ブロックチェーン・カードゲーム「Nifty Football」サッカー選手トークンをETHで取引

by BITTIMES

イギリスのマンチェスターに本社を構える「BlockRocket(ブロックロケット)」はイーサリアム(Ethereum/ETH)のブロックチェーン上で動作するデジタルトレーディングカードゲーム「Nifty Football(ニフティ・フットボール)」をリリースしました。このDAppsでは、サッカー選手がデザインされたカードを購入・収集して販売する事が出来ます。

こちらから読む:有名クラブのトークンがBINANCEで購入可能に「スポーツ」関連ニュース

デジタルトレーディングカードゲーム「Nifty Football」

Nifty-Football-logo

英マンチェスターのブロックチェーンスタートアップ企業「BlockRocket(ブロックロケット)」は、多国籍ビールを製造・販売する「Brew Dog(ブリュー・ドッグ)」と提携し、サッカー選手をモチーフにしたデジタルトレーディングカードゲーム「Nifty Football(ニフティ・フットボール)」をリリースしました。

イーサリアムのトークン規格「ERC-721」を採用

イーサリアム(Ethereum/ETH)のブロックチェーン技術をベースとしたDAppsゲームである「Nifty Football」には、猫のキャラクターを育成・取引できる人気のゲーム「Cryptokitties」でも採用されているトークン規格ERC-721が使われています。これはNFT(Non-Funglible-Token)と呼ばれる"それぞれが独自の価値を持っている代替できないトークン"です。

そのためカードの1枚1枚が"異なる特徴を持つトークン"となっており、それらのトークン(カード)は「プレイヤーの国籍/ユニフォーム/サッカーシューズ/スキル」などといった特徴やレア度を持っています。

カードのデザインは「有名アーティスト」が担当

カードのサッカープレイヤーには6つの国籍、30の標準装備、26のカラーがあり、これらのユニークなカードは全てマンチェスターの有名アーティストであるStanley Chow(スタンリー・チョー)氏がデザインを担当しています。

(画像:niftyfootball)(画像:niftyfootball)

取引プラットフォーム「OpenSea」でオークションもできる

現在レギュラーとエリートの2種類のパックがすでにETHで購入ができますが、最初の1000枚はレア度の高い「ジェネシス・カード」と呼ばれ今後、2度と現われないステータスも含まれています。

なお、DAppやブロックチェーンゲームの取引プラットフォーム「OpenSea」を使って、ユーザー同士によるトレーディングカードのオークション取引も可能となっています。また今後数か月で様々なゲーム機能を新たに追加する予定だと発表しています。

今回新たにリリースされた「Nifty Football」に関する詳しい情報は以下の公式サイトからどうぞ。
>>「Nifty Football」の公式サイトはこちら

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ|12月23日〜12月29日

仮想通貨ニュース週間まとめ|12月23日〜12月29日

ブロックチェーン基盤の「モバイルID認証システム」開発へ|韓国の大手企業が協力

ブロックチェーン基盤の「モバイルID認証システム」開発へ|韓国の大手企業が協力

LayerX「つくばスマートシティ協議会」に加入|ブロックチェーン投票などで技術提供

LayerX「つくばスマートシティ協議会」に加入|ブロックチェーン投票などで技術提供

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年11月10日〜16日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年11月10日〜16日

Anique(アニーク)とは?ブロックチェーンで人気アニメの「アートワーク所有権」取引

Anique(アニーク)とは?ブロックチェーンで人気アニメの「アートワーク所有権」取引

イーサリアム、今後5年で「仮想通貨の王」に ー 格付け機関Weiss Ratings予想

イーサリアム、今後5年で「仮想通貨の王」に ー 格付け機関Weiss Ratings予想

注目度の高い仮想通貨ニュース

マウントゴックス債権者「最大90%のビットコイン返還要求」が可能に=Bloomberg

マウントゴックス債権者「最大90%のビットコイン返還要求」が可能に=Bloomberg

ビットコイン関連のツイート数「過去最高値」を更新|Googleでの検索量も増加傾向

ビットコイン関連のツイート数「過去最高値」を更新|Googleでの検索量も増加傾向

NEM新ブロックチェーンSymbolの公開日「2021年2月」に延期|XEM価格は下落

NEM新ブロックチェーンSymbolの公開日「2021年2月」に延期|XEM価格は下落

ビットコインのサイドチェーンプロジェクト「RSK(RIF)」がバイナンスに上場|数百万ユーザーがビットコインに基づくDeFiエコシステムへアクセス可能に

ビットコインのサイドチェーンプロジェクト「RSK(RIF)」がバイナンスに上場|数百万ユーザーがビットコインに基づくDeFiエコシステムへアクセス可能に

世界最大級のSNSトレードeToro「XRP取引サービスの一時停止」を発表

世界最大級のSNSトレードeToro「XRP取引サービスの一時停止」を発表

日本暗号資産市場:日本円デジタルコインの流通などに向け「約4,000万円」の資金調達

日本暗号資産市場:日本円デジタルコインの流通などに向け「約4,000万円」の資金調達

Sociosアプリ「Token Hunt Explosion」開催|大量のファントークン・CHZを無料配布

Sociosアプリ「Token Hunt Explosion」開催|大量のファントークン・CHZを無料配布

マイニング最大手ビットメインの社内闘争「Jihan Wu氏の辞任」で最終決着

マイニング最大手ビットメインの社内闘争「Jihan Wu氏の辞任」で最終決着

ビットバンク「クアンタム(QTUM)」取扱いへ|取引可能な暗号資産は合計8銘柄に

ビットバンク「クアンタム(QTUM)」取扱いへ|取引可能な暗号資産は合計8銘柄に

仮想通貨・ブロックチェーンの「韓流ドラマ」2021年公開へ:K-Play Contents

仮想通貨・ブロックチェーンの「韓流ドラマ」2021年公開へ:K-Play Contents

仮想通貨の収支計算代行料「1万円割引キャンペーン」開催:CryptoLinC × DeCurret

仮想通貨の収支計算代行料「1万円割引キャンペーン」開催:CryptoLinC × DeCurret

SBIホールディングス「米SECによるRipple社への訴訟提起」ついてコメント

SBIホールディングス「米SECによるRipple社への訴訟提起」ついてコメント

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す