TREZOR(トレザー)ビットコイン系仮想通貨の「入出金方法」を画像付きで解説

by BITTIMES

仮想通貨を安全に保管することができるハードウェアウォレット「TREZOR(トレザー)」で、ビットコイン(Bitcoin/BTC)系の仮想通貨を入金・出金するための方法を画像付きでわかりやすく解説します。この記事で説明している方法を使用すれば、ライトコイン(Litecoin/LTC)、ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)、ダッシュ(Dash/DASH)、ドージコイン(Dogecoin/DOGE)などの暗号資産も送受信することができます。

こちらから読む:基本情報や初期設定方法など「TREZOR」関連記事一覧

ビットコイン系仮想通貨の「入金方法」

仮想通貨をTREZORに入金する方法を解説します。TROZORは非常に多くの仮想通貨に対応していますが「TREZOR Bridge」のみで保管することができる仮想通貨はビットコインのチェーンを元にして作られた仮想通貨のみとなっています。

そのため、ここではまず初めに最も一般的な「ビットコイン系の仮想通貨」をTREZORに入金する方法を解説します。なお、TREZOR Bridgeのみで管理できる仮想通貨は以下のようになっています。

【TREZOR Bridgeのみで管理できる仮想通貨】
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)
ビットコインゴールド(Bitcoin Gold/BTG)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)
ダッシュ(Dash/DASH)
ドージコイン(Dogecoin/DOGE)
・ヴァートコイン(Vertcoin/VTC)

手順1.取り扱う仮想通貨を選択

「TREZOR Bridge」の管理画面では、取り扱う仮想通貨を画面左上で切り替えることができるようになっています。左上に表示されている通貨名の部分をクリックすると、下の画像ように仮想通貨のリストが表示されるため、入金したい仮想通貨をリストの中から選択しましょう。今回は「ビットコインを入金する場合」の方法を紹介します。

画面左上の通貨名をクリックして、入金したい仮想通貨を選択画面左上の通貨名をクリックして、入金したい仮想通貨を選択

手順2.入金用アドレスを確認

画面左上の通貨が入金したい通貨になっていることを確認したら、画面上部のメニューの中から「受信(Receive)」をクリックしましょう。すると下の画像のように「入金用ビットコインアドレス」が表示されます。

この時表示されているアドレスは全体の一部であるため、その右側にある「完全なアドレスを表示(Show full address)」をクリックすれば、すべてのアドレスを表示させることができます。

画面上部のメニューの中から「受信」をクリックして、入金用アドレスを表示画面上部のメニューの中から「受信」をクリックして、入金用アドレスを表示

すると「パソコンの画面上」と「TREZOR本体」の両方に同じ"入金用アドレス"が表示されます。これらのアドレスを見比べてアドレスが同じになっていることが確認できたら、TREZOR本体で「Continue(続ける)」のボタンを押してください。

なお、この時に本体側で「QR Code(QRコード)」のボタンを押すと、TREZOR本体に受取り用のQRコードを表示させることができます。このQRコードは次のステップでパソコン上にも表示されます。

表示されたアドレスを見比べて、問題がなければ「QR Code」または「Confirm」のボタンを押す表示されたアドレスを見比べて、問題がなければ「QR Code」または「Confirm」のボタンを押す

手順3.表示された「アドレスまたはQRコード」に送金

「続ける」のボタンを押すと、パソコン上に「受取り用アドレス」と「受取り用QRコード」が表示されます。自分が仮想通貨を保有している「取引所」や「ウォレット」から、このアドレスに仮想通貨を送金すれば、TREZORに資産を移動することができます。

※送金を行う場合は、アドレスが間違っていないかをしっかりと確認するようにしましょう。初めて送金する場合は、テストとして少額で送金してみると良いでしょう。

表示された「ウォレットアドレス」または「QRコード」宛てに仮想通貨を送金表示された「ウォレットアドレス」または「QRコード」宛てに仮想通貨を送金

手順4.入金されているかを確認

送金したら、TREZOR管理画面のメニューから「取引(Transactions)」をクリックして、ちゃんと届いているかを確認しましょう。届いていれば以下のような画面が表示されます。

「取引」をクリックすると、受け取った仮想通貨の数量と受け取り日時を確認することができます「取引」をクリックすると、受け取った仮想通貨の数量と受け取り日時を確認することができます

ビットコイン系仮想通貨の「出金方法」

ビットコイン系仮想通貨を外部のウォレットや取引所などに出金する方法を解説します。

手順1.仮想通貨の送金に必要な情報を入力

まず初めに仮想通貨を入金した時と同じように左上に表示されている通貨名が出金したい仮想通貨になっているかを確認しましょう。出金したい仮想通貨になっていたら画面上部のメニューの中から「送金(Send)」を選択しましょう。すると以下のような画面が表示されるので、出金に必要な情報を入力していきます。

「送金」の画面で必要な情報を入力「送金」の画面で必要な情報を入力

入力する必要がある情報は、
①送金先となるウォレットのアドレス
②送金したい金額(数量)
③支払う手数料
の3つとなります。なお、画面左下に表示されている「受信者を追加(Add recipient)」をクリックすると、複数のアドレスに別々の設定で送金を行うことができます。

「①送金先となるウォレットのアドレス」には、仮想通貨を送りたいウォレットや取引所のアドレスを記入します。記入する際には、アドレスが間違っていないかをしっかりと確認するようにしましょう。なお、入力欄の右側に記載されている「QRコードマーク」をクリックすれば、カメラでQRコードを読み込むこともできます。

「②送金したい金額(数量)」には、送金したい仮想通貨の数量を記入します。この欄に記入すると、その右側に表示されている枠に"その時の法定通貨価格"に自動変換した金額が表示されます。法定通貨の部分をクリックすると、自動変換する法定通貨を変更することもできるようになっています。「仮想通貨の数量」を入力しても「法定通貨の金額」を入力してもいいため、どちらか好きな方を入力しましょう。

「③支払う手数料」は、自分で設定することができるようになっています。高い手数料を支払えばより早く送金を行うことができますが、逆に少ない手数料を選択した場合には送金にも時間がかかることになります。この手数料は自分自身の都合に合わせて選択してください。

全ての入力が完了すると、「取引の承認にかかる推定時間」と「送金に必要となる手数料」が表示されます。問題がなければ「¥〜を送金」をクリックしましょう。すると再び「PINコード」の入力が求められるため、入力して次のステップに進みます。

手順2.TREZOR本体で送金を確認

するとパソコンの画面上には「TRZOR本体で送金の内容を確認するように」との警告が表示されます。一方TREZOR上には、先ほど入力した送金額と送金先のウォレットアドレスが表示されるため、内容を確認して間違いがなければ「Confirm(確認する)」のボタンを押してください。

TREZORに表示されたアドレスが間違ってなければ「Confirm」のボタンを押すTREZORに表示されたアドレスが間違ってなければ「Confirm」のボタンを押す

その次には、TREZOR上に送金額と必要な手数料が表示されます。この内容にも問題がなければ「Confirm(確認する)」のボタンを押してください。

「送金額・手数料」に問題がなければ、TREZOR本体で「Confirm」のボタンを押す「送金額・手数料」に問題がなければ、TREZOR本体で「Confirm」のボタンを押す

これで送金は完了となります。実際に送金することができたかを確認する場合は、メニューの中の「取引(Transactions)」を選択すれば送金した内容と送金の状況が表示されます。

「取引」を選択すると送金の内容と状況を確認できます「取引」を選択すると送金の内容と状況を確認できます

ここまでの手順を覚えれば、仮想通貨取引所などで購入した暗号資産を「TREZOR」で安全に保管し、必要に応じて外部のウォレットに送金することができます。

公式サイトに記載されている「ユーザーマニュアル」には今回説明した内容だけでなく「TREZOR本体の待ち受け画面の変更方法」や「仮想通貨の交換方法」などといった、より多くの機能の使い方を確認することができます。

TREZORにはこの他にも様々な機能が搭載されているため、基本的な設定が完了したら、ユーザーマニュアルやその他の機能も調べてみると良いでしょう。

>>「TREZOR公式のユーザーマニュアル」はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

TwitterのCEO「仮想通貨は未来の決済手段」

TwitterのCEO「仮想通貨は未来の決済手段」

Libra発表が好材料に?リップル(XRP)の契約数が「史上最多」を記録

Libra発表が好材料に?リップル(XRP)の契約数が「史上最多」を記録

Apple:ビットコイン「アイコン」と「CryptoKit(クリプトキット)」公開へ

Apple:ビットコイン「アイコン」と「CryptoKit(クリプトキット)」公開へ

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年4月28日〜5月4日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年4月28日〜5月4日

「女性のためのステーブルコイン」発行へ|BINANCE・Tron・Rippleなど「47社」が協力

「女性のためのステーブルコイン」発行へ|BINANCE・Tron・Rippleなど「47社」が協力

仮想通貨決済にも対応か?Softbank・TOYOTAのMaaS連合に「bitFlyer」が参加

仮想通貨決済にも対応か?Softbank・TOYOTAのMaaS連合に「bitFlyer」が参加

注目度の高い仮想通貨ニュース

ネット副業・仮想通貨投資など「モノなしマルチ商法」が増加|国民生活センターが警告

ネット副業・仮想通貨投資など「モノなしマルチ商法」が増加|国民生活センターが警告

Tron CEO「過激なマーケティング」について謝罪|技術開発に注力する意思を表明

Tron CEO「過激なマーケティング」について謝罪|技術開発に注力する意思を表明

Tron CEO、腎臓結石による「バフェットランチ延期」を発表

Tron CEO、腎臓結石による「バフェットランチ延期」を発表

Coincheckが「人気のブロックチェーンゲーム」とコラボ|プレゼント企画を実施

Coincheckが「人気のブロックチェーンゲーム」とコラボ|プレゼント企画を実施

SBI VC Trade:仮想通貨の板取引「VCTRADE Pro」公開|BTC・ETH・XRPに対応

SBI VC Trade:仮想通貨の板取引「VCTRADE Pro」公開|BTC・ETH・XRPに対応

ブロックチェーン研究で「東京大学・京都大学」がRipple社と提携|奨学金なども計画

ブロックチェーン研究で「東京大学・京都大学」がRipple社と提携|奨学金なども計画

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年8月4日〜10日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年8月4日〜10日

BINANCE US:上場予定の仮想通貨「30銘柄」を公開|ADA・XRPなども検討

BINANCE US:上場予定の仮想通貨「30銘柄」を公開|ADA・XRPなども検討

アンケート回答者に「ビットコイン報酬」Lightning Network用いた実験開始:HashHub×マクロミル

アンケート回答者に「ビットコイン報酬」Lightning Network用いた実験開始:HashHub×マクロミル

Braveブラウザ:仮想通貨BATの「出金機能」追加へ|開発者向けに提供開始

Braveブラウザ:仮想通貨BATの「出金機能」追加へ|開発者向けに提供開始

仮想通貨決済企業Circle社CEO「バフェットランチ」参加へ

仮想通貨決済企業Circle社CEO「バフェットランチ」参加へ

BINANCE:証拠金取引に「Cardano/ADA」を追加|2種類の通貨ペアを提供

BINANCE:証拠金取引に「Cardano/ADA」を追加|2種類の通貨ペアを提供

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す