ビットコイン価格「130万円台」に突入|予想される今後の抵抗線は?

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は急速な回復を見せており、本日26日には130万円台まで急騰しました。BTCに強気な専門家達は今後もさらなる上昇が続くと予想しており、このまま過去最高値を突破する可能性があるとの見方も出ています。

こちらから読む:価格上昇続くBTC、先物承認も影響か?「ビットコイン」関連ニュース

BTC価格急騰「130万円台」に突入

ビットコイン(BTC)の価格は、本日26日の12時頃に再び急騰し「130万円台」に突入しました。過去24時間の価格上昇率は「11.3%」となっており、過去7日間の上昇率は「36.8%」にまで達しています。価格急騰後も大きな下落は見られておらず、記事執筆時点でも上昇傾向は続いているため、今後は重要視されている150万円近くまで上昇すると予想されます。

130万円のラインは2018年2月頃から抵抗となっていたラインでもあるため、また一つ重要な壁を突破したと言えるでしょう。2017年末からのチャートを元にして考えると、今後注目すべきポイントは、
・150万円
・180万円
・210万円
・240万円
になると考えられます。

2017年8月30日〜2019年6月26日 BTC/JPYの日足チャート(画像:bitbank)2017年8月30日〜2019年6月26日 BTC/JPYの日足チャート(画像:bitbank)

過去最高値「220万円」更新なるか?

現在の動きは、これまでに仮想通貨関連の専門家が予想していた動きと一致しています。そのような専門家達は「1万ドル(約107万円)を超えた時にビットコインは"本格的な強気相場"に突入した」と考えており、その後の価格予想としては160万円、220万円、430万円、644万円、さらには1,000万円まで到達するとの予想まで語られています。

過去最高値である240万円のラインを超えた場合には、目印となる抵抗ラインがなくなるため、急激な価格上昇が起きる可能性があります。価格が上昇するにつれてボラティリティ(価格変動の幅)はどんどん広がってきているため、1,000万円を突破することもあり得ると言えるでしょう。

しかしながら、過去最高値を突破した後の大規模な"買い注文"は、価格急落のきっかけにもなりかねないため注意が必要です。間近の動きで特に重要な抵抗線になると考えられているのは「150万円台」と「220万円前後」です。過去最高値に到達した場合には、一度大規模な売りが入る可能性も十分に考えられるため、特に注意する必要があると言えるでしょう。

価格下落時に語られていた強気予想の中には「2020年末に1億円」さらには「2019年末に2億円」といった信じられないものもあるため、今後の動きにはさらに注目が集まります。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

bitFlyer「最大5万円相当のビットコインが当たる」キャンペーン開催

bitFlyer「最大5万円相当のビットコインが当たる」キャンペーン開催

OKCoin:ビットコインの入出金で「ライトニングネットワーク」をサポート

OKCoin:ビットコインの入出金で「ライトニングネットワーク」をサポート

指紋認証機能付きハードウェアウォレット「Wallet S1」公開:暗号資産取引所Gate.io

指紋認証機能付きハードウェアウォレット「Wallet S1」公開:暗号資産取引所Gate.io

米金融大手State Street:暗号資産取引プラットフォーム「Pure Digital」に技術提供

米金融大手State Street:暗号資産取引プラットフォーム「Pure Digital」に技術提供

「イスラエルの首都はエルサレム!」発言でビットコインが高騰なぜ?

「イスラエルの首都はエルサレム!」発言でビットコインが高騰なぜ?

Sorareの選手カード、NFT取引所「miime」で取扱いへ|メタップスアルファと提携

Sorareの選手カード、NFT取引所「miime」で取扱いへ|メタップスアルファと提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨決済サービス「Binance Pay」アルファ版公開|小売店での支払いが可能に

仮想通貨決済サービス「Binance Pay」アルファ版公開|小売店での支払いが可能に

MicroStrategy:ビットコイン「16億円相当」を追加購入|今月3度目の買増し

MicroStrategy:ビットコイン「16億円相当」を追加購入|今月3度目の買増し

Morgan Stanley:韓国大手暗号資産取引所「Bithumb」買収に向けて交渉か=報道

Morgan Stanley:韓国大手暗号資産取引所「Bithumb」買収に向けて交渉か=報道

コイントレード:暗号資産取引サービス提供開始「新規口座開設キャンペーン」も開催

コイントレード:暗号資産取引サービス提供開始「新規口座開設キャンペーン」も開催

人型AIロボット「ソフィア」が作成したNFTデジタルアート作品販売へ

人型AIロボット「ソフィア」が作成したNFTデジタルアート作品販売へ

コンセンサス・ベイス「3Dアバター特化型のNFT売買基盤」提供開始|ソフトバンクも協力

コンセンサス・ベイス「3Dアバター特化型のNFT売買基盤」提供開始|ソフトバンクも協力

Coincheck NFT:The Sandboxの仮想土地「LAND」追加販売へ|合計310箇所を順次販売

Coincheck NFT:The Sandboxの仮想土地「LAND」追加販売へ|合計310箇所を順次販売

金融庁:暗号資産取引業協会に「トラベルルール早期導入のための体制整備」を要請

金融庁:暗号資産取引業協会に「トラベルルール早期導入のための体制整備」を要請

コインチェック:5万円相当のENJが当たる「Enjin Coinプレゼントキャンペーン」開始

コインチェック:5万円相当のENJが当たる「Enjin Coinプレゼントキャンペーン」開始

日本銀行「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の連絡協議会」を設置|民間事業者も参加

日本銀行「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の連絡協議会」を設置|民間事業者も参加

MCH+参画ブロックチェーンゲーム4作品「国内初のマルチチェーン対応」

MCH+参画ブロックチェーンゲーム4作品「国内初のマルチチェーン対応」

個人・事業者を支援する報酬プログラム「JPYC Grant」提供開始:日本暗号資産市場社

個人・事業者を支援する報酬プログラム「JPYC Grant」提供開始:日本暗号資産市場社

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す