2019年末、ビットコイン価格が「330万円」に達する3つの理由:Kenetic Capital共同設立者

by BITTIMES

仮想通貨(暗号資産)ブロックチェーンに焦点をあてた投資会社「Kenetic Capital(ケネティック・キャピタル)」の共同設立者でありながらマネージングパートナーでもあるJehan Chu(ジェハン・チュウ)氏は、2019年5月28日に「Bloomberg」とのインタビューの中で「ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格が2019年末までに3万ドル(約330万円)に達する3つの理由」について語りました。

こちらから読む:過去最高値まで"一気に"上昇か?「ビットコイン」関連ニュース

BTC価格が330万円に達する「3つの理由」

仮想通貨・ブロックチェーン関連の投資会社「Kenetic Capital(ケネティック・キャピタル)」の共同設立者であるJehan Chu(ジェハン・チュウ)氏は、2019年5月28日に「Bloomberg」とのインタビューの中で『ビットコイン価格は2019年末までに最高3万ドル(約330万円)に達する可能性がある』と語り、その理由として以下の「3つの理由」を挙げています。

「大手企業の参入」による気付き

1つ目の理由は、「大手企業の参入」です。チュウ氏は、
Facebook(フェイスブック)
Fidelity Investments(フィデリティ・インベストメンツ)
JPMorgan Chase(JPモルガン・チェース)
といった様々な大手企業が仮想通貨業界に参入していることによって、人々は「仮想通貨はなくならない」ということを分かり始めていると説明しています。

「IPO(新規公開株)」に対する失望

2つ目の理由は「これまで一般的であったIPO(新規公開株)に人々が失望している」という点です。同氏は、最近行われた「Uber(ウーバー)」や「Lyft(レフト)」のIPOは失望に終わったと語っており、人々は「誰もが参加できる、これまでとは違ったタイプの話題」を求めていると説明しています。

「半減期の到来」による価格上昇

3つ目の理由は「ビットコインの半減期が迫っている」という点です。半減期が訪れると、マイニング(採掘)によって得られる報酬額は半分になるため、希少性が高まり、価格が大きく上昇する傾向が見られています。

チュウ氏は「過去の歴史では半減期によってビットコイン価格は"数十%"上昇した」ということを説明しており、価格上昇の重要な要因の一つになると考えています。

リップルやイーサリアムの可能性にも言及

チュウ氏は、仮想通貨業界で注目されているETF(上場投資信託)を価格上昇の要因に含めなかった理由として、「"ETFが近いうちに上場される"とは考えていない」ことを説明しており、その代わりに「大手企業の参入」というより確実な要因がビットコイン価格上昇の推進力になるとの考えを示しています。

具体的な例としては、SAMSUNG(サムスン)が一部のスマートフォンに仮想通貨ウォレットを実装したことを挙げており、このような進歩はETFの有無に関わらず起こると語っています。

またチュウ氏は、ビットコインだけでなく、
イーサリアム(Ethereum/ETH)
エックスアールピー(XRP)
Ripple(リップル)
なども賞賛しており、イーサリアムは「"分散型コンピューター"というアイデア」や「普及率・開発者数」などが驚くべきものであり、Ripple社が近年急速に提携関係を拡大していることも「大きな前進」として評価しています。

これら3つの仮想通貨は、現在も時価総額ランキングで「TOP3」をキープしており、世界4大会計事務所の一つである「KPMG」も"今最も注目すべき仮想通貨"として取り上げています。

>>「Bloomberg」の報道はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ロシアの暗号資産取引所で「大規模ハッキング被害」制御不能でサイトもアクセス不可に

ロシアの暗号資産取引所で「大規模ハッキング被害」制御不能でサイトもアクセス不可に

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月7日〜13日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月7日〜13日

カスタマイズNFTショップを簡単に構築できる「NFTStudio OEM」提供開始:CryptoGames

カスタマイズNFTショップを簡単に構築できる「NFTStudio OEM」提供開始:CryptoGames

イタリアのバイクブランド「Soriano Motori」仮想通貨決済に対応【世界初】

イタリアのバイクブランド「Soriano Motori」仮想通貨決済に対応【世界初】

航空機部品の追跡・販売で「ブロックチェーンプラットフォーム」活用:ボーイング

航空機部品の追跡・販売で「ブロックチェーンプラットフォーム」活用:ボーイング

チリーズ(Chiliz/CHZ)トルコに「Sociosの子会社」設立|市場開拓を加速

チリーズ(Chiliz/CHZ)トルコに「Sociosの子会社」設立|市場開拓を加速

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコインで不動産購入「イエリーチBTC決済」公開へ:ネクサスエージェント

ビットコインで不動産購入「イエリーチBTC決済」公開へ:ネクサスエージェント

【Cardano/ADA】スマートコントラクト機能「7月頃」に実装予定|NFT関連でも期待高まる

【Cardano/ADA】スマートコントラクト機能「7月頃」に実装予定|NFT関連でも期待高まる

テクノミュージック界の奇才「Aphex Twin」NFT形式の作品をリリース

テクノミュージック界の奇才「Aphex Twin」NFT形式の作品をリリース

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン発売へ|米国初の発行

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン発売へ|米国初の発行

double jump.tokyo × BeyondConcept「仮想空間におけるNFT取扱い」で共同研究開始

double jump.tokyo × BeyondConcept「仮想空間におけるNFT取扱い」で共同研究開始

ナイジェリア中央銀行「国民の暗号資産取引を禁止したわけではない」と説明

ナイジェリア中央銀行「国民の暗号資産取引を禁止したわけではない」と説明

Ripple社:東南アジアで事業拡大へ|国際送金企業「Tranglo社」の株式40%を取得

Ripple社:東南アジアで事業拡大へ|国際送金企業「Tranglo社」の株式40%を取得

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月28日〜4月3日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月28日〜4月3日

Coincheck NFT:The Sandboxの仮想土地「LAND」追加販売へ|合計310箇所を順次販売

Coincheck NFT:The Sandboxの仮想土地「LAND」追加販売へ|合計310箇所を順次販売

中国自撮りアプリ大手「ビットコイン11億円相当」を追加購入|投資計画の上限に到達

中国自撮りアプリ大手「ビットコイン11億円相当」を追加購入|投資計画の上限に到達

MicroStrategy「ビットコイン16億円相当」を追加購入|強気姿勢を維持

MicroStrategy「ビットコイン16億円相当」を追加購入|強気姿勢を維持

double jump.tokyo:NFT事業支援サービス「NFTPLUS」提供へ|企画〜販売まで全面支援

double jump.tokyo:NFT事業支援サービス「NFTPLUS」提供へ|企画〜販売まで全面支援

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す