が発生しており、BINANCE(バイナンス)をはじめとする世界の主要な仮想通貨取引所は「ビットコインSV(BSV)の上場廃止」を発表しています。

一方、SBIホールディングスのCEOである北尾吉孝氏は、ビットコインSVを主導しているCraig Wright(クレイグ・ライト)氏とディナーを楽しむほど親しい関係であることを以前に自身のTwitter上で明かしているため、SBIバーチャル・カレンシーズにおける「BCHの取扱い廃止」は今回の騒動も影響していると考えられています。

先日の時点では、ビットコインSVに対する批判的な意見が目立っていたものの、大手仮想通貨取引所の1つである「OKEx(オーケーイーエックス)」は、BSVに対する厳密な評価を行なった上で「BSVは現在、当社のリスト解除基準を満たしていない」との見解を示しており、当分の間はBSVを上場廃止にする意図はないと発表しています。

2019年4月17日|ビットコインキャッシュ(BCH)の価格

ビットコインキャッシュ(BCH)の価格は、先日16日には一時的に36万円以上にまで回復したものの、その後は横ばいの状態が続いており、2019年4月17日時点では「1BCH=35,458円」で取引されています。

2019年3月18日〜2019年4月17日 BCHのチャート(引用:coingecko.com)2019年3月18日〜2019年4月17日 BCHのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ネム(NEM/XEM)上場!仮想通貨取引所「changehero」で取り扱い開始

ネム(NEM/XEM)上場!仮想通貨取引所「changehero」で取り扱い開始

Coinbaseが新しく仮想通貨決済サービスを発表

Coinbaseが新しく仮想通貨決済サービスを発表

仮想通貨ニュース週間まとめ|2月25日〜3月3日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2月25日〜3月3日

サイバー攻撃倍増「ブロックチェーン・仮想通貨」などがターゲットに|警察庁2018年調査

サイバー攻撃倍増「ブロックチェーン・仮想通貨」などがターゲットに|警察庁2018年調査

カルダノエイダ(Cardano/ADA)アカウント不要の取引所「Flyp.me」に上場

カルダノエイダ(Cardano/ADA)アカウント不要の取引所「Flyp.me」に上場

ナイジェリアの仮想通貨取引所「KuBitX」新プラットフォーム・ベータ版を公開

ナイジェリアの仮想通貨取引所「KuBitX」新プラットフォーム・ベータ版を公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン「1,000万円」までの道程|アナリストが語る、3つの重要ポイント

ビットコイン「1,000万円」までの道程|アナリストが語る、3つの重要ポイント

スティーブ・ウォズニアック:ブロックチェーン基盤の省エネ会社「Efforce」を共同設立

スティーブ・ウォズニアック:ブロックチェーン基盤の省エネ会社「Efforce」を共同設立

マクドナルド・ネスレなど3社、ブロックチェーンで「デジタル広告」効率化へ

マクドナルド・ネスレなど3社、ブロックチェーンで「デジタル広告」効率化へ

すごいぞバイナンスコイン!手数料「1.62円」でBNB1,300億円相当を送金

すごいぞバイナンスコイン!手数料「1.62円」でBNB1,300億円相当を送金

ビットコイン価格「130万円台」に突入|予想される今後の抵抗線は?

ビットコイン価格「130万円台」に突入|予想される今後の抵抗線は?

ビットポイント:仮想通貨流出に関する「記者会見」まとめ|本日15時から【随時更新】

ビットポイント:仮想通貨流出に関する「記者会見」まとめ|本日15時から【随時更新】

ハッキングで「XRP・ADA」5億円相当が流出:仮想通貨取引所Bitrue

ハッキングで「XRP・ADA」5億円相当が流出:仮想通貨取引所Bitrue

バックト:仮想通貨ウォレットアプリ「Bakkt Pay」開発で元Googleの重役を雇用

バックト:仮想通貨ウォレットアプリ「Bakkt Pay」開発で元Googleの重役を雇用

ビットコインは「唯一無二のヘッジ手段」金融市場のリスク対策に最適:Social Capital CEO

ビットコインは「唯一無二のヘッジ手段」金融市場のリスク対策に最適:Social Capital CEO

仮想通貨決済システムを「世界150カ国」に|主流のPOSレジに技術統合:PundiX(NPXS)

仮想通貨決済システムを「世界150カ国」に|主流のPOSレジに技術統合:PundiX(NPXS)

ブロックチェーンで「地下水管理」を効率化|IBMリサーチが干ばつ問題に対処

ブロックチェーンで「地下水管理」を効率化|IBMリサーチが干ばつ問題に対処

国際決済銀行:Libraなど大手IT企業の「金融進出に警鐘」急速な市場支配などを懸念

国際決済銀行:Libraなど大手IT企業の「金融進出に警鐘」急速な市場支配などを懸念

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す