ビットコイン「トレンド転換」にはまだ早い?著名トレーダーが指摘

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は今月18日に70万円付近から大きく反発し、現在は上昇傾向が見られ始めていますが、著名な仮想通貨トレーダーであるJosh Rager(ジョッシュ・レイジャー)氏は依然として下落の可能性が残っていると指摘しています。

こちらから読む:BTCがもらえるキャンペーン多数「ビットコイン」関連ニュース

ビットコインはまだ「下落トレンド」Josh Rager

ビットコイン(BTC)の価格は先日18日に再び70万円付近まで下落したものの、その後はわずか9時間ほどで10万円近く急騰し、一時的に80万円台まで回復しました。

仮想通貨業界では今回の急騰を受けて、今後の回復を期待する声が多数出ていますが、Twitterで6万人以上のフォロワーを持つ著名な仮想通貨トレーダーであるJosh Rager(ジョッシュ・レイジャー)氏は「広い視野でみると、ビットコインは依然として下落トレンドにあり、場合によっては6,000ドル(約65万円)付近まで下落する可能性がある」と述べています。

同氏は「トレンドが逆転するためには7,950ドル(約87万円)のラインを突破し、8,000ドル(約87.5万円)のラインを保持する必要がある」と指摘しており、ビットコインを購入するのに最適な価格帯は5,300ドル(約58万円)付近だと語っています。

1,000ドルの動きを見て強気な流れを感じていますか?ズームアウトしてみると、価格は依然として下落トレンドにあることがわかります。

トレンドが逆転するためには7,950ドル/8,000ドルを突破/保持する必要があります。

以前の安値を下回り、6,000ドル以下にまで下落する可能性もあるでしょう。5,300ドル付近はバイヤーにとって見込みのある価格帯です。

週足レベルでは「上昇トレンド」を維持

Josh Rager氏は"日足レベル"でビットコイン価格を分析した上で「現在は下落トレンドの中にある」と結論づけていますが、ベテラントレーダーとして知られるPeter Brandt(ピーター・ブラント)氏や、仮想通貨ファンド「Adamant Capital」の投資アナリストであるTuur Demeester氏などは"週足レベル"で分析を行った上で「ビットコインは長期的な上昇トレンドを維持している」と述べています。

ビットコインはどうやら重要なサポートを持っているようです。

ブラント氏らが提示している"長期的な上昇トレンド"で見ると、現在のビットコインはトレンドライン上の重要なサポートラインに位置しているため、現在の価格帯は長期的な視野で見ても非常に重要であると考えられます。

現在ビットコインは78万円付近での停滞を続けているため、今後さらに価格が上昇するのであればJosh Rager氏が述べているように87万円付近の抵抗線を突破できるかどうかが重要になると考えられますが、この抵抗線を超えることができなった場合には60万円付近まで下落する可能性が高まるため注意が必要です。

2019年12月22日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、先日18日に70万円付近で反発して以降は80万円付近の価格帯を維持しており、2019年12月22日時点では「1BTC=786,320円」で取引されています。

2019年11月22日〜2019年12月22日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年11月22日〜2019年12月22日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

NFTの活用「GUCCI」など複数の高級ファッションブランドが検討=Vogue Business

NFTの活用「GUCCI」など複数の高級ファッションブランドが検討=Vogue Business

Kraken:暗号資産の売買手数料が無料になる「Fee Holiday」キャンペーンを延長

Kraken:暗号資産の売買手数料が無料になる「Fee Holiday」キャンペーンを延長

ビットコイン決済端末を「パナマ」と周辺地域に拡大|PundiX × Chainzilla

ビットコイン決済端末を「パナマ」と周辺地域に拡大|PundiX × Chainzilla

MicroStrategy:ビットコイン購入に向けた資金調達を完了「10億ドル相当の株式売却」も計画

MicroStrategy:ビットコイン購入に向けた資金調達を完了「10億ドル相当の株式売却」も計画

日本国内初「SBI暗号資産ファンド」設立へ|個人投資家向けに夏頃から提供開始

日本国内初「SBI暗号資産ファンド」設立へ|個人投資家向けに夏頃から提供開始

税金問題に言及「仮想通貨への課税なくすべき」元米国大統領候補ロン・ポール氏

税金問題に言及「仮想通貨への課税なくすべき」元米国大統領候補ロン・ポール氏

注目度の高い仮想通貨ニュース

XANALIA:浮世絵師・葛飾北斎作「富岳三十六景」の公式NFTアート作品を公開

XANALIA:浮世絵師・葛飾北斎作「富岳三十六景」の公式NFTアート作品を公開

AXE:ドージコイン(DOGE)の数量限定ボディスプレー「DogeCan」を無料配布

AXE:ドージコイン(DOGE)の数量限定ボディスプレー「DogeCan」を無料配布

非代替性トークン(Non-Fungible Token/NFT)とは?基礎知識・活用事例などを解説

非代替性トークン(Non-Fungible Token/NFT)とは?基礎知識・活用事例などを解説

ビットポイント「イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引サービス」提供開始

ビットポイント「イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引サービス」提供開始

モッピー×コイントレード「暗号資産とポイントの交換サービス」提供開始

モッピー×コイントレード「暗号資産とポイントの交換サービス」提供開始

ポーランド金融監督庁「Binance Group」について消費者に警告

ポーランド金融監督庁「Binance Group」について消費者に警告

【歴史上初】アルゼンチン国内トップリーグ「Torneo Socios.com」に名称変更

【歴史上初】アルゼンチン国内トップリーグ「Torneo Socios.com」に名称変更

国税庁:暗号資産の税金に関するFAQに「貸付・貸出・レンディング関連の内容」を追記

国税庁:暗号資産の税金に関するFAQに「貸付・貸出・レンディング関連の内容」を追記

BINANCE:本人確認(KYC)なしユーザーの出金限度額を「0.06BTC」に引き下げ

BINANCE:本人確認(KYC)なしユーザーの出金限度額を「0.06BTC」に引き下げ

スマート家電販売の米オンライン小売業者「仮想通貨決済」に対応|BTCなど6銘柄

スマート家電販売の米オンライン小売業者「仮想通貨決済」に対応|BTCなど6銘柄

GMOコイン:国内初「コスモス(Cosmos/ATOM)」取扱い開始|積立などでも対応

GMOコイン:国内初「コスモス(Cosmos/ATOM)」取扱い開始|積立などでも対応

CoinGecko:日本円ステーブルコイン「JPYCoin(JPYC)」の情報掲載開始

CoinGecko:日本円ステーブルコイン「JPYCoin(JPYC)」の情報掲載開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説NEW

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す