2020年末のビットコイン価格「1億円以下は数学的に無理」ジョン・マカフィー

by BITTIMES   

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は今月はじめに急騰して以降、横ばいの状態が続いており、専門家の見解は「大幅な下落を警告する意見」と「さらなる高値更新を予想する意見」で分かれています。しかしサイバーセキュリティーの専門家でありながら、仮想通貨の伝道師としても知られるJohn McAfee(ジョン・マカフィー)氏は『ビットコイン価格を"2020年末まで1億円以下に抑えること"は数学的に不可能だ』と語っています。

こちらから読む:大統領選控えるも国外逃亡中「John McAfee」関連ニュース

ビットコイン価格「1億円未満」に抑えるのは不可能

NASA宇宙科学研究所のプログラマーを務めた経歴も持つサイバーセキュリティの専門家John McAfee(ジョン・マカフィー)氏は、2020年末までビットコイン価格を100万ドル(1億円)以下に保つことは数学的に不可能だと語っています。同氏はビットコインの行動経済学は株式とは全く異なると述べており、株式の理論や公式を用いて将来のビットコイン価格を予測することはできないと説明しています。

乗り遅れるな!!!
基本的な数学のスキルを磨き、いくつかのf*^$ng数を実行する時が来ました!!!!2020年末までビットコイン価格を100万ドル未満に抑えることは数学的に不可能です。
ビットコインは忌々しい株とは違います!!!株式のパラダイムや公式を適用して答えを出すことはできません!

マカフィー氏は今回のツイートの中では「ビットコイン価格が1億円に達することを示す数式」を示してはいませんが、過去の発言の中で「ビットコインのマイニングコスト/ユーザー数/トランザクション数」などに基づいて『ビットコイン価格は2020年までに1億円に達する』ということを詳しく説明しており、ビットコインは投機的な投資ではなく、銀行無しでも機能する決済プロトコルを推進する手段であると強調しています。

「数学的な裏付け」と「高まるビットコイン需要」

ビットコインが誕生して間もない頃に「ビットコインマイナー」として稼いでいたマカフィー氏は「ビットコインのマイニングで損失を出すことはない」とも語っており、ビットコインは数学的に「将来の発行枚数」や「発行上限」が決められているため、需要が増加するほど価格も上昇するようになっていると説明しています。

「伝統的な銀行システム」や「中央集権型のシステム」に対する批判の声は依然として数多く出ていますが、ビットコインは仲介者を必要とせずに取引することができるようになっており、取引記録も安全に管理することができます。

またその他には「ビットコインの需要がなくなる可能性」を指摘する意見なども見られていますが、現在もビットコインを採用する企業などが世界中で報告されていることや、既存の法定通貨への信頼を失った国の人々がビットコインへと移行していることなどを考えると、今後もビットコインの需要は高まっていくと予想されます。

マカフィー氏は、このような「数学的な価格上昇の裏付け」や「ビットコインの需要を支える複数の要因」があることからビットコインの価格上昇に強い自信を維持しており「人々は長期的に価値を下げる米ドル、ユーロ、中国元などの使用をやめ、そのかわりとしてビットコインを使用し始めるだろう」とも語っています。

現在の「ビットコイン適正価格」は548万円?

ビットコイン価格が「今後も上昇する」と考えている人は多いものの、マカフィー氏は「ビットコイン価格が2020年末までに1億円に達する理由」については明らかにしていないため、この価格予想が的中すると考えている人はそれほど多くありません。

マカフィー氏が以前に「ビットコイン価格が2020年末までに100万ドルに達しなければ自分のペニスを食べる」と発言したことによって立ち上げられた特設WEBサイトのデータでは、マカフィー氏の予想を達成するためには現時点でビットコイン価格が48,978ドル(約548万円)に達していなければならないことが示されています。

ジョン・マカフィー氏のために作られた特設WEBサイト(画像:bitcoin.top)ジョン・マカフィー氏のために作られた特設WEBサイト(画像:bitcoin.top

現在のビットコイン価格が58万円前後であることを考えると、マカフィー氏の予想を達成するためには「2017年に起きたような大幅な価格上昇」が必要であると考えられます。しかし全体的な動きを踏まえて考えると比較的安定して上昇しているのも事実であるため、実際に「1BTC=100,000,000円」を2020年末までに達成することは不可能ではないとも考えられます。

いずれにせよマカフィー氏自身は「"2020年末までBTC価格を1億円以下に留めること"自体が不可能だ」と語っているため「1億円に達するかどうか」はもはや眼中にないのだと予想されます。

2019年4月17日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は今月12日に55万円近くまで下落したものの、依然として横ばいの状態が続いており、2019年4月17日時点では「1BTC=585,669円」で取引されています。

今後の価格予想に関しては専門家の間でも意見が分かれており「大幅な価格下落の可能性がある」と警告する意見も多く見られる一方で、今後も上昇が続くという意見も出ています。

2019年4月3日〜2019年4月17日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年4月3日〜2019年4月17日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米国人気スタートアップ50社「ブロックチェーン企業」が多数ランクイン|LinkedIn調査

米国人気スタートアップ50社「ブロックチェーン企業」が多数ランクイン|LinkedIn調査

トルコ中銀:2021年に「中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト実施」を予定

トルコ中銀:2021年に「中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト実施」を予定

POSデバイスに「ビットコイン決済機能」を導入|ブラジル最大の決済プロバイダーCielo

POSデバイスに「ビットコイン決済機能」を導入|ブラジル最大の決済プロバイダーCielo

ヘルスケアアプリ「Lympo」ブロックチェーン企業「Harmony」と提携してデータ共有高速化へ

ヘルスケアアプリ「Lympo」ブロックチェーン企業「Harmony」と提携してデータ共有高速化へ

ビットコイン「時価総額ランキングTOP10」に復帰|バークシャー・ハサウェイ上回る

ビットコイン「時価総額ランキングTOP10」に復帰|バークシャー・ハサウェイ上回る

ブロックチェーンで「音楽作品の独創性」を検証・記録|アリババが米国で特許取得

ブロックチェーンで「音楽作品の独創性」を検証・記録|アリババが米国で特許取得

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインチェック「Nine Chronicles M」のNFTコレクション取扱いへ【国内初】

コインチェック「Nine Chronicles M」のNFTコレクション取扱いへ【国内初】

今注目の仮想通貨エアドロップ?!99Bitcoinsが99,999ドルをプレゼント開始!

今注目の仮想通貨エアドロップ?!99Bitcoinsが99,999ドルをプレゼント開始!

Shib:The Metaverseのコンテンツ制作映像公開「シバイヌ関連の注目ニュース」も続々

Shib:The Metaverseのコンテンツ制作映像公開「シバイヌ関連の注目ニュース」も続々

複数の仮想通貨交換を「1回の取引」に集約|ADA Marketsが新機能をテスト

複数の仮想通貨交換を「1回の取引」に集約|ADA Marketsが新機能をテスト

99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

Apple共同創設者:仮想通貨詐欺動画に関する訴訟で「YouTube」に勝訴

Apple共同創設者:仮想通貨詐欺動画に関する訴訟で「YouTube」に勝訴

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

Dogecoin20がプレセールで1000万ドル調達に成功!4月20日の国際ドージデーにローンチ予定

Dogecoin20がプレセールで1000万ドル調達に成功!4月20日の国際ドージデーにローンチ予定

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

シバイヌ(SHIB)は今後「300%以上」上昇する?さらに強気な価格予想も

シバイヌ(SHIB)は今後「300%以上」上昇する?さらに強気な価格予想も

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す