バイナンス「アメリカ」に進出|規制遵守した仮想通貨取引所「Binance US」設立を表明

by BITTIMES

仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)は、米国に住む人々向けの仮想通貨取引所「Binance US」を設立することを正式に発表しました。このプラットフォームの運営は同社のパートナー企業である「BAM Trading Services」が行います。

こちらから読む:Bakkt、BTC先物のテスト開始日を発表「取引所」関連ニュース

BINANCE(バイナンス)が新しく設立する仮想通貨取引所「Binance US」は、カリフォルニア州サンフランシスコを拠点とするマネーサービス会社「BAM Trading Services」との連携で実現しています。取引所のウォレットとマッチングエンジンは「BINANCE」が提供し、運営は「BAM Trading Services」が行うとのことです。

仮想通貨メディア「Coindesk」の取材に対して、バイナンスのCEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏は次のように語っています。

私たちはついに「Binance US」を立ち上げられたこと、そして「Binance.com」のセキュリティ、スピード、流動性を北米にもたらしたことに興奮しています。

Binance USは、当社の現地パートナーであるBAMが主導し、完全に規制を遵守した上で米国市場にサービスを提供します。

BAMに関する詳しい情報は明らかになっていませんが、同社は米国財務省の金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)にマネーサービス事業(MSB)として登録されています。またBAMは、バイナンスが1月24日に300万ドル(約3億2,500万円)を投資した仮想通貨の相対取引(OTC)トレーダー「Koi Trading」の「完全管理型ソリューション」部門である「Koi Compliance」と連携しているとも伝えられています。

米国は「仮想通貨に関する規制が明確化されていない」ということが以前から指摘されており、Binanceも米国ユーザー向けの仮想通貨取引サービスは提供していませんでした。また最近では「Binance DEX」のブロック対象国にも米国が含まれています。

新しく立ち上げられる米国向けの仮想通貨取引所「Binance US」は、同国の規制に基づいた上でサービスを提供することとなるため、取り扱う仮想通貨の種類などは限定的になると予想されますが、現在は"有価証券に該当する仮想通貨"に関する議論なども行われているため、実際にどのような仮想通貨が取引できるのか?などにも注目です。

「Binance US」に関する具体的な情報や今後のスケジュールは明らかにされていないため、今後の新しい発表には注目が集まっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンゲーム開発基盤「The Sandbox」仮想空間LANDのプレセール実施へ

ブロックチェーンゲーム開発基盤「The Sandbox」仮想空間LANDのプレセール実施へ

トランプ大統領はビットコインのビックサポーターとなるのか?

トランプ大統領はビットコインのビックサポーターとなるのか?

ビットフライヤー「日米間のクロスボーダー取引」開始|米国でBTC/JPYが取引可能に

ビットフライヤー「日米間のクロスボーダー取引」開始|米国でBTC/JPYが取引可能に

Apple社の仮想通貨関連アプリ排除は独占禁止法違反?米国で訴訟問題に

Apple社の仮想通貨関連アプリ排除は独占禁止法違反?米国で訴訟問題に

FTX Japan「初のテレビCM」放映開始|大谷翔平選手が出演

FTX Japan「初のテレビCM」放映開始|大谷翔平選手が出演

スイス最大のオンラインショップ:仮想通貨に加え「ステーブルコイン決済」にも対応へ

スイス最大のオンラインショップ:仮想通貨に加え「ステーブルコイン決済」にも対応へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

エルサルバドル「毎日1ビットコイン購入戦略」を継続|法定通貨で買えなくなるまで

エルサルバドル「毎日1ビットコイン購入戦略」を継続|法定通貨で買えなくなるまで

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

急成長が期待されるPoodl Inu、プレセールでは140万ドルの資金調達

急成長が期待されるPoodl Inu、プレセールでは140万ドルの資金調達

自民党web3PT「2024年版のweb3ホワイトペーパー」公開|税制改正など様々な要望を記載

自民党web3PT「2024年版のweb3ホワイトペーパー」公開|税制改正など様々な要望を記載

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

複数の仮想通貨交換を「1回の取引」に集約|ADA Marketsが新機能をテスト

複数の仮想通貨交換を「1回の取引」に集約|ADA Marketsが新機能をテスト

日本の年金基金:運用資産の多様化に向け「ビットコイン・暗号資産」などの情報提供依頼

日本の年金基金:運用資産の多様化に向け「ビットコイン・暗号資産」などの情報提供依頼

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

コインチェック「Nine Chronicles M」のNFTコレクション取扱いへ【国内初】

コインチェック「Nine Chronicles M」のNFTコレクション取扱いへ【国内初】

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す