「市場の判断に委ねる」マレーシア中央銀行、規制進める各国とは対照的な意向

by BITTIMES

世界各国が規制を検討する中、マレーシアでは市場に判断を委ね深く介入しない意向を明らかにしました。

2018年2月12日、マレーシアの首都クアラルンプールに位置する中央銀行であるマレーシアネガラ銀行(Bank Negara Malaysia)のムハンマド・イブラヒム(Muhammad Ibrahim)知事は、今月下旬に「暗号通貨に関するコンセプト・ペーパー」を公開する予定であることを明かしました

同銀行は、仮想通貨を禁止したり不換紙幣に分類するといったことはせず仮想通貨の盛衰は市場の判断に委ねるとしています。

主要通貨の透明性を重視

イブラヒム氏は、マレーシアのハーバードビジネススクール同窓会で銀行のアプローチについて以下のように説明しました。

「基本的には、ビットコインイーサリアムリップルなどの暗号通貨を取り扱う機関がより透明性を高めるようにする。そうすることで、国民は暗号通貨に投資するべきか否かを判断することができる。」

マレーシアの副財務大臣であるヨハリ・アブドゥル・ガニ氏は、仮想通貨に対する規制は「金融部門における創造性と革新を抑制する」としており、重い制限には反対しています。

世界中で活発な議論が繰り広げられている仮想通貨の在り方が今後どのように展開していくのか、各国の考えや方針が2018年の大きなテーマとなるのは間違いありません。

ビットコイン取引量高 No.1 の仮想通貨取引所 bitFlyer(ビットフライヤー)の画像ビットコインやイーサリアムを購入するなら仮想通貨取引所 bitFlyer 仮想通貨取引所 bitbank の画像リップルを購入するなら仮想通貨取引所 bitbank

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イーサリアム下落で一時11円に、噂される陰謀論について

イーサリアム下落で一時11円に、噂される陰謀論について

中国大手送金事業者が「xCurrent」導入を決定、広がるRippleNet

中国大手送金事業者が「xCurrent」導入を決定、広がるRippleNet

ビットコイン今後の動向まとめ【簡易版】

ビットコイン今後の動向まとめ【簡易版】

リップル(XRP)の今後に影響大?|upholdにXRP追加

リップル(XRP)の今後に影響大?|upholdにXRP追加

ビットコイン価格「2018年末550万円」に15億円を賭けた正体不明のトレーダー現る

ビットコイン価格「2018年末550万円」に15億円を賭けた正体不明のトレーダー現る

金融庁がBinanceを違法業者として正式に公表

金融庁がBinanceを違法業者として正式に公表

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーンだけではプライバシー問題を解決できない?

ブロックチェーンだけではプライバシー問題を解決できない?

流出したNEMの資金洗浄が完了|その後の捜査状況は?

流出したNEMの資金洗浄が完了|その後の捜査状況は?

ADAロケット発射|上昇率20%の仮想通貨5銘柄

ADAロケット発射|上昇率20%の仮想通貨5銘柄

Chromeからマイニング拡張機能を削除|Google

Chromeからマイニング拡張機能を削除|Google

仮想通貨取引所Huobi(フオビ)はイギリスのロンドンへ進出

仮想通貨取引所Huobi(フオビ)はイギリスのロンドンへ進出

イーサリアムは証券となり得るか|米証券取引委員会(SEC)

イーサリアムは証券となり得るか|米証券取引委員会(SEC)

マルタブロックチェーンサミット2018とは?

マルタブロックチェーンサミット2018とは?

IOTA財団をさらに強化する新メンバーとは?

IOTA財団をさらに強化する新メンバーとは?

RippleがHyperledger Projectに参加

RippleがHyperledger Projectに参加

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月18日〜24日

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月18日〜24日

カルダノロードマップのアップデート内容|2018年4月

カルダノロードマップのアップデート内容|2018年4月

ネム(NEM/XEM)のカタパルトベータ版がリリース

ネム(NEM/XEM)のカタパルトベータ版がリリース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す