2019年末、ビットコイン価格が「330万円」に達する3つの理由:Kenetic Capital共同設立者

by BITTIMES

仮想通貨(暗号資産)ブロックチェーンに焦点をあてた投資会社「Kenetic Capital(ケネティック・キャピタル)」の共同設立者でありながらマネージングパートナーでもあるJehan Chu(ジェハン・チュウ)氏は、2019年5月28日に「Bloomberg」とのインタビューの中で「ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格が2019年末までに3万ドル(約330万円)に達する3つの理由」について語りました。

こちらから読む:過去最高値まで"一気に"上昇か?「ビットコイン」関連ニュース

BTC価格が330万円に達する「3つの理由」

仮想通貨・ブロックチェーン関連の投資会社「Kenetic Capital(ケネティック・キャピタル)」の共同設立者であるJehan Chu(ジェハン・チュウ)氏は、2019年5月28日に「Bloomberg」とのインタビューの中で『ビットコイン価格は2019年末までに最高3万ドル(約330万円)に達する可能性がある』と語り、その理由として以下の「3つの理由」を挙げています。

「大手企業の参入」による気付き

1つ目の理由は、「大手企業の参入」です。チュウ氏は、
Facebook(フェイスブック)
Fidelity Investments(フィデリティ・インベストメンツ)
JPMorgan Chase(JPモルガン・チェース)
といった様々な大手企業が仮想通貨業界に参入していることによって、人々は「仮想通貨はなくならない」ということを分かり始めていると説明しています。

「IPO(新規公開株)」に対する失望

2つ目の理由は「これまで一般的であったIPO(新規公開株)に人々が失望している」という点です。同氏は、最近行われた「Uber(ウーバー)」や「Lyft(レフト)」のIPOは失望に終わったと語っており、人々は「誰もが参加できる、これまでとは違ったタイプの話題」を求めていると説明しています。

「半減期の到来」による価格上昇

3つ目の理由は「ビットコインの半減期が迫っている」という点です。半減期が訪れると、マイニング(採掘)によって得られる報酬額は半分になるため、希少性が高まり、価格が大きく上昇する傾向が見られています。

チュウ氏は「過去の歴史では半減期によってビットコイン価格は"数十%"上昇した」ということを説明しており、価格上昇の重要な要因の一つになると考えています。

リップルやイーサリアムの可能性にも言及

チュウ氏は、仮想通貨業界で注目されているETF(上場投資信託)を価格上昇の要因に含めなかった理由として、「"ETFが近いうちに上場される"とは考えていない」ことを説明しており、その代わりに「大手企業の参入」というより確実な要因がビットコイン価格上昇の推進力になるとの考えを示しています。

具体的な例としては、SAMSUNG(サムスン)が一部のスマートフォンに仮想通貨ウォレットを実装したことを挙げており、このような進歩はETFの有無に関わらず起こると語っています。

またチュウ氏は、ビットコインだけでなく、
イーサリアム(Ethereum/ETH)
エックスアールピー(XRP)
Ripple(リップル)
なども賞賛しており、イーサリアムは「"分散型コンピューター"というアイデア」や「普及率・開発者数」などが驚くべきものであり、Ripple社が近年急速に提携関係を拡大していることも「大きな前進」として評価しています。

これら3つの仮想通貨は、現在も時価総額ランキングで「TOP3」をキープしており、世界4大会計事務所の一つである「KPMG」も"今最も注目すべき仮想通貨"として取り上げています。

>>「Bloomberg」の報道はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン価格は10ヶ月以内に110万円を超える「元ヘッジファンドマネージャーが発言」

ビットコイン価格は10ヶ月以内に110万円を超える「元ヘッジファンドマネージャーが発言」

CARDANO開発チーム:モンゴルの「暗号通貨・フィンテック協会」とMoU締結

CARDANO開発チーム:モンゴルの「暗号通貨・フィンテック協会」とMoU締結

Facebookの独自仮想通貨「VISA・Mastercard・Uber」など12社以上が支援=WSJ報道

Facebookの独自仮想通貨「VISA・Mastercard・Uber」など12社以上が支援=WSJ報道

管理されたステーブルコインは「証券法で規制すべき」米国議員が新たな法案を提出

管理されたステーブルコインは「証券法で規制すべき」米国議員が新たな法案を提出

Tron CEO「過激なマーケティング」について謝罪|技術開発に注力する意思を表明

Tron CEO「過激なマーケティング」について謝罪|技術開発に注力する意思を表明

中国で「ブロックチェーン・ビットコイン」への関心が急増|習近平国家主席の発言受け

中国で「ブロックチェーン・ビットコイン」への関心が急増|習近平国家主席の発言受け

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月20日〜26日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月20日〜26日

Kakaoのブロックチェーン「Klaytn」OKExなど多数の大手企業と提携

Kakaoのブロックチェーン「Klaytn」OKExなど多数の大手企業と提携

仮想通貨取引所「DX.Exchange」経済的理由により一時閉鎖へ|ユーザーは出金手続きを

仮想通貨取引所「DX.Exchange」経済的理由により一時閉鎖へ|ユーザーは出金手続きを

PundiX:キプロスの公共・民間部門に「ブロックチェーン技術」提供へ

PundiX:キプロスの公共・民間部門に「ブロックチェーン技術」提供へ

ゲーム動画配信者に「仮想通貨報酬」提供へ|DLiveとRefereumが提携

ゲーム動画配信者に「仮想通貨報酬」提供へ|DLiveとRefereumが提携

ジョン・マカフィー:仮想通貨「WHACKD」のエアドロップ実施へ|McAfeeDexにも追加予定

ジョン・マカフィー:仮想通貨「WHACKD」のエアドロップ実施へ|McAfeeDexにも追加予定

イーサリアム下落は「買いの機会」著名アナリスト、大型アップデートを前に強気姿勢

イーサリアム下落は「買いの機会」著名アナリスト、大型アップデートを前に強気姿勢

分散型取引所McAfeeDEX「Tron/TRX」関連の仮想通貨サポートへ|11月8日から

分散型取引所McAfeeDEX「Tron/TRX」関連の仮想通貨サポートへ|11月8日から

ブロックチェーン・仮想通貨業界向けの「ライター育成コース」を発表:PoL

ブロックチェーン・仮想通貨業界向けの「ライター育成コース」を発表:PoL

カナダ大手銀行RBC:仮想通貨取引に関する「4件の特許」を申請

カナダ大手銀行RBC:仮想通貨取引に関する「4件の特許」を申請

21世紀の効率的な仮想通貨投資ファンド「Quantum Hedge Fund(QHF)」

21世紀の効率的な仮想通貨投資ファンド「Quantum Hedge Fund(QHF)」

Operaブラウザ:Android版で「ビットコイン・トロン」をサポート

Operaブラウザ:Android版で「ビットコイン・トロン」をサポート

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す