VRゲームへの「ブロックチェーン活用」に向け実証実験:よむネコ×double jump.tokyo

by BITTIMES   

VRゲームの企画・開発を行っている「株式会社よむネコ」は、人気のブロックチェーンゲーム「My Crypto Heroes」を提供していることで知られる「double jump.tokyo株式会社」と協業し、世界初となる"VRゲーム上のデジタルデータをNFT(Non-Fungible Token*)化する実証実験"を開始することを発表しました。
(*)Non-Fungible Token:代替不可能なトークンのこと。イーサリアムブロックチェーンにおける、スマートコントラクトの規格ERC721を採用している。

こちらから読む:ファンタジースポーツでBTC決済が可能に「ゲーム」関連ニュース

「ブロックチェーン×VRゲーム」の業界基準を確立

「株式会社よむネコ」と「double jump.tokyo株式会社」が行う実証実験では、よむネコ社が企画・開発したVRオンラインアクションゲーム「ソード・オブ・ガルガンチュア(SWORDS of GARGANTUA)」に、double jump.tokyo社が提供するブロックチェーンゲーム開発支援プログラム「MCH+」のNFT発行・管理機能を活用することになっています。

両者はこの実験を通じてVR(仮想現実)の分野でブロックチェーン技術を活用していくための"業界基準確立"に向けて多角的な実証実験を行っていくと説明されています。

ソード・オブ・ガルガンチュアとは

SWORDS of GARGANTUA(ソード・オブ・ガルガンチュア)は、最大4人でプレイすることができるリアルな"VRソードバトルゲーム"となっており、仲間と協力しながら「巨人ガルガンチュア」やその軍団を討伐していく内容となっています。

武器や防具は豊富な種類が提供されており、ステージも初心者から上級者までが楽しめる50以上のステージが用意されています。

VRゲーム内の「デジタルデータ」をNFT化

実証実験の第1段階目では、ソード・オブ・ガルガンチュア内のアイテムを獲得できるクエストイベントを実施し、その際に獲得することができるデジタルデータをNFTとして発行するとされています。獲得したNFTは、VRゲーム外で自由に取引することができます。

これまでの一般的なゲームでは、ゲーム内で獲得したアイテムはゲームの中でしか使用することができませんでしたが、ブロックチェーン技術を活用してアイテムをトークン化することによって「オープンな新しいエコシステム」を構築し、全く新しいVRゲームを創造していくことができると期待されています。

NFTとして発行されたアイテムは、ブロックチェーン技術の特徴で"コピー・複製"することができないようになっているため、"資産としての価値"を持つことができるようになります。これらの"仮想資産"はウォレットなどのアプリに保管することができ、別のユーザーと気軽に取引することができます。

今後はユーザーの意見を参考にしながら「新しい遊び」を実験的に提供していくとのことです。

「よむネコ・double jump.tokyo」関係者のコメント

今回の実証実験について、各社の関係者は次のようにコメントしています。

ー よむネコCEO國光氏 ー
VRとブロックチェーンはこれまでのゲーム業界を大きく変えるものです。
リアルな世界に息苦しさを感じている人たち全員がVRの世界でみんなが外見やアバターを好きなように選び、生きる。 ブロックチェーンでデジタルデータに資産性を持たせることで、必ずしもリアルの世界でビジネスを頑張る必要はなくなる。

この2つの技術を掛けあわせれば、みんながVR世界で住むという世界を創ることができると思います。その第一歩として本研究には大きな意義があると思っております。

ー よむネコCSO新氏 ー
何万人もの人が参加できるVRでのRPGの実現を掲げているよむネコにとって、ブロックチェーンを通じて、ゲームエコシステムを発展させる技術を実現することは「必然」だと考えています。

「ソード・オブ・ガルガンチュア」の世界では、VR空間で実際に持つことができる希少な剣を入手することが、ゲームの重要な要素となっています。まず、第一歩として、ユーザーの皆様に「MCH+」を活用して、そこに新しい遊びや価値を実験的に提供することを構想しています。未来を現実に具現化するために、一歩一歩注意深く開発を進めていきます。

ー double jump.tokyo上野氏 ー
VR×ブロックチェーンの取り組みは、いくつか発表しているところはありますが、実際に発売されているVRゲームでNFT化を実施するというのは、とても大きな一歩だと考えています。

VRゲームサイドでは、ブロックチェーン化をカバーしたいものの、ブロックチェーン技術やエコシステム構築ノウハウのような専門領域の人材育成や投資は困難です。「MCH+」による今回のような取り組みによって、今後多くのVRコンテンツにブロックチェーン技術の適用をサポートし、映画「レディ・プレイヤー1」のような世界の実現に寄与できると幸いです。

ブロックチェーン技術はすでに様々なゲームに活用されていますが、VRゲームへの活用はそれほど多く進められていません。今回の実証実験が順調に進むことによって、今後はより多くのVRゲームでアイテムを資産として保有することができるようになると期待されます。

>>「ソード・オブ・ガルガンチュア」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

グローバル・ステーブルコイン規制に向けた「10の要点」を発表:金融安定理事会

グローバル・ステーブルコイン規制に向けた「10の要点」を発表:金融安定理事会

沖縄県首里城の復旧支援「イーサリアムの寄付」にも対応:Huobi Japan

沖縄県首里城の復旧支援「イーサリアムの寄付」にも対応:Huobi Japan

Terra:LUNA・LUNC関連の最新版ウォレット「Station」公開|ステーキングで新機能も

Terra:LUNA・LUNC関連の最新版ウォレット「Station」公開|ステーキングで新機能も

Huobi Japan:新たに「ネム(NEM/XEM)」と「ステラ(Stellar/XLM)」取扱いへ

Huobi Japan:新たに「ネム(NEM/XEM)」と「ステラ(Stellar/XLM)」取扱いへ

コンテンツ投稿で仮想通貨が稼げる「Baskadia」正式版リリース

コンテンツ投稿で仮想通貨が稼げる「Baskadia」正式版リリース

Telegramでビットコインなどの「仮想通貨取引」が可能に|テスト版サービス公開

Telegramでビットコインなどの「仮想通貨取引」が可能に|テスト版サービス公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

分散型自律組織の自主規制団体「日本DAO協会」設立へ

分散型自律組織の自主規制団体「日本DAO協会」設立へ

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

Wormholeの仮想通貨「W」本日エアドロップ|大手取引所にも上場予定

Wormholeの仮想通貨「W」本日エアドロップ|大手取引所にも上場予定

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

CoinCodex「2024年5月のSHIB価格高騰」を予測

CoinCodex「2024年5月のSHIB価格高騰」を予測

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す