「バンク・オブ・アメリカ」 ブロックチェーン技術の未来への期待

by BITTIMES

ノースカロライナ州の大手銀行「バンク・オブ・アメリカ」のブライアン・モイニハン最高経営責任者(CEO)は、ビットコインやその他の暗号化通信だけでなく、ブロックチェーン技術への投資もサポートしていると語りました。彼の会社は、ブロックチェーンの分野で 40以上の特許を持っているとのことです。

ブロックチェーン技術の可能性

ブライアン氏は、ブロックチェーン技術が様々な可能性を持っていると考えているようで、仮想通貨に関しても「本質的な異なる技術の融合である」と語っています。

またブロックチェーン技術は「自動車のレジストリ」などにも使用できると考えているとのことで、仮想通貨に関する懸念は、実際には検証がかなり難しいという「国際決済取引」だけだそうです。

今後への期待

ブライアン氏の会社は、ブロックチェーンの分野で 40以上の特許を持っているとのことで、バーチャルペイメントは数年後にデジタル化される予定とも話しており、この分野に大きな期待を寄せていることがわかります。

ブライアン氏は、ブロックチェーン技術が、お金をデジタル化へ導くと信じているとも語っています。

ここ最近で、世界中の多くの銀行がブロックチェーンに投資を開始しています。 「バンク・オブ・アメリカ」が 40以上の特許を持つのはこのためでもあるでしょう。

特許を取得してから、実際に消費者が利用できるようになるまでには、かなりの月日が必要です。ですがここ最近の動きからみると、そういったサービスが身近に感じられる日もそう遠くないようにも感じます。この特許を使って生み出される新しいサービスを楽しみに待ちましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンは証券決済をオーバーホールする|中央銀行

ブロックチェーンは証券決済をオーバーホールする|中央銀行

仮想通貨取引にLINE参入「LINE Financial」設立

仮想通貨取引にLINE参入「LINE Financial」設立

ビットコインマイニングの仕組みを初めから丁寧に

ビットコインマイニングの仕組みを初めから丁寧に

仮想通貨は今後どうなる?これからの捉え方、向き合い方

仮想通貨は今後どうなる?これからの捉え方、向き合い方

大手銀行の本音、bitFlyerに2億円も融資した理由

大手銀行の本音、bitFlyerに2億円も融資した理由

ブロックチェーンシステム開発へ「富士通と銀行協会が協力」

ブロックチェーンシステム開発へ「富士通と銀行協会が協力」

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインチェックに新たな損害賠償請求|総額約8200万円

コインチェックに新たな損害賠償請求|総額約8200万円

NYダウの急落を受け仮想通貨へ資金流出か

NYダウの急落を受け仮想通貨へ資金流出か

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)がHuobi(フオビ)に上場

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)がHuobi(フオビ)に上場

マルタブロックチェーンサミット2018とは?

マルタブロックチェーンサミット2018とは?

インターレジャープロトコル(ILP)とは?|リップル(Ripple/XRP)

インターレジャープロトコル(ILP)とは?|リップル(Ripple/XRP)

ユーザー数200万人を超えたbitFlyerの今後に注目

ユーザー数200万人を超えたbitFlyerの今後に注目

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月18日〜24日

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月18日〜24日

コインチェックをマネックスグループが買収?

コインチェックをマネックスグループが買収?

Twitter(ツイッター)も仮想通貨関連の広告を禁止

Twitter(ツイッター)も仮想通貨関連の広告を禁止

Rippleとサンタンデール銀行が提携し国際送金アプリを開発

Rippleとサンタンデール銀行が提携し国際送金アプリを開発

仮想通貨を実際に使用することが重要|金融広報中央委員会

仮想通貨を実際に使用することが重要|金融広報中央委員会

IOTA財団をさらに強化する新メンバーとは?

IOTA財団をさらに強化する新メンバーとは?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す