ビットコイン「100万円」突破近い|さらなる価格上昇を予想:Civic CEO

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格予想を度々語っていることでも知られるブロックチェーン企業「Civic(シビック)」の創業者Vinny Lingham(ヴィニー・リンガム)氏は、最近投稿されたツイートの中で「ビットコイン価格は約130万円のラインまで上昇する可能性ある」との考えを語りました。

こちらから読む:年末には330万円に到達?「ビットコイン」関連ニュース

ビットコイン、次の抵抗線は「130万円」

世界的に有名な仮想通貨ジャーナリストでありながら、ブロックチェーン企業「Civic(シビック)」の創業者でもあるVinny Lingham(ヴィニー・リンガム)氏は、2019年5月31日のツイートでビットコイン(BTC)は現在も強気な状態を維持しているため、近いうちに10,000ドル(約108万円)を突破し、12,000ドル(約130万円)のラインをテストする可能性があると語りました。

同氏は、注目が集まっている「100万円」のラインを突破するとは考えているものの「12,000ドルのラインは非常に強い抵抗である」とも語っており、もし12,000ドルを超えることができなければ、ビットコインはしばらくの間「10,000ドル付近」で停滞することになると予想しています。

BTCの動きは積極的に見えます。近いうちにBTCは10,000ドルを突破し、12,000ドルをテストするかもしれません。

ですが12,000ドルは非常に重い抵抗レベルでもあるので、もし12,000ドルが拒否されるのであれば、しばらくの間は10,000ドル付近で落ち着くと予想されます。

新たなバブル到来にはまだ早い?

Lingham氏は以前に、ビットコイン価格が回復するためには「現実世界で実際にビットコインが使用されるようになる必要がある」と語っており、具体的な使用方法が見つかるまでは新たなバブルが訪れることはないと説明していました。

ここ最近では、アメリカの大手通信会社である「AT&T」がビットコイン決済の受け入れを発表しているほか、仮想通貨決済アプリ「SPEDN」のサービスを通じてStarbucks(スターバックス)やBaskin Robbins(バスキン・ロビンス)などの有名店でもビットコインが使用できるようになってきているため、ビットコインは実際に日常生活でも使用できる通貨になってきていると考えられます。

しかし、実際にビットコインを支払いに使用している人の数は非常に少ないのが現実であり、ブロックチェーン情報会社である「Chainalysis」のデータではビットコイン取引の80%ほどが仮想通貨取引所で行われていることも報告されているため、ビットコインは依然として"投機的な資産"であると考えられます。

そのため、もし実際にビットコインのバブルが「ビットコインの実用化」にかかっているのだとすれば、ビットコイン価格の大幅な上昇が起こるまでにはまだ時間がかかることになると考えられます。

ビットコイン価格が今後もさらに勢いを増して上昇していくとの予想も依然として多くみられていますが、その一方では「100万円付近で落ち着くことになる」との予想も増えてきており、「Galaxy Digital」のCEO兼創設者であるMichael Novogratz(マイケル・ノボグラッツ)氏は「ビットコインは7,000ドル〜10,000ドル(約76万円〜約108万円)付近で落ち着くだろう」と予想しています。

2019年6月2日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、先月27日に96万円近くまで上昇して以降は横ばいの状態が続いており、2019年6月2日時点では「1BTC=929,051円」で取引されています。

2019年5月3日〜2019年6月2日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年5月3日〜2019年6月2日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

伝説の投資家バフェット氏「仮想通貨は保有していない」と強調|批判的意見変わらず

伝説の投資家バフェット氏「仮想通貨は保有していない」と強調|批判的意見変わらず

Jamie Dimon:ビットコイン批判の後悔から7ヶ月、再び「仮想通貨は詐欺」発言

Jamie Dimon:ビットコイン批判の後悔から7ヶ月、再び「仮想通貨は詐欺」発言

MicroStrategy:ビットコイン「267億円相当」を追加購入

MicroStrategy:ビットコイン「267億円相当」を追加購入

Huobi Japan:BTC/JPY取引手数料を無料化「ビットコイン取引キャンペーン」開催へ

Huobi Japan:BTC/JPY取引手数料を無料化「ビットコイン取引キャンペーン」開催へ

仮想通貨への疑心が好奇心に|アイルランドの投資家が300%も増加

仮想通貨への疑心が好奇心に|アイルランドの投資家が300%も増加

上昇続く仮想通貨市場「数十億円規模の送金報告」相次ぐ|今後の目標価格は?

上昇続く仮想通貨市場「数十億円規模の送金報告」相次ぐ|今後の目標価格は?

注目度の高い仮想通貨ニュース

Coincheck NFT:メタバースで使える「Meebits」取扱い開始|記念キャンペーンも開催

Coincheck NFT:メタバースで使える「Meebits」取扱い開始|記念キャンペーンも開催

BitPay:仮想通貨決済割引を提供する「ブラックフライデーイベント」開催へ

BitPay:仮想通貨決済割引を提供する「ブラックフライデーイベント」開催へ

Binance P2P:カルダノエイダ(Cardano/ADA)の法定通貨取引ペア「19種類」追加

Binance P2P:カルダノエイダ(Cardano/ADA)の法定通貨取引ペア「19種類」追加

Cardano(ADA)「Daedalus 4.5.1」公開|ステークプールの過剰飽和警告機能などを追加

Cardano(ADA)「Daedalus 4.5.1」公開|ステークプールの過剰飽和警告機能などを追加

マネーパートナーズ「暗号資産CFD取引サービス」提供へ|記念キャンペーンも開催

マネーパートナーズ「暗号資産CFD取引サービス」提供へ|記念キャンペーンも開催

米老舗デパートMacy's「感謝祭パレードの限定NFT」を発行|無料配布も予定

米老舗デパートMacy's「感謝祭パレードの限定NFT」を発行|無料配布も予定

米PayPal:新アプリで「仮想通貨決済機能」提供開始|BTC・ETHなど4銘柄

米PayPal:新アプリで「仮想通貨決済機能」提供開始|BTC・ETHなど4銘柄

バルバドス政府:Decentraland(MANA)で「世界初のメタバース大使館」建設へ

バルバドス政府:Decentraland(MANA)で「世界初のメタバース大使館」建設へ

ビットフライヤー:ビットコインが貯まる「bitFlyer クレカ」リリース【国内初】

ビットフライヤー:ビットコインが貯まる「bitFlyer クレカ」リリース【国内初】

Meta(旧Facebook)「暗号資産関連広告の掲載規制」を暖和

Meta(旧Facebook)「暗号資産関連広告の掲載規制」を暖和

ツイッター:仮想通貨・分散型アプリ特化の専門チーム「Twitter Crypto」立ち上げ

ツイッター:仮想通貨・分散型アプリ特化の専門チーム「Twitter Crypto」立ち上げ

SQUARE ENIX「ブロックチェーンゲームへの本格参入」を検討|NFTは事業化フェーズへ

SQUARE ENIX「ブロックチェーンゲームへの本格参入」を検討|NFTは事業化フェーズへ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す