コインチェック「IEO事業」開始を検討|ユーティリティトークンによる資金調達を支援

by BITTIMES   

仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)は、2019年8月22日に「ユーティリティ・トークンによる資金調達支援事業(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング/IEO)」の検討を開始したことを発表しました。

こちらから読む:Tポイントで"BTC"が購入可能に「国内ニュース」

コインチェックが検討している「IEO」とは?

(画像:Coincheck)(画像:Coincheck)

Coincheck(コインチェック)が新たに検討を開始した「イニシャル・エクスチェンジ・オファリング(IEO)」は、企業やプロジェクトなどが仮想通貨取引所を介してトークンを発行し、資金調達を行う仕組みのことであり、これまで一般的に知られていたICO(イニシャル・コイン・オファリング)に比べると「信頼性の高い資金調達方法」であるためここ最近で注目を集めています。

IEOによる資金調達では、仮想通貨取引所が「通貨発行の仲介役」として投資家と発行者の間に入ることになるため、通貨を発行する企業は取引所の審査を通過できるだけの"健全なコイン"を発行する必要があります。しかし、しっかりとした仮想通貨を設計しているのであれば、すでに信頼性のある取引所で多くの投資家にコインを売り出すことが可能になり、資金調達のコストを削減することもできます。

一方、投資家の人々はIEOを行なっている取引所を利用していれば簡単にそれらの仮想通貨を購入することができます。これらのコインは先述したように取引所の審査を通過したコインであるため、比較的安心して購入することができます。また「取引所で取り扱われることが保証されている」という点も大きなメリットの一つであると言えます。

新たな「投資機会・資金調達機会」を提供

コインチェックは今回の発表の中で『本事業では、金融庁認定自主規制団体の規則及びガイドラインに基づき、対象事業の審査を行った上で、企業やプロジェクト等の発行体から委託を受け、暗号資産の販売などの業務を支援していく予定』だと説明しており、コインチェックユーザーや企業・プロジェクトに「新しい投資機会」や「資金調達の機会」を提供すると語っています。

IEOの対象となる企業やプロジェクトとしては「これまでトークンを活用した資金調達を行っていない企業やプロジェクト等」とされており、具体的には以下のような企業やプロジェクトを想定していると説明されています。
・既にコンテンツを保有していて、ファンコミュニティと一緒に事業を成長させたい方
・トークンを有効に活用し、自社のコミュニティを拡大させていきたい方
・事業単位での資金調達を希望している方 等

なお、コインチェックが検討しているIEOは、資金決済に関する法律の適用対象となるユーティリティ・トークンを用いた資金調達(決済型ICO)のみを対象とする予定だとされており、金融商品取引法の適用対象となるセキュリティ・トークンを活用した資金調達(収益分配型ICO)は取り扱わない方針だと説明されています。

>>「コインチェックの公式発表」はこちら

IEOの実施を検討している仮想通貨取引所Coincheckの登録はこちらからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

XRP Ledger基盤の銀行アプリ「XUMMベータ版」近日中に一般公開へ

XRP Ledger基盤の銀行アプリ「XUMMベータ版」近日中に一般公開へ

Coincheck(コインチェック)ETH・LSK・XEMの「入金・購入サービス」を再開

Coincheck(コインチェック)ETH・LSK・XEMの「入金・購入サービス」を再開

ドイツのバーガーキングが「ビットコイン決済」に対応

ドイツのバーガーキングが「ビットコイン決済」に対応

時価総額ランキング、イーサリアムが一時「1位」に浮上:CoinMarketCap

時価総額ランキング、イーサリアムが一時「1位」に浮上:CoinMarketCap

本田圭佑オーナーのサッカークラブ「FiNANCiE」でトークン発行【日本国内初】

本田圭佑オーナーのサッカークラブ「FiNANCiE」でトークン発行【日本国内初】

放置型GPS連動ブロックチェーンゲーム「クロスリンク」スマホアプリ正式リリース

放置型GPS連動ブロックチェーンゲーム「クロスリンク」スマホアプリ正式リリース

注目度の高い仮想通貨ニュース

OKCoinJapan:取引所サービスに「条件付き指値注文・入出金関連API」追加へ

OKCoinJapan:取引所サービスに「条件付き指値注文・入出金関連API」追加へ

カルダノ財団:元PwCデジタル金融サービス部門責任者「Frederik Gregaard氏」をCEOに任命

カルダノ財団:元PwCデジタル金融サービス部門責任者「Frederik Gregaard氏」をCEOに任命

ファイルコイン(FIL)ついに「メインネット」公開|暗号資産取引所にも続々と上場

ファイルコイン(FIL)ついに「メインネット」公開|暗号資産取引所にも続々と上場

暗号資産取引所「TAOTAO(タオタオ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「TAOTAO(タオタオ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

欧州中央銀行:CBDC「デジタル・ユーロ」の商標登録を申請

欧州中央銀行:CBDC「デジタル・ユーロ」の商標登録を申請

暗号資産取引所「FXcoin(FXコイン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「FXcoin(FXコイン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

【Socios&Chiliz】日本人選手所属シント=トロイデンVVの「STVファントークン」発行へ

【Socios&Chiliz】日本人選手所属シント=トロイデンVVの「STVファントークン」発行へ

DMMビットコイン「1万円分のAmazonギフト券」が当たるキャンペーン開催

DMMビットコイン「1万円分のAmazonギフト券」が当たるキャンペーン開催

暗号資産取引所「KuCoin」大規模な出金を検出|複数銘柄でハッキング被害か

暗号資産取引所「KuCoin」大規模な出金を検出|複数銘柄でハッキング被害か

暗号資産取引所運営会社「Diginex」米NASDAQ(ナスダック)に上場

暗号資産取引所運営会社「Diginex」米NASDAQ(ナスダック)に上場

LINE:中央銀行デジタル通貨の「開発支援」を計画|独自技術活かしたカスタマイズCBDC

LINE:中央銀行デジタル通貨の「開発支援」を計画|独自技術活かしたカスタマイズCBDC

Chiliz&Socios:新たなファントークン販売方法「Locker Room」を発表

Chiliz&Socios:新たなファントークン販売方法「Locker Room」を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す