Twitter CEO:ビットコイン保管用にハードウェアウォレット「Trezor」を選択

by BITTIMES   

ビットコイン(Bitcoin/BTC)を非常に高く評価していることでも知られるTwitter(ツイッター)のCEO:Jack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏は、2019年3月7日のツイートで仮想通貨を保管するためのハードウェアウォレット「Trezor(トレザー)」を購入したことを明かしました。

こちらから読む:仮想通貨の保管方法は様々「ウォレット」関連ニュース

「Trezor Model T」と「Cryptosteel」購入か

Twitter(ツイッター)のCEOであるJack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏は、2019年3月7日に投稿したツイートで決済サプリ「Cash」を利用してハードウェアウォレット「Trezor(トレザー)」を購入したことを明かしました。

同氏のツイートでは支払いに利用したビットコインの送金画面も一緒に投稿されており、デバイスの購入に0.066BTC(約28,000円)を支払ったことが記されています。

今さっきCashAppを通じてハードウェアウォレット「Trezor」をビットコインで購入しました。

支払い額が最高金額である「0.066BTC」となっていることから、ドーシー氏は最新のハードウェアウォレット「Trezor Model T」と共に、秘密鍵をより安全に保管するためのものである「Cryptosteel(クリプトスチール)」も購入したと見られています。

Trezor(トレザー)を選んだ理由は?

数多く存在しているハードウェアウォレットの中で「なぜ"Trezor"を選んだのか?」と尋ねられたドーシー氏は『Trezorの完全にオープンソースなインフラストラクチャに惹かれた』と説明しています。

Trezorのソフトウェアは全てオープンソースとして公開されているため、第三者がその中身を監査することができるようになっています。ソフトウェアを公開して透明性を確保することによって、Trezorはバックドアのない安全性を保証しています。

ジャック・ドーシー氏の今回のツイートは「Trezor」の人気をさらに高めることになりました。ドーシー氏は自分が保有しているビットコイン(BTC)の数量までは明らかにしていないものの、その他の仮想通貨を保有する予定はないことを以前に語っており『ビットコインはインターネットの理想にもっとも近いものであり、そこに大きな魅力を感じている』とも語っています。

また同氏は先日4日のポッドキャストの中で、先週だけで少なくとも1万ドル(約110万円)相当のビットコインを購入したことを明かしています。ドーシー氏が具体的にどれほどのビットコインを保有しているかについては明らかにされていないものの、今回「Trezor」を購入したことを考えると、同氏が保有しているBTCはそれなりの額の達しているのではないかとも考えられます。

ジャック・ドーシー氏が購入したハードウェアウォレット「Trezor」は日本でも購入することができます。最近は偽物なども出回っているため、実際に購入しようと考えている方は以下の「TREZOR正規販売代理店」から購入すると良いでしょう。
>「TREZOR正規販売代理店」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・AIの「導入・教育」を強化|連邦クラスの大規模政策を開始:UAE

ブロックチェーン・AIの「導入・教育」を強化|連邦クラスの大規模政策を開始:UAE

ビットコイン(BTC)の価格下落「行き過ぎている」と指摘:BINANCE CEO

ビットコイン(BTC)の価格下落「行き過ぎている」と指摘:BINANCE CEO

Twitter(ツイッター)も仮想通貨関連の広告を禁止

Twitter(ツイッター)も仮想通貨関連の広告を禁止

【速報】ハッキングでXRP・EOS「約21億円相当」が流出:韓国大手仮想通貨取引所Bithumb

【速報】ハッキングでXRP・EOS「約21億円相当」が流出:韓国大手仮想通貨取引所Bithumb

「女性のためのステーブルコイン」発行へ|BINANCE・Tron・Rippleなど「47社」が協力

「女性のためのステーブルコイン」発行へ|BINANCE・Tron・Rippleなど「47社」が協力

仮想通貨決済の「消費税」を免税に|税金制度の草案を公開:シンガポール内国歳入庁

仮想通貨決済の「消費税」を免税に|税金制度の草案を公開:シンガポール内国歳入庁

注目度の高い仮想通貨ニュース

沖縄県首里城の復旧支援「イーサリアムの寄付」にも対応:Huobi Japan

沖縄県首里城の復旧支援「イーサリアムの寄付」にも対応:Huobi Japan

2020年、現金取引制限で仮想通貨「需要増加」の可能性:マレーシア

2020年、現金取引制限で仮想通貨「需要増加」の可能性:マレーシア

Cardano財団:決済ソリューション「ADAPay」公開|店舗・Webサイトでの支払いを処理

Cardano財団:決済ソリューション「ADAPay」公開|店舗・Webサイトでの支払いを処理

IOTA財団:モビリティの未来を変える多機能コンセプトカー「EDAG CityBot」を紹介

IOTA財団:モビリティの未来を変える多機能コンセプトカー「EDAG CityBot」を紹介

ブロックチェーン基盤の「チケットアプリ」を試験導入:オランダサッカー協会(KNVB)

ブロックチェーン基盤の「チケットアプリ」を試験導入:オランダサッカー協会(KNVB)

中国人民銀行:仮想通貨取引の「監視・取り締まり」強化へ|国外事業者にも対処

中国人民銀行:仮想通貨取引の「監視・取り締まり」強化へ|国外事業者にも対処

Bitfury:企業・政府向けブロックチェーンサービス「Exonum Enterprise」を発表

Bitfury:企業・政府向けブロックチェーンサービス「Exonum Enterprise」を発表

ビットコインマイニングマシン「日本市場」で本格展開|BITMAINがTEAMZと提携

ビットコインマイニングマシン「日本市場」で本格展開|BITMAINがTEAMZと提携

ブロックチェーンゲームの資産価値が確認できる「アセットアナライザーβ版」公開

ブロックチェーンゲームの資産価値が確認できる「アセットアナライザーβ版」公開

コインチェック:ブロックチェーンゲーム「Crypto Spells」とコラボ企画を開催

コインチェック:ブロックチェーンゲーム「Crypto Spells」とコラボ企画を開催

IRS犯罪捜査官:ビットコインATM・キオスク関連の「違法行為」を調査

IRS犯罪捜査官:ビットコインATM・キオスク関連の「違法行為」を調査

NEM:カタパルトのメインネット稼働に向け「今後のスケジュール」を公開

NEM:カタパルトのメインネット稼働に向け「今後のスケジュール」を公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す