家計簿アプリ「Zaim」とコインチェックが連携|仮想通貨の残高管理が可能に

by BITTIMES

仮想通貨取引所「Coincheck(コインチェック)」は、日本最大級のオンライン家計簿アプリ「Zaim」とのAPI連携を2019年10月28日から開始しました。これによりCoincheckアカウントの残高を「Zaim」のアプリ上でその他金融資産と共に一元管理することができるようになりました。

こちらから読む:bitFlyer、ふるさと納税でBTCが貰える企画開催「国内ニュース」

Zaim(ザイム)とは

Zaim-logo

Zaim(ザイム)とは、無料で簡単に使用することができるオンラインの家計簿&支出管理アプリであり、国内で800万回以上もダウンロードされている日本最大級のオンライン家計簿サービスとして知られいます。

このアプリでは「レシートを撮影することによって簡単に品目や金額を読み取ることができる機能」や「約1,500の銀行やクレジットカードのWeb明細に接続して自動的に入出金を記録するサービス」などが提供されています。

また、アプリ内では「円グラフ」や「棒グラフ」などといった様々な分析ツールが用意されているため、家計簿をつけるだけでなく、家計簿を見直して貯金や節約を行うための改善にサービスを役立てることもできるようになっています。

「Coincheckの資産」と「その他資産」を一括管理

Coincheck(コインチェック)は、2015年2月から他社サービスとの連携を強化し、仮想通貨関連サービス開発を促進するために「取引所の注文状況・取引履歴・板情報などといったトレーダー向けのAPI」などの情報を公開しており、2017年3月には株式会社マネーフォワードが提供するお金の見える化サービス「マネーフォワード ME」とのAPI連携を開始しています。

今回の発表では、新たに「Zaim」ともAPI連携が行われたこと発表されており、先日28日からサービスが開始されています。「コインチェック」と「Zaim」のAPI連携が実現したことによって、Zaimユーザーはアプリケーション上で自分のCoincheckアカウントで保有している資産を、その他金融機関で保有している資産と一緒に一元管理することができるようになります。

Zaimはこの他にも豊富な機能を提供しているため、コインチェックのアカウント情報もまとめて一括管理できるアプリを探している方は「Zaim」の使用を検討してみると良いでしょう。

>>「コインチェック」の公式発表はこちら
>>「Zaim」の公式サイトはこちら

「Zaim」とのAPI連携を開始した仮想通貨取引所Coincheckの登録はこちらからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Facebookの仮想通貨プロジェクト「Libra」トークン経済の専門家が関与か

Facebookの仮想通貨プロジェクト「Libra」トークン経済の専門家が関与か

Big Eyes Coinはソラナ・ビットコインのような「仮想通貨の巨人」になれるか?

Big Eyes Coinはソラナ・ビットコインのような「仮想通貨の巨人」になれるか?

香港の仮想通貨取引所「KuCoin」リップル(Ripple/XRP)の取り扱い開始

香港の仮想通貨取引所「KuCoin」リップル(Ripple/XRP)の取り扱い開始

LINE Pay:暗号資産決済サービス「LINK支払い」提供へ|一部加盟店で試験導入

LINE Pay:暗号資産決済サービス「LINK支払い」提供へ|一部加盟店で試験導入

日本政府「暗号資産」の呼称を正式に適用|仮想通貨関連の改正案を閣議決定

日本政府「暗号資産」の呼称を正式に適用|仮想通貨関連の改正案を閣議決定

ビットフライヤー「テゾス(Tezos/XTZ)」取扱い開始【日本国内初】

ビットフライヤー「テゾス(Tezos/XTZ)」取扱い開始【日本国内初】

注目度の高い仮想通貨ニュース

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

自民党web3PT「2024年版のweb3ホワイトペーパー」公開|税制改正など様々な要望を記載

自民党web3PT「2024年版のweb3ホワイトペーパー」公開|税制改正など様々な要望を記載

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す