レアルマドリード:ブロックチェーン基盤のグッズ交換アプリ「Fantastec SWAP」に参加

by BITTIMES

スペインの有名なサッカークラブである「Real Madrid(レアル・マドリード)」は、ブロックチェーン技術を用いたデジタルフットボールグッズのコレクションアプリである「Fantastec SWAP(ファンタステック・スワップ)」に参加しました。これにより、レアル・マドリードのファンの人々はBlockchain上で保護された「選手のサイン」や「独占動画」などを収集・交換することが可能になります。

こちらから読む:ファン交流やグッズ販売・ゲームアプリなど「サッカー」関連ニュース

Fantastec SWAP(ファンタステック・スワップ)とは

Fantastec SWAP(ファンタスティック・スワップ)とは、イギリスを拠点とするFantastec社が運営しているデジタルサッカーグッズのコレクションアプリです。公式サイトの情報によると、このアプリはブロックチェーンの分野では最初に正式なライセンスを受けたサッカーグッズのコレクションアプリだとされています。

iOS・Android端末向けにリリースされているこのアプリは、
・ソーシャルネットワーキング
・トレーディンググッズ
・プレイヤーの統計データ
・限定コンテンツ
・本物のサイン
といった様々なサービスを提供しています。

アプリ上で受け取ることができるこれらのデジタルグッズの情報はブロックチェーン上に記録されるため、グッズの所有者は自分が持つ各グッズが本物であることを証明することができます。

レアル・マドリードとの提携で3チーム目

Real-Madrid

Fantastec SWAPは、ドイツのサッカークラブである「Borussia Dortmund(ボルシア・ドルトムント)」や、イングランドのサッカークラブ「Arsenal(アーセナル)」とも契約を結んでいるため、Real Madrid(レアル・マドリード)は3チーム目の提携先ということになります。

Real Madrid(レアル・マドリード)は、スペインのマドリードをホームタウンとするサッカークラブであり、スペイン国内のプロサッカーリーグであるリーガ・エスパニョーラのプリメーラ・ディビシオンに所属しています。

同リーグで33回の最多優勝記録を持っているレアル・マドリードは「UEFAチャンピオンズカップ」および「UEFAチャンピオンズリーグ」において歴代最多となる計13回の欧州制覇を成し遂げ、さらには「ラ・ペケーニャ・コパ・デル・ムンド」や「インターコンチネンタルカップ」および「FIFAクラブワールドカップ」においても歴代最多となる合計9回の世界一を達成している有名なサッカークラブでもあります。

「選手のサイン」や「独占動画」の収集・交換が可能に

今回の提携によって、レアル・マドリードのファンの人々は「Fantastec SWAP」のプラットフォーム上で選手たちのサインや独占動画コンテンツなどを収集したり交換したりできるようになります。これらのデジタルグッズは「価値のあるデータ」としてブロックチェーン上に記録されるため、偽造品などに騙される心配もありません。

Fantastecの製品開発パートナーであるSimon Woolard氏は、同社が着実に成長を続けているということを次のように語っています。

Fantastecのメンバーは非常に野心的であり「今後数年間でスポーツやファンコミュニティがどのように進化していくのか」という明確なビジョンを持っています。私たちが提供するそれぞれの製品は、ファンの行動や欲求について深く学ぶのに役立ちます。

同社は素晴らしいコネクションと幅広い経験を有しているため、世界中のクラブや団体としっかりとした関係を構築し続けています。

スポーツ業界では、ブロックチェーン技術を用いてグッズを管理したり、ファンとチームの交流を深める動きが強まってきています。世界的に有名なサッカークラブであるレアル・マドリードが新たに「Fantastec SWAP」のプラットフォームに参加したことによって、このようなプロジェクトに参加するチームはさらに増えていくことになるでしょう。

>>「Fantastec SWAP」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE CEO:Ripple社との提携「将来的には必ず実現したい」xRapid導入に関心

BINANCE CEO:Ripple社との提携「将来的には必ず実現したい」xRapid導入に関心

牛乳・乳製品の「生産・流通情報」をブロックチェーン管理|フランス小売大手Carrefour

牛乳・乳製品の「生産・流通情報」をブロックチェーン管理|フランス小売大手Carrefour

米国家安全保障局がビットコインのブロックチェーンを監視?

米国家安全保障局がビットコインのブロックチェーンを監視?

音楽ストリーミングで「ビットコイン報酬」が貰える|FEEDBANDS(フィードバンド)

音楽ストリーミングで「ビットコイン報酬」が貰える|FEEDBANDS(フィードバンド)

仮想通貨はお金の「自然な進化過程」にすぎない ー ConsenSys創設者ジョセフ・ルービン

仮想通貨はお金の「自然な進化過程」にすぎない ー ConsenSys創設者ジョセフ・ルービン

Twitter CEO:ビットコイン保管用にハードウェアウォレット「Trezor」を選択

Twitter CEO:ビットコイン保管用にハードウェアウォレット「Trezor」を選択

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE:証拠金取引に「Cardano/ADA」を追加|2種類の通貨ペアを提供

BINANCE:証拠金取引に「Cardano/ADA」を追加|2種類の通貨ペアを提供

仮想通貨Libraの発行「延期・中止」の可能性も|Facebookの提出書類で判明

仮想通貨Libraの発行「延期・中止」の可能性も|Facebookの提出書類で判明

Bitcoin.com:新たな「仮想通貨取引所」を発表|ロジャー・バー氏はCEOから会長に

Bitcoin.com:新たな「仮想通貨取引所」を発表|ロジャー・バー氏はCEOから会長に

「我々は顧客データを収集しない」FATF、仮想通貨版SWIFTの一部報道を否定

「我々は顧客データを収集しない」FATF、仮想通貨版SWIFTの一部報道を否定

BINANCE US:上場予定の仮想通貨「30銘柄」を公開|ADA・XRPなども検討

BINANCE US:上場予定の仮想通貨「30銘柄」を公開|ADA・XRPなども検討

リップル(XRP)活用したブラウザアプリが「App Store」に登場|日本でも利用可能

リップル(XRP)活用したブラウザアプリが「App Store」に登場|日本でも利用可能

チリーズ(CHZ)イタリアのサッカークラブ「AS Roma」と提携|仮想通貨発行を支援

チリーズ(CHZ)イタリアのサッカークラブ「AS Roma」と提携|仮想通貨発行を支援

PundiX(NPXS)の仮想通貨決済アプリが「Samsung Galaxy S10」で利用可能に

PundiX(NPXS)の仮想通貨決済アプリが「Samsung Galaxy S10」で利用可能に

ワクチン輸送を「ブロックチェーン・IoT」で安全に|偽造品問題などにも対処:StaTwig

ワクチン輸送を「ブロックチェーン・IoT」で安全に|偽造品問題などにも対処:StaTwig

アンケート回答者に「ビットコイン報酬」Lightning Network用いた実験開始:HashHub×マクロミル

アンケート回答者に「ビットコイン報酬」Lightning Network用いた実験開始:HashHub×マクロミル

米国初の「ビットコイン現物先物」提供開始:LedgerX

米国初の「ビットコイン現物先物」提供開始:LedgerX

Trezor(トレザー)の使い方「初期設定〜バックアップの作成方法まで」画像付きで解説

Trezor(トレザー)の使い方「初期設定〜バックアップの作成方法まで」画像付きで解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す