レアルマドリード:ブロックチェーン基盤のグッズ交換アプリ「Fantastec SWAP」に参加

by BITTIMES

スペインの有名なサッカークラブである「Real Madrid(レアル・マドリード)」は、ブロックチェーン技術を用いたデジタルフットボールグッズのコレクションアプリである「Fantastec SWAP(ファンタステック・スワップ)」に参加しました。これにより、レアル・マドリードのファンの人々はBlockchain上で保護された「選手のサイン」や「独占動画」などを収集・交換することが可能になります。

こちらから読む:ファン交流やグッズ販売・ゲームアプリなど「サッカー」関連ニュース

Fantastec SWAP(ファンタステック・スワップ)とは

Fantastec SWAP(ファンタスティック・スワップ)とは、イギリスを拠点とするFantastec社が運営しているデジタルサッカーグッズのコレクションアプリです。公式サイトの情報によると、このアプリはブロックチェーンの分野では最初に正式なライセンスを受けたサッカーグッズのコレクションアプリだとされています。

iOS・Android端末向けにリリースされているこのアプリは、
・ソーシャルネットワーキング
・トレーディンググッズ
・プレイヤーの統計データ
・限定コンテンツ
・本物のサイン
といった様々なサービスを提供しています。

アプリ上で受け取ることができるこれらのデジタルグッズの情報はブロックチェーン上に記録されるため、グッズの所有者は自分が持つ各グッズが本物であることを証明することができます。

レアル・マドリードとの提携で3チーム目

Real-Madrid

Fantastec SWAPは、ドイツのサッカークラブである「Borussia Dortmund(ボルシア・ドルトムント)」や、イングランドのサッカークラブ「Arsenal(アーセナル)」とも契約を結んでいるため、Real Madrid(レアル・マドリード)は3チーム目の提携先ということになります。

Real Madrid(レアル・マドリード)は、スペインのマドリードをホームタウンとするサッカークラブであり、スペイン国内のプロサッカーリーグであるリーガ・エスパニョーラのプリメーラ・ディビシオンに所属しています。

同リーグで33回の最多優勝記録を持っているレアル・マドリードは「UEFAチャンピオンズカップ」および「UEFAチャンピオンズリーグ」において歴代最多となる計13回の欧州制覇を成し遂げ、さらには「ラ・ペケーニャ・コパ・デル・ムンド」や「インターコンチネンタルカップ」および「FIFAクラブワールドカップ」においても歴代最多となる合計9回の世界一を達成している有名なサッカークラブでもあります。

「選手のサイン」や「独占動画」の収集・交換が可能に

今回の提携によって、レアル・マドリードのファンの人々は「Fantastec SWAP」のプラットフォーム上で選手たちのサインや独占動画コンテンツなどを収集したり交換したりできるようになります。これらのデジタルグッズは「価値のあるデータ」としてブロックチェーン上に記録されるため、偽造品などに騙される心配もありません。

Fantastecの製品開発パートナーであるSimon Woolard氏は、同社が着実に成長を続けているということを次のように語っています。

Fantastecのメンバーは非常に野心的であり「今後数年間でスポーツやファンコミュニティがどのように進化していくのか」という明確なビジョンを持っています。私たちが提供するそれぞれの製品は、ファンの行動や欲求について深く学ぶのに役立ちます。

同社は素晴らしいコネクションと幅広い経験を有しているため、世界中のクラブや団体としっかりとした関係を構築し続けています。

スポーツ業界では、ブロックチェーン技術を用いてグッズを管理したり、ファンとチームの交流を深める動きが強まってきています。世界的に有名なサッカークラブであるレアル・マドリードが新たに「Fantastec SWAP」のプラットフォームに参加したことによって、このようなプロジェクトに参加するチームはさらに増えていくことになるでしょう。

>>「Fantastec SWAP」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【仮想通貨ユーザー要注意】Androidに「深刻な脆弱性」見つかる|データ漏洩の可能性も

【仮想通貨ユーザー要注意】Androidに「深刻な脆弱性」見つかる|データ漏洩の可能性も

フランスのDomino's Pizza:ビットコイン「1,000万円相当」が当たるキャンペーン開催

フランスのDomino's Pizza:ビットコイン「1,000万円相当」が当たるキャンペーン開催

イーサリアムブロックチェーン用いた「音楽レーベル」を設立:RAC×Goldroom

イーサリアムブロックチェーン用いた「音楽レーベル」を設立:RAC×Goldroom

オマーン大手銀行:RippleNetを活用してインドへ「国際送金サービス」開始|BankDhofar

オマーン大手銀行:RippleNetを活用してインドへ「国際送金サービス」開始|BankDhofar

BitfuryがSegWitブロックのマイニングをスタートさせる

BitfuryがSegWitブロックのマイニングをスタートさせる

あなたのアルトコインは大丈夫?開発の進捗が見られない「デッド通貨」1,240銘柄公開

あなたのアルトコインは大丈夫?開発の進捗が見られない「デッド通貨」1,240銘柄公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

三菱UFJ銀行:ブロックチェーン貿易金融基盤で「信用状発行」を効率化

三菱UFJ銀行:ブロックチェーン貿易金融基盤で「信用状発行」を効率化

カナダの仮想通貨ATM「ステーブルコイン7種類」に対応

カナダの仮想通貨ATM「ステーブルコイン7種類」に対応

トランプ大統領「イランミサイル攻撃」で声明|ビットコイン価格への影響は?

トランプ大統領「イランミサイル攻撃」で声明|ビットコイン価格への影響は?

Bakkt:デジタル証券対応の「フィンテックアプリ」2020年公開か

Bakkt:デジタル証券対応の「フィンテックアプリ」2020年公開か

BINANCE:仮想通貨販売所で「日本円」をサポート

BINANCE:仮想通貨販売所で「日本円」をサポート

Coinbaseで「最も購入の割合が多い」仮想通貨は?保有期間ランキングも

Coinbaseで「最も購入の割合が多い」仮想通貨は?保有期間ランキングも

【楽天ペイ】牛丼チェーン「吉野家」全1,179店舗に対応

【楽天ペイ】牛丼チェーン「吉野家」全1,179店舗に対応

【2020年〜2030年】仮想通貨市場は今後どうなる?Coinbase CEOが予想

【2020年〜2030年】仮想通貨市場は今後どうなる?Coinbase CEOが予想

【イーサリアム2.0】2020年内の「フェーズ1実装完了」を予想:ConsenSys共同創設者

【イーサリアム2.0】2020年内の「フェーズ1実装完了」を予想:ConsenSys共同創設者

2020年代は「イーサリアム価格上昇」が続く?BTCとETHの興味深い共通点

2020年代は「イーサリアム価格上昇」が続く?BTCとETHの興味深い共通点

日本版Libra発行に向け「ステーブルコイン部会」を新設:ブロックチェーン推進協会

日本版Libra発行に向け「ステーブルコイン部会」を新設:ブロックチェーン推進協会

イスラエルのブロックチェーン・仮想通貨関連企業「過去2年で約3倍」に増加

イスラエルのブロックチェーン・仮想通貨関連企業「過去2年で約3倍」に増加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す