音楽配信サービスに「ブロックチェーン・NFT」活用|BlockBaseがネットレーベルと協力

by BITTIMES

ブロックチェーン技術を導入するための支援や製品開発を行っている「株式会社BlockBase」は、日本を代表するネット音楽レーベル「Maltine Records(マルチネ・レコーズ)」や、Non-Fungible Token(NFT)のマッチングプラットフォーム「bazaaar」などと協力してNFTを活用した音楽配信の実証実験を行います。

こちらから読む:SONYやavexもブロックチェーン活用「音楽」関連ニュース

音楽ファイルの「原盤権・著作権の一部」をトークンで配信

今回発表された実証実験は「BlockBase」と「Maltine Records」に加え、ギーク×ナード集団「コバルト爆弾αΩ」とのこれボレーションによって行われると報じられており、インターネット上で無償配布される予定となっている「MP3音源ファイルに関するレコード製作者の権利(原盤権)」の一部をトークン化して配信するものだと説明されています。

「原盤権の一部」とは、複製権・譲渡権を指しており、これらの権利を使用することによって権利保有者はマスタリング済みの音源パッケージ(原盤)を使って新しい音源(CD/レコード)をリリースすることができるようになります。この「原盤権」は通常レコード会社が所有していますが、今回の実証実験では4つのMP3ファイル1つ1つを原盤として捉え、ブロックチェーン技術を使用することによって権利関係を明示したトークンとします。

またこの他にも、著作者の権利の一部である「翻案権・演奏権」がトークンの保有者に無条件で与えられることもトークン内に明記されているため、トークン保有者は著作者や管理団体にその都度"使用許諾"を得ることなく、それらの権利を行使することができます。これら複数の権利がトークンとして与えられることによって、トークン保有者は「原盤権の複製権・譲渡権」と「著作権の翻案権・演奏権」を使用することができるようになり「MP3音源のコピー・配布・リミックス・カバー演奏」をレコード制作者や著作者にその都度許可を得ることなく自由に行えるとされています。

従来の音楽配信サービスなどでは、デジタル著作権管理(DRM)と呼ばれる技術・管理方法が使用されているのが一般的であり、これによって音楽ファイルなどが無制限に利用できる状態を回避しようとされてきました。今回の実証実験は、利便性や複製禁止などの実効性を考慮すると「視聴する権利を販売する」という方法は、現代には馴染まないという仮説に基づいており、原盤権が与えられた音楽ファイルと原盤権の与えられていない音楽ファイルの価値に明瞭な違いを持たせることが主な目的だとされています。

イーサリアムの「Non-Fungible Token(NFT)」を採用

この実証実験で採用されている「Non-Fungible Token(NFT)」とは、イーサリアム(ETH)のERC721規格によって発行される"非代替性トークン"のことを指します。これはトークンの1つ1つが独自の特徴を備えたものであることを証明するものであり、アート作品などでも使用されているトークンです。

BlockBaseは、ブロックチェーンを活用する際にこの「NFT」が重要なテーマになる考えていると伝えられています。NFTはアート作品や音楽ファイルなどの芸術作品をデータ化して共有するに重要な役割を果たします。

今回の取り組みでは、NFTのマッチングプラットフォームである「bazaaar」を通じて権利を移転することができるとされています。トークンの配布は"抽選"で行われることになっており、抽選募集は5月16日からbazaaarの「Maltine Records」のページで開始されています。なお、原盤権が付与されていないMP3ファイルは別途無償で配布されるとのことです。

>>「BlockBase」の公式サイトはこちら
>>「bazaaar」の公式サイトはこちら

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン企業パートナー8社を発表|メインネット公開に向け提携拡大:Klaytn

ブロックチェーン企業パートナー8社を発表|メインネット公開に向け提携拡大:Klaytn

発足後2ヶ月で仮想通貨協会の副会長2名が辞任|これまでの経緯と今後の影響は?

発足後2ヶ月で仮想通貨協会の副会長2名が辞任|これまでの経緯と今後の影響は?

金融庁の仮想通貨に対する取り組みに「最高評価」ー 英調査機関

金融庁の仮想通貨に対する取り組みに「最高評価」ー 英調査機関

東京五輪開催に向け仮想通貨交換業者などの「サイバー対策」を総点検:金融庁

東京五輪開催に向け仮想通貨交換業者などの「サイバー対策」を総点検:金融庁

「イーサリアム(ETH)は大きな可能性を秘めている」元Google CEOエリック・シュミット

「イーサリアム(ETH)は大きな可能性を秘めている」元Google CEOエリック・シュミット

ブロックチェーンで「学校給食」の安全性を保証|生産情報などが確認可能に:韓国

ブロックチェーンで「学校給食」の安全性を保証|生産情報などが確認可能に:韓国

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE:証拠金取引に「XRP/ETH」の通貨ペアを追加

BINANCE:証拠金取引に「XRP/ETH」の通貨ペアを追加

BitMEXから「大量のメールアドレス」が流出|公式Twitterでハッキング被害も

BitMEXから「大量のメールアドレス」が流出|公式Twitterでハッキング被害も

LINE・ヤフー「経営統合」について正式発表|仮想通貨関連事業も強化か

LINE・ヤフー「経営統合」について正式発表|仮想通貨関連事業も強化か

中国規制当局「投機的市場を懸念」仮想通貨取引関連の事業者に調査実施へ

中国規制当局「投機的市場を懸念」仮想通貨取引関連の事業者に調査実施へ

仮想通貨の投資信託、国内販売は不可能に?金融庁「年内に禁止する方針」示す=日経報道

仮想通貨の投資信託、国内販売は不可能に?金融庁「年内に禁止する方針」示す=日経報道

XRP TipBot「手数料請求・本人確認の導入」を検討|コミュニティに意見求める

XRP TipBot「手数料請求・本人確認の導入」を検討|コミュニティに意見求める

ブロックチェーンは地方の未来を変えるのか:熊本ブロックチェーンカンファレンス2019

ブロックチェーンは地方の未来を変えるのか:熊本ブロックチェーンカンファレンス2019

ビットコインマイニング業界に「新たな巨人」誕生|Northern Bitcoin、競合他社と合併

ビットコインマイニング業界に「新たな巨人」誕生|Northern Bitcoin、競合他社と合併

SBI北尾社長:XRPの需要拡大に向けた「今後の計画」などについて説明

SBI北尾社長:XRPの需要拡大に向けた「今後の計画」などについて説明

カルダノ財団:決済ソリューション開発で「COTI」と提携|ADA Pay導入拡大へ

カルダノ財団:決済ソリューション開発で「COTI」と提携|ADA Pay導入拡大へ

ビットコインを収集できるFPSゲーム「Bitcoin Bounty Hunt」登場:Donnerlab

ビットコインを収集できるFPSゲーム「Bitcoin Bounty Hunt」登場:Donnerlab

人材マッチングにブロックチェーン活用「職歴BANK」がサービス開始

人材マッチングにブロックチェーン活用「職歴BANK」がサービス開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す