ビットコイン「100万円」突破近い|さらなる価格上昇を予想:Civic CEO

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格予想を度々語っていることでも知られるブロックチェーン企業「Civic(シビック)」の創業者Vinny Lingham(ヴィニー・リンガム)氏は、最近投稿されたツイートの中で「ビットコイン価格は約130万円のラインまで上昇する可能性ある」との考えを語りました。

こちらから読む:年末には330万円に到達?「ビットコイン」関連ニュース

ビットコイン、次の抵抗線は「130万円」

世界的に有名な仮想通貨ジャーナリストでありながら、ブロックチェーン企業「Civic(シビック)」の創業者でもあるVinny Lingham(ヴィニー・リンガム)氏は、2019年5月31日のツイートでビットコイン(BTC)は現在も強気な状態を維持しているため、近いうちに10,000ドル(約108万円)を突破し、12,000ドル(約130万円)のラインをテストする可能性があると語りました。

同氏は、注目が集まっている「100万円」のラインを突破するとは考えているものの「12,000ドルのラインは非常に強い抵抗である」とも語っており、もし12,000ドルを超えることができなければ、ビットコインはしばらくの間「10,000ドル付近」で停滞することになると予想しています。

BTCの動きは積極的に見えます。近いうちにBTCは10,000ドルを突破し、12,000ドルをテストするかもしれません。

ですが12,000ドルは非常に重い抵抗レベルでもあるので、もし12,000ドルが拒否されるのであれば、しばらくの間は10,000ドル付近で落ち着くと予想されます。

新たなバブル到来にはまだ早い?

Lingham氏は以前に、ビットコイン価格が回復するためには「現実世界で実際にビットコインが使用されるようになる必要がある」と語っており、具体的な使用方法が見つかるまでは新たなバブルが訪れることはないと説明していました。

ここ最近では、アメリカの大手通信会社である「AT&T」がビットコイン決済の受け入れを発表しているほか、仮想通貨決済アプリ「SPEDN」のサービスを通じてStarbucks(スターバックス)やBaskin Robbins(バスキン・ロビンス)などの有名店でもビットコインが使用できるようになってきているため、ビットコインは実際に日常生活でも使用できる通貨になってきていると考えられます。

しかし、実際にビットコインを支払いに使用している人の数は非常に少ないのが現実であり、ブロックチェーン情報会社である「Chainalysis」のデータではビットコイン取引の80%ほどが仮想通貨取引所で行われていることも報告されているため、ビットコインは依然として"投機的な資産"であると考えられます。

そのため、もし実際にビットコインのバブルが「ビットコインの実用化」にかかっているのだとすれば、ビットコイン価格の大幅な上昇が起こるまでにはまだ時間がかかることになると考えられます。

ビットコイン価格が今後もさらに勢いを増して上昇していくとの予想も依然として多くみられていますが、その一方では「100万円付近で落ち着くことになる」との予想も増えてきており、「Galaxy Digital」のCEO兼創設者であるMichael Novogratz(マイケル・ノボグラッツ)氏は「ビットコインは7,000ドル〜10,000ドル(約76万円〜約108万円)付近で落ち着くだろう」と予想しています。

2019年6月2日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、先月27日に96万円近くまで上昇して以降は横ばいの状態が続いており、2019年6月2日時点では「1BTC=929,051円」で取引されています。

2019年5月3日〜2019年6月2日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年5月3日〜2019年6月2日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ|10月14日〜20日

仮想通貨ニュース週間まとめ|10月14日〜20日

仮想通貨市場の下落は「健全な証」むしろ歓迎されるべき|Mohamed El-Erian

仮想通貨市場の下落は「健全な証」むしろ歓迎されるべき|Mohamed El-Erian

ビットコイン(BTC)の価格下落「行き過ぎている」と指摘:BINANCE CEO

ビットコイン(BTC)の価格下落「行き過ぎている」と指摘:BINANCE CEO

ビットコインの平均トランザクション手数料「約10倍」に増加|半減期で取引活発化

ビットコインの平均トランザクション手数料「約10倍」に増加|半減期で取引活発化

ビットバンク:仮想通貨レバレッジ取引の「サービス終了」を発表|bitbank Trade

ビットバンク:仮想通貨レバレッジ取引の「サービス終了」を発表|bitbank Trade

本当は怖いビットコイン税金対策「いくらになるのか計算してみた」

本当は怖いビットコイン税金対策「いくらになるのか計算してみた」

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨の収支計算代行料「1万円割引キャンペーン」開催:CryptoLinC × DeCurret

仮想通貨の収支計算代行料「1万円割引キャンペーン」開催:CryptoLinC × DeCurret

フィスココイン(FSCC)シンガポールの取引所「Finexbox」に上場|価格への影響は?

フィスココイン(FSCC)シンガポールの取引所「Finexbox」に上場|価格への影響は?

Coinbaseユーザー「有価証券XRPを販売し、手数料で利益を得た」として取引所を提訴

Coinbaseユーザー「有価証券XRPを販売し、手数料で利益を得た」として取引所を提訴

ビットコイン価格「400万円台」に到達|今後は下落・修正に要注意?

ビットコイン価格「400万円台」に到達|今後は下落・修正に要注意?

Gemini:支払う度に仮想通貨が貯まる「ジェミナイ・クレジットカード」リリースへ

Gemini:支払う度に仮想通貨が貯まる「ジェミナイ・クレジットカード」リリースへ

ビットコインのサイドチェーンプロジェクト「RSK(RIF)」がバイナンスに上場|数百万ユーザーがビットコインに基づくDeFiエコシステムへアクセス可能に

ビットコインのサイドチェーンプロジェクト「RSK(RIF)」がバイナンスに上場|数百万ユーザーがビットコインに基づくDeFiエコシステムへアクセス可能に

暗号資産の「利益・損失・翌年持ち越し」にかかる税金は?【確定申告の基礎知識】

暗号資産の「利益・損失・翌年持ち越し」にかかる税金は?【確定申告の基礎知識】

暗号資産取引のBakkt:合併を通じて「新規株式公開(IPO)」の可能性=Bloomberg

暗号資産取引のBakkt:合併を通じて「新規株式公開(IPO)」の可能性=Bloomberg

CoinBest(コインベスト)「暗号資産現物取引サービス」提供へ|販売所からスタート

CoinBest(コインベスト)「暗号資産現物取引サービス」提供へ|販売所からスタート

資産運用大手Grayscale:XRPを売却し「BTC・ETH・LTC」などに再投資

資産運用大手Grayscale:XRPを売却し「BTC・ETH・LTC」などに再投資

SBIホールディングス「米SECによるRipple社への訴訟提起」ついてコメント

SBIホールディングス「米SECによるRipple社への訴訟提起」ついてコメント

XRP擁護派、米国政府に「リップル訴訟の停止」求める|一般国民の署名活動実施中

XRP擁護派、米国政府に「リップル訴訟の停止」求める|一般国民の署名活動実施中

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す