2019年末、ビットコイン価格が「330万円」に達する3つの理由:Kenetic Capital共同設立者

by BITTIMES

仮想通貨(暗号資産)ブロックチェーンに焦点をあてた投資会社「Kenetic Capital(ケネティック・キャピタル)」の共同設立者でありながらマネージングパートナーでもあるJehan Chu(ジェハン・チュウ)氏は、2019年5月28日に「Bloomberg」とのインタビューの中で「ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格が2019年末までに3万ドル(約330万円)に達する3つの理由」について語りました。

こちらから読む:過去最高値まで"一気に"上昇か?「ビットコイン」関連ニュース

BTC価格が330万円に達する「3つの理由」

仮想通貨・ブロックチェーン関連の投資会社「Kenetic Capital(ケネティック・キャピタル)」の共同設立者であるJehan Chu(ジェハン・チュウ)氏は、2019年5月28日に「Bloomberg」とのインタビューの中で『ビットコイン価格は2019年末までに最高3万ドル(約330万円)に達する可能性がある』と語り、その理由として以下の「3つの理由」を挙げています。

「大手企業の参入」による気付き

1つ目の理由は、「大手企業の参入」です。チュウ氏は、
Facebook(フェイスブック)
Fidelity Investments(フィデリティ・インベストメンツ)
JPMorgan Chase(JPモルガン・チェース)
といった様々な大手企業が仮想通貨業界に参入していることによって、人々は「仮想通貨はなくならない」ということを分かり始めていると説明しています。

「IPO(新規公開株)」に対する失望

2つ目の理由は「これまで一般的であったIPO(新規公開株)に人々が失望している」という点です。同氏は、最近行われた「Uber(ウーバー)」や「Lyft(レフト)」のIPOは失望に終わったと語っており、人々は「誰もが参加できる、これまでとは違ったタイプの話題」を求めていると説明しています。

「半減期の到来」による価格上昇

3つ目の理由は「ビットコインの半減期が迫っている」という点です。半減期が訪れると、マイニング(採掘)によって得られる報酬額は半分になるため、希少性が高まり、価格が大きく上昇する傾向が見られています。

チュウ氏は「過去の歴史では半減期によってビットコイン価格は"数十%"上昇した」ということを説明しており、価格上昇の重要な要因の一つになると考えています。

リップルやイーサリアムの可能性にも言及

チュウ氏は、仮想通貨業界で注目されているETF(上場投資信託)を価格上昇の要因に含めなかった理由として、「"ETFが近いうちに上場される"とは考えていない」ことを説明しており、その代わりに「大手企業の参入」というより確実な要因がビットコイン価格上昇の推進力になるとの考えを示しています。

具体的な例としては、SAMSUNG(サムスン)が一部のスマートフォンに仮想通貨ウォレットを実装したことを挙げており、このような進歩はETFの有無に関わらず起こると語っています。

またチュウ氏は、ビットコインだけでなく、
イーサリアム(Ethereum/ETH)
エックスアールピー(XRP)
Ripple(リップル)
なども賞賛しており、イーサリアムは「"分散型コンピューター"というアイデア」や「普及率・開発者数」などが驚くべきものであり、Ripple社が近年急速に提携関係を拡大していることも「大きな前進」として評価しています。

これら3つの仮想通貨は、現在も時価総額ランキングで「TOP3」をキープしており、世界4大会計事務所の一つである「KPMG」も"今最も注目すべき仮想通貨"として取り上げています。

>>「Bloomberg」の報道はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

前澤友作氏「MZDAO」の初期メンバー募集開始|数時間で登録者数1万人超え

前澤友作氏「MZDAO」の初期メンバー募集開始|数時間で登録者数1万人超え

【速報】コインチェック:取引所で「アルトコイン」の取り扱い開始

【速報】コインチェック:取引所で「アルトコイン」の取り扱い開始

マネーグラム:Stellar・USDC活用した送金サービス「Crypto-to-Cash」提供開始

マネーグラム:Stellar・USDC活用した送金サービス「Crypto-to-Cash」提供開始

コインチェック:iOSアプリに「ホーム画面へのウィジェット配置機能」追加

コインチェック:iOSアプリに「ホーム画面へのウィジェット配置機能」追加

自転車の盗難被害にブロックチェーンで立ち向かう「Bike Blockchain」開発:オランダ

自転車の盗難被害にブロックチェーンで立ち向かう「Bike Blockchain」開発:オランダ

Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

注目度の高い仮想通貨ニュース

メルカリ「ビットコイン決済でBTCが戻ってくるキャンペーン」開始

メルカリ「ビットコイン決済でBTCが戻ってくるキャンペーン」開始

仮想通貨決済のBitPay:対応銘柄を大幅拡充「利用可能なトークンリスト」も公開

仮想通貨決済のBitPay:対応銘柄を大幅拡充「利用可能なトークンリスト」も公開

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

保守派・革新派による「ビットコイン分裂」を予測:Bitcoin.org運営者Cobra氏

保守派・革新派による「ビットコイン分裂」を予測:Bitcoin.org運営者Cobra氏

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

Binance FZE:ドバイで仮想通貨サービスプロバイダー(VASP)のライセンス取得

Binance FZE:ドバイで仮想通貨サービスプロバイダー(VASP)のライセンス取得

SHIB公式パートナーのK9 Finance DAO「初代委員会メンバー11名」を発表

SHIB公式パートナーのK9 Finance DAO「初代委員会メンバー11名」を発表

ビットコインの価格高騰は近い?「現在は2020年末と同じ成長段階」Bitfinexレポート

ビットコインの価格高騰は近い?「現在は2020年末と同じ成長段階」Bitfinexレポート

稲垣組・もぐら組が誕生?コインチェック「新テレビCM」全国放映へ|記念キャンペーンも

稲垣組・もぐら組が誕生?コインチェック「新テレビCM」全国放映へ|記念キャンペーンも

コインチェック「Nine Chronicles M」のNFTコレクション取扱いへ【国内初】

コインチェック「Nine Chronicles M」のNFTコレクション取扱いへ【国内初】

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す