2023年、ブロックチェーン市場の総収益は「100億ドル」に=ABI Research予測

by BITTIMES

ブロックチェーン技術は世界中の様々な企業によってテスト・実用化されてきており、その勢いは徐々に増してきています。米国の調査会社である「ABI Research」は、ブロックチェーン産業のグローバル収益は2023年までに100億ドル(約1.07兆円)に達する見込みだと報告しています。

こちらから読む:大手芸能事務所、独自チェーン開発へ「ブロックチェーン」関連ニュース

2023年のブロックチェーン市場予測:ABI Research

ブロックチェーン技術はここ数年間で急速に活用され始めており、食品自動車金融物流医療など様々な業界の大手企業が技術活用に取り組んでいます。

IBMが提供しているブロックチェーンプラットフォームなどは、特に多くの大手企業に活用されており、最近では金融取引だけでなく、様々な商品のサプライチェーン管理やデータ管理、所有権の証明など、様々なことにブロックチェーン技術が役立てられています。

米国の大手調査会社である「ABI Research」は、ブロックチェーン技術の国際的な総収益は2023年までに100億ドル(約1.07兆円)に達すると予測しており、このようなデータはブロックチェーンアプリケーションへの強い関心を示していると報告しています。

資金調達はICOから「ベンチャーキャピタル」へ

ブロックチェーン関連の資金調達といえば、以前まではICO(イニシャル・コイン・オファリング)が主流でしたが、現在は仮想通貨に対する厳しい規制や課税などの問題によってICOに対する関心は低下しています。

「ABI Research」は、このような状況の中で現在のブロックチェーン市場はベンチャーキャピタル(VC)をベースとした資金調達へとシフトしていると指摘しています。大規模なVCは投資を行う前に慎重に調査を行うため、より信頼できるブロックチェーンプロジェクトが成長していくことを意味します。

同社の報告によると、VCベースの資金調達は「2017年に153ラウンドで調達された8億5,000万ドル(約909億円)」から「2018年に620ラウンドで調達された31億ドル(約3,314億円)にまで増加しているとされており、特に「サポートインフラストラクチャ・小売・サプライチェーン・エンタープライズアプリケーション」に焦点を当てたブロックチェーンスタートアップに資金が向けられていると説明されています。

ブロックチェーン産業に残された課題

「ABI Research」は将来的な収益に関しては大きな成功が望めると予測しているものの、現在のブロックチェーン市場には「複数のソフトウェアを結びつける"ミドルウェアクラス"の製品が欠如している」という問題が残されていることも指摘しています。

同社は「そのような問題が開発者に障害をもたらし、ブロックチェーン企業の収益低下を招いている」と述べており、今後の成長のためには"相互運用性を高める製品"が必要になってくることを説明しています。

しかし同社は、2021年以降にはそのような製品が現れ、プラットフォームに依存しないソリューションが登場することになり、プラットフォームおよびソフトウェアレベルでの開発と相互運用性を実現すると予想しています。

「現在のブロックチェーン業界には"相互運用性"が必要である」という意見は、有名な専門家からも度々上がっており、実際にそのような問題を解決するための計画なども進められています。ブロックチェーン技術の導入によって収益性が上がったことは実際に複数の企業からも報告されているため、これらの技術の利点を最大限に生かすことができる環境が構築されればブロックチェーン業界はさらに急速に成長していくことになると期待されます。

>>「ABI Research」のレポートはこちら

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ほぼ全てのアルトコイン「最終的には無価値」に:アンソニー・ポンプリアーノ

ほぼ全てのアルトコイン「最終的には無価値」に:アンソニー・ポンプリアーノ

仮想通貨が稼げる「駐車場情報共有アプリ」を発表:自動車部品大手Continental

仮想通貨が稼げる「駐車場情報共有アプリ」を発表:自動車部品大手Continental

Cardano財団「アンバサダープログラム第2弾」を開始|認定大使にADA報酬を付与

Cardano財団「アンバサダープログラム第2弾」を開始|認定大使にADA報酬を付与

米国証券取引委員会(SEC)VanEckなど3社のビットコインETF「承認判断を延期」

米国証券取引委員会(SEC)VanEckなど3社のビットコインETF「承認判断を延期」

暗号市場分析会社Messari:データベースに「Cardano・Orbs」などのプロジェクトを追加

暗号市場分析会社Messari:データベースに「Cardano・Orbs」などのプロジェクトを追加

フェイスブック:決済サービス「Facebook Pay」を発表|米国で今週中にも提供開始

フェイスブック:決済サービス「Facebook Pay」を発表|米国で今週中にも提供開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

韓国ウリィ銀行:コインプラグと協力して「暗号資産カストディ市場」に参入

韓国ウリィ銀行:コインプラグと協力して「暗号資産カストディ市場」に参入

ディーカレット「ONT取扱い開始日」が決定|4つの上場記念キャンペーンも開催

ディーカレット「ONT取扱い開始日」が決定|4つの上場記念キャンペーンも開催

【Chiliz&Socios】強豪eスポーツチーム「Team Vitality」のファントークン販売本日開始

【Chiliz&Socios】強豪eスポーツチーム「Team Vitality」のファントークン販売本日開始

ジャック・ドーシー氏「Twitterへのビットコイン活用」について決済発表でコメント

ジャック・ドーシー氏「Twitterへのビットコイン活用」について決済発表でコメント

韓国・新韓銀行「Klaytn(クレイトン)のガバナンス評議会」に参加

韓国・新韓銀行「Klaytn(クレイトン)のガバナンス評議会」に参加

パラグアイのRejala議員「ビットコイン関連法案」2021年7月14日提出へ

パラグアイのRejala議員「ビットコイン関連法案」2021年7月14日提出へ

Chiliz Exchange:eスポーツチーム「Team Vitality」の$VITファントークン本日取扱い開始

Chiliz Exchange:eスポーツチーム「Team Vitality」の$VITファントークン本日取扱い開始

ドルチェ&ガッバーナ「NFTコレクション」発売へ|Polygon活用した「UNXD」と提携

ドルチェ&ガッバーナ「NFTコレクション」発売へ|Polygon活用した「UNXD」と提携

SpaceXも「ビットコイン」を保有|TeslaでBTC決済再開の可能性も【The ₿ Word】

SpaceXも「ビットコイン」を保有|TeslaでBTC決済再開の可能性も【The ₿ Word】

PayPal(ペイパル)暗号資産の購入限度額「5倍」に引き上げ|年間限度額は無制限に

PayPal(ペイパル)暗号資産の購入限度額「5倍」に引き上げ|年間限度額は無制限に

OKCoinJapan:手数料無料で送受金できる「利用者間振込機能」追加

OKCoinJapan:手数料無料で送受金できる「利用者間振込機能」追加

世界最大級のeスポーツ団体ESL:暗号資産取引所「Coinbase」とパートナーシップ契約

世界最大級のeスポーツ団体ESL:暗号資産取引所「Coinbase」とパートナーシップ契約

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す