ビットコイン「100万円」突破近い|さらなる価格上昇を予想:Civic CEO

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格予想を度々語っていることでも知られるブロックチェーン企業「Civic(シビック)」の創業者Vinny Lingham(ヴィニー・リンガム)氏は、最近投稿されたツイートの中で「ビットコイン価格は約130万円のラインまで上昇する可能性ある」との考えを語りました。

こちらから読む:年末には330万円に到達?「ビットコイン」関連ニュース

ビットコイン、次の抵抗線は「130万円」

世界的に有名な仮想通貨ジャーナリストでありながら、ブロックチェーン企業「Civic(シビック)」の創業者でもあるVinny Lingham(ヴィニー・リンガム)氏は、2019年5月31日のツイートでビットコイン(BTC)は現在も強気な状態を維持しているため、近いうちに10,000ドル(約108万円)を突破し、12,000ドル(約130万円)のラインをテストする可能性があると語りました。

同氏は、注目が集まっている「100万円」のラインを突破するとは考えているものの「12,000ドルのラインは非常に強い抵抗である」とも語っており、もし12,000ドルを超えることができなければ、ビットコインはしばらくの間「10,000ドル付近」で停滞することになると予想しています。

BTCの動きは積極的に見えます。近いうちにBTCは10,000ドルを突破し、12,000ドルをテストするかもしれません。

ですが12,000ドルは非常に重い抵抗レベルでもあるので、もし12,000ドルが拒否されるのであれば、しばらくの間は10,000ドル付近で落ち着くと予想されます。

新たなバブル到来にはまだ早い?

Lingham氏は以前に、ビットコイン価格が回復するためには「現実世界で実際にビットコインが使用されるようになる必要がある」と語っており、具体的な使用方法が見つかるまでは新たなバブルが訪れることはないと説明していました。

ここ最近では、アメリカの大手通信会社である「AT&T」がビットコイン決済の受け入れを発表しているほか、仮想通貨決済アプリ「SPEDN」のサービスを通じてStarbucks(スターバックス)やBaskin Robbins(バスキン・ロビンス)などの有名店でもビットコインが使用できるようになってきているため、ビットコインは実際に日常生活でも使用できる通貨になってきていると考えられます。

しかし、実際にビットコインを支払いに使用している人の数は非常に少ないのが現実であり、ブロックチェーン情報会社である「Chainalysis」のデータではビットコイン取引の80%ほどが仮想通貨取引所で行われていることも報告されているため、ビットコインは依然として"投機的な資産"であると考えられます。

そのため、もし実際にビットコインのバブルが「ビットコインの実用化」にかかっているのだとすれば、ビットコイン価格の大幅な上昇が起こるまでにはまだ時間がかかることになると考えられます。

ビットコイン価格が今後もさらに勢いを増して上昇していくとの予想も依然として多くみられていますが、その一方では「100万円付近で落ち着くことになる」との予想も増えてきており、「Galaxy Digital」のCEO兼創設者であるMichael Novogratz(マイケル・ノボグラッツ)氏は「ビットコインは7,000ドル〜10,000ドル(約76万円〜約108万円)付近で落ち着くだろう」と予想しています。

2019年6月2日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、先月27日に96万円近くまで上昇して以降は横ばいの状態が続いており、2019年6月2日時点では「1BTC=929,051円」で取引されています。

2019年5月3日〜2019年6月2日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年5月3日〜2019年6月2日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

サービス・商品購入でビットコインがもらえる「BTC還元プログラム」提供へ:Bitrefill

サービス・商品購入でビットコインがもらえる「BTC還元プログラム」提供へ:Bitrefill

Zap開発者:ビットコインのLightning Network用いた新サービス「Olympus」を発表

Zap開発者:ビットコインのLightning Network用いた新サービス「Olympus」を発表

ビットコイン価格「1万ドル」割り込む|下落相場「2〜3週間」続く可能性も

ビットコイン価格「1万ドル」割り込む|下落相場「2〜3週間」続く可能性も

コンテンツ投稿で仮想通貨が稼げる「Baskadia」正式版リリース

コンテンツ投稿で仮想通貨が稼げる「Baskadia」正式版リリース

BINANCE:FTX関連で影響を受けたプロジェクトを支援「業界復興基金」設立へ

BINANCE:FTX関連で影響を受けたプロジェクトを支援「業界復興基金」設立へ

スイスの大学がビットコインによる学費受付開始「仮想通貨大国への一歩」

スイスの大学がビットコインによる学費受付開始「仮想通貨大国への一歩」

注目度の高い仮想通貨ニュース

Coincheck Labs「UnUniFi Protocol」運営する事業会社に出資

Coincheck Labs「UnUniFi Protocol」運営する事業会社に出資

日本の3プロジェクト、XRPLでNFTリリースへ「xrp.cafe」で販売

日本の3プロジェクト、XRPLでNFTリリースへ「xrp.cafe」で販売

Telegramのユーザー名「Fragment」で売買可能に|取引には仮想通貨TONを採用

Telegramのユーザー名「Fragment」で売買可能に|取引には仮想通貨TONを採用

エルサルバドル大統領「毎日1ビットコイン購入する」と宣言

エルサルバドル大統領「毎日1ビットコイン購入する」と宣言

カルダノ関連DEX「AdaSwap」メインネットで正式稼働

カルダノ関連DEX「AdaSwap」メインネットで正式稼働

STEP APP:ローンチイベント「東京」で開催へ|豪華ゲストも参加

STEP APP:ローンチイベント「東京」で開催へ|豪華ゲストも参加

コロプラ:ブロックチェーンゲーム子会社「Brilliantcrypto」を設立

コロプラ:ブロックチェーンゲーム子会社「Brilliantcrypto」を設立

Bitget:FTXの破綻後、ユーザーを安心させるために保護基金を「3億ドル」に増額

Bitget:FTXの破綻後、ユーザーを安心させるために保護基金を「3億ドル」に増額

人気ロックバンド「THE BACK HORN」初のNFT作品販売へ:Fanpla Owner

人気ロックバンド「THE BACK HORN」初のNFT作品販売へ:Fanpla Owner

OpenSea「クリエイター手数料のオンチェーン執行ツール」を発表|ロイヤリティ還元制度を見直し

OpenSea「クリエイター手数料のオンチェーン執行ツール」を発表|ロイヤリティ還元制度を見直し

ゲーム特化ブロックチェーン「Oasys」メインネット公開に向けた第2フェーズに突入

ゲーム特化ブロックチェーン「Oasys」メインネット公開に向けた第2フェーズに突入

Nike:Polygon活用のWeb3プラットフォーム「.SWOOSH」公開

Nike:Polygon活用のWeb3プラットフォーム「.SWOOSH」公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す