イーサリアムブロックチェーン用いた「音楽レーベル」を設立:RAC×Goldroom

by BITTIMES

グラミー賞で「最優秀リミックス・レコーディング賞」を受賞した「RAC(アール・エー・シー)」ことAndre Allen Anjos(アンドレ・アレン・アンホス)氏は、2019年5月1日に「Goldroom(ゴールドルーム)」として知られるプロデューサー兼DJのJosh Legg(ジョシュ・レッグ)氏との提携を発表し、イーサリアム(Ethereum/ETH)ブロックチェーンを使って音楽やそれに関連する製品を配布する「Minerva Music(ミネルバ・ミュージック)」というレコードレーベルを立ち上げたことを発表しました。

こちらから読む:HIP-HOP界の新星が"Lightning決済"に対応「音楽」関連ニュース

Minerva Music(ミネルバ・ミュージック)とは

「Minerva Music(ミネルバ・ミュージック)」とは、「RAC(アール・エー・シー)」ことAndre Allen Anjos(アンドレ・アレン・アンホス)氏と「Goldroom(ゴールドルーム)」として知られるプロデューサー兼DJのJosh Legg(ジョシュ・レッグ)氏が2019年5月1日に発表したレコードレーベルです。

イーサリアム(ETH)のブロックチェーン技術を活用している「Minerva Music」は、アーティスト向けの収益管理プラットフォームである「Stem」や、イーサリアムを用いてアーティストとファンを直接繋ぐサービスを提供している「Ujo Music」とも提携を結んでいます。

「RAC」は2017年にリリースしたアルバム「EGO」を「Ujo Music」のプラットフォーム上でリリースしているため、その当時からイーサリアム決済でリスナーの人々に音楽を届けていました。

今回のパートナーシップについてレッグ氏は『これらのパートナーシップによって、10年前には不可能だった柔軟な方法で取引を行うことができる』と語っており、アンホス氏は「Minerva Music」の目標はアーティストができる限り合理的な方法で支払いを受けることができるようにすることだと説明しています。

私たちの目標は、アーティストがより高いレベルの自律性を与えることによって、伝統的な音楽業界から独立できるようにし、最終的には彼らが合理的な方法で支払いを受けることができるようにすることです。

アーティスト複数がすでに参加

「Minerva Music」は、すでに"ブロックチェーン技術を用いてアルバムをリリースしたい"と考えている複数のアーティストとの交渉を終えていると報じられています。

レーベルに参加するアーティストとしては現時点では、
・Metsā
・Chela
・Nolan Garrett
・NASAYA
などのアーティストが挙げられており、最初の曲は2019年5月8日にリリースされる予定だと伝えられています。

ブロックチェーンや仮想通貨を用いた音楽関連のプラットフォームはこれまでにも複数立ち上げられているため、今後はより多くのアーティストがこれらのプラットフォームに移行していく可能性もあると考えられます。

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Ripple社:CARDANO財団なども加盟する「ブロックチェーン国際標準化協会」に参加

Ripple社:CARDANO財団なども加盟する「ブロックチェーン国際標準化協会」に参加

XRP決済・送金などで使えるブラウザ拡張機能「Payburner」ベータ版公開

XRP決済・送金などで使えるブラウザ拡張機能「Payburner」ベータ版公開

SBIバーチャル・カレンシーズ「仮想通貨の送付サービス」開始|資産管理をより安全に

SBIバーチャル・カレンシーズ「仮想通貨の送付サービス」開始|資産管理をより安全に

AntPool:NBA「Houston Rockets」とスポンサー契約 ー 仮想通貨業界の発展を促進

AntPool:NBA「Houston Rockets」とスポンサー契約 ー 仮想通貨業界の発展を促進

世界のビットコインATM設置台数「6,000台」を突破|1日の平均導入数も倍増

世界のビットコインATM設置台数「6,000台」を突破|1日の平均導入数も倍増

暗号資産・デジタル資産の「明確な分類」求める:国際取引所連合(WFE)

暗号資産・デジタル資産の「明確な分類」求める:国際取引所連合(WFE)

注目度の高い仮想通貨ニュース

米金融大手State Street:暗号資産取引プラットフォーム「Pure Digital」に技術提供

米金融大手State Street:暗号資産取引プラットフォーム「Pure Digital」に技術提供

金融大手Fidelity:米SECに「ビットコインETF」を申請

金融大手Fidelity:米SECに「ビットコインETF」を申請

Morgan Stanley:韓国大手暗号資産取引所「Bithumb」買収に向けて交渉か=報道

Morgan Stanley:韓国大手暗号資産取引所「Bithumb」買収に向けて交渉か=報道

PLAYBOY(プレイボーイ)「Nifty Gateway」との提携を通じてNFT市場に参入

PLAYBOY(プレイボーイ)「Nifty Gateway」との提携を通じてNFT市場に参入

ビットバンク「ポストオンリー注文」提供開始|新コイン・新機能キャンペーンも開催

ビットバンク「ポストオンリー注文」提供開始|新コイン・新機能キャンペーンも開催

Galaxy Digital創設者「Cardano/ADA」に関心|今後の投資に期待する声も

Galaxy Digital創設者「Cardano/ADA」に関心|今後の投資に期待する声も

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」3月15日からサービス開始:株式会社マーキュリー

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」3月15日からサービス開始:株式会社マーキュリー

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体PFL「メインマッチ対戦カード」ファン投票で決定へ

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体PFL「メインマッチ対戦カード」ファン投票で決定へ

ブルームバーグターミナル「Cardano/ADA」の情報を追加

ブルームバーグターミナル「Cardano/ADA」の情報を追加

PlanB氏が語る「ビットコインの強気相場がまだ終わらない理由」

PlanB氏が語る「ビットコインの強気相場がまだ終わらない理由」

Overbitが仮想通貨及び従来市場のトレーダーを対象に、取引決定要因とパターンを調べる為のトレーダー調査を実施



Overbitが仮想通貨及び従来市場のトレーダーを対象に、取引決定要因とパターンを調べる為のトレーダー調査を実施



米大手銀行BNYメロン:暗号資産インフラプロバイダー「Fireblocks」に出資

米大手銀行BNYメロン:暗号資産インフラプロバイダー「Fireblocks」に出資

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す