Ripple、分散化に向けてアップグレードする事を発表

by BITTIMES

21日、Ripple社は新しく2つの論文を公開し、リップル(Ripple/XRP)の根底となる台帳技術をアップグレードすることを発表しました。論文では「XRPの合意形成アルゴリズムの向上」や「取引承認の方法を分散化させる方法」について説明されています。リップルが学術的な技術論文を公開するのはこれが初めてです。

発表された2つの論文

XRPレジャー合意形成プロトコルの分析」とされる1つ目の論文は14年のホワイトペーパーに基いており、ネットワークの分裂を防ぐ安全性やネットワーク遅滞の問題について書かれています。

「コバルト:オープンネットワークにおけるBFTガバナンス」とされる2つ目の論文は、各ノードを多様なノードと接合させることでネットワークの安全性を高める方法について考察しています。

分散型台帳による非中央集権化

Ripple社によると、最終的には世界中に散らばった取引承認者のネットワークを通して XRP台帳の安全性を確保することを目標としているとのことです。

リップルのステファン・トーマス(Steppan Thomas)CTO は、以下のようなコメントも述べています。

「世界中のお金をより簡単に移転するために技術をさらに向上させたいと考えています。」

リップルは将来ビットコインより大幅に非中央集権化される

台帳分散化による更なる飛躍

Rippleには、SBI やサンタンデールのような多くの投資家もいます。
中央集権的と批判されることもあったリップルですが、取引承認アルゴリズムを分散化される事によって、今後はさらに多くの投資家を集めることになるでしょう。

リップルを購入するなら bitbank がおすすめです。
仮想通貨取引所 bitbank の画像リップルの購入に最適な仮想通貨取引所 bitbank はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

リップルとライトコインが上場したフランスの取引所Bititとは?

リップルとライトコインが上場したフランスの取引所Bititとは?

リップル価格高騰で時価総額2位に、その将来性は?

リップル価格高騰で時価総額2位に、その将来性は?

話題の国際送金アプリが遂にリリース|リップル(XRP)

話題の国際送金アプリが遂にリリース|リップル(XRP)

bitbank(ビットバンク)がリップル(Ripple/XRP)の取引量世界一に

bitbank(ビットバンク)がリップル(Ripple/XRP)の取引量世界一に

リップル(ripple)今後の行方「詐欺で業者代表逮捕」

リップル(ripple)今後の行方「詐欺で業者代表逮捕」

SBIホールディングスがHuobiグループとの業務提携を解消

SBIホールディングスがHuobiグループとの業務提携を解消

注目度の高い仮想通貨ニュース

ネム(NEM/XEM)の高騰に期待が集まる理由

ネム(NEM/XEM)の高騰に期待が集まる理由

MyEtherWalletでハッキング被害|被害額は1630万円相当?

MyEtherWalletでハッキング被害|被害額は1630万円相当?

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)がHuobi(フオビ)に上場

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)がHuobi(フオビ)に上場

国内の仮想通貨取引に関する様々な情報を公開|金融庁

国内の仮想通貨取引に関する様々な情報を公開|金融庁

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月1日〜7日

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月1日〜7日

コインチェックがマネックスの出資を受け入れる

コインチェックがマネックスの出資を受け入れる

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月18日〜24日

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月18日〜24日

独自トークンを活用して渋滞問題を改善|Ford(フォード)

独自トークンを活用して渋滞問題を改善|Ford(フォード)

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月8日〜14日

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月8日〜14日

SBIグループも参加しているR3コンソーシアムとは?

SBIグループも参加しているR3コンソーシアムとは?

トップ10の仮想通貨で上昇続く|BTCは100万円台目前

トップ10の仮想通貨で上昇続く|BTCは100万円台目前

仮想通貨は金融資産か?マルタの金融庁が見解を表明

仮想通貨は金融資産か?マルタの金融庁が見解を表明

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す