ビットコイン「1,000万円」までの道程|アナリストが語る、3つの重要ポイント

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は重要視されていた1万ドル(約107万円)のラインを突破してからも順調に上昇を続けているため、仮想通貨業界では「過去最高値を更新する日はそう遠くない」との見方が強まってきています。「ThinkMarkets」のアナリストであるNaeem Aslam(ナイーム・アスラム)氏は最近行われたインタビューの中で「BTC価格は今後、2万ドル、5万ドル、10万ドルへと上昇していく可能性がある」との考えを語っています。

こちらから読む:規制強化でBTC需要はさらに高まる「ビットコイン」関連ニュース

BTC目標価格は「2万→5万→10万ドル」

外国為替(FX)や商品取引のオンラインブローカー「ThinkMarkets」のチーフ・マーケット・アナリストであるNaeem Aslam(ナイーム・アスラム)氏は、「Fox Business」とのインタビューの中で、ビットコインは今後6万ドル〜10万ドル(約642万円〜1,071万円)に達すると予想しました。

アスラム氏は、2019年6月17日に機関の関与によって「ビットコインは数週間で1万ドル(約107万円)に達する」と予想していましたが、ビットコインはその後、22日に実際に1万ドルを突破しています。

1万ドル突破の予想を的中させたアスラム氏は、次の目標価格は2万ドル(約214万円)と5万ドル(約535万円)だと語っています。

同氏は過去最高値でもある2万ドルを突破すると、5万ドルまで上昇すると予想していますが、5万ドルを超えた場合には10万ドル(約1,071万円)が次の目標になると語っています。

富を貯蓄するための安全な避難先

アスラム氏は、ビットコインのことを「コモディティであり、価値の保存手段であり、リスクを分散するための資産だ」と説明しています。ビットコインは決済手段としての機能性が低いことがよく指摘されていますが、アスラム氏は『では一体、金(ゴールド/Gold)で何が買えるのか?』と指摘しています。

同氏は、ビットコインと金がこの3週間で両方とも価格が急騰したことをあげ、「経済に対する不透明感が増大していること」や「米中貿易戦争」そして「中東での不安と戦争の可能性」などによって、富を貯蓄するための安全な避難先となるビットコインや金に資金が流れていることを説明しています。

ビットコイン価格が過去最高値を超えるという予想はここ数週間で急速に増えてきており、今や「1BTC=1,000万円」の予想も珍しいものではなくなってきました。先日はTwitterで人気の仮想通貨トレーダーであるJosh Rager氏が「ビットコインの上昇トレンドは900日間に渡って続く可能性がある」との見解も示しています。

>>「Fox Business」のインタビュー動画はこちら

2019年6月25日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、今月22日に「120万円」近くまで上昇しましたが、突破することはできずに停滞を続けていました。しかし現在は再び120万円台に迫ってきており、2019年6月25日12時時点では「1BTC=約1,191,830円」となっています。

2019年6月18日〜2019年6月25日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年6月18日〜2019年6月25日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

株式会社Orb:九州電力に「分散型台帳技術」を提供|地域通貨「常若通貨」発行へ

株式会社Orb:九州電力に「分散型台帳技術」を提供|地域通貨「常若通貨」発行へ

ビットコインSV:スコットランドのサッカークラブ「Ayr United F.C.」とスポンサー契約

ビットコインSV:スコットランドのサッカークラブ「Ayr United F.C.」とスポンサー契約

もう止まれない!韓国の仮想通貨バブルの裏側で…政府は慌てて規制を解除する

もう止まれない!韓国の仮想通貨バブルの裏側で…政府は慌てて規制を解除する

韓国の首都ソウルは独自の仮想通貨を開発している

韓国の首都ソウルは独自の仮想通貨を開発している

仮想通貨で「電子マネーチャージ」が可能に|DeCurretが複数の新サービスを開始

仮想通貨で「電子マネーチャージ」が可能に|DeCurretが複数の新サービスを開始

EUブロックチェーンパートナーシップに「イタリア」が参加|加盟国は27カ国に

EUブロックチェーンパートナーシップに「イタリア」が参加|加盟国は27カ国に

注目度の高い仮想通貨ニュース

この秋、第4回目の「Q DAOトークンセール」が開催されます

この秋、第4回目の「Q DAOトークンセール」が開催されます

分析サイト「DApp.com」カカオのブロックチェーンKlaytnと提携|掲載アプリ拡大へ

分析サイト「DApp.com」カカオのブロックチェーンKlaytnと提携|掲載アプリ拡大へ

ブロックチェーンで「プラスチックごみ」の問題解決|リサイクル衣類製造会社:Waste2Wear

ブロックチェーンで「プラスチックごみ」の問題解決|リサイクル衣類製造会社:Waste2Wear

JLL日本:ブロックチェーン用いた「不動産プラットフォーム構築」を実証実験

JLL日本:ブロックチェーン用いた「不動産プラットフォーム構築」を実証実験

Liquid:仮想通貨「Gram」販売で集まった資金のウォレットアドレスを公開

Liquid:仮想通貨「Gram」販売で集まった資金のウォレットアドレスを公開

TRON(TRX)新たな「Proof of Stake/PoS」メカニズムの計画を発表

TRON(TRX)新たな「Proof of Stake/PoS」メカニズムの計画を発表

消費税増税に伴い「各種手数料」を引き上げ:仮想通貨取引所コインチェック

消費税増税に伴い「各種手数料」を引き上げ:仮想通貨取引所コインチェック

IOTA財団:自立分散型マーケットプレイス「Industry Marketplace」を立ち上げ

IOTA財団:自立分散型マーケットプレイス「Industry Marketplace」を立ち上げ

STOの自主規制団体「2020年4月の認定」目指す:SBI北尾社長

STOの自主規制団体「2020年4月の認定」目指す:SBI北尾社長

Techtec:世界有数の分散型金融(DeFi)プロジェクト「MakerDAO」との協業を開始

Techtec:世界有数の分散型金融(DeFi)プロジェクト「MakerDAO」との協業を開始

ブルンジ共和国:仮想通貨取引の「全面禁止」を決定|投資家・消費者の保護を優先

ブルンジ共和国:仮想通貨取引の「全面禁止」を決定|投資家・消費者の保護を優先

Telegramでビットコインなどの「仮想通貨取引」が可能に|テスト版サービス公開

Telegramでビットコインなどの「仮想通貨取引」が可能に|テスト版サービス公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す