ビットコイン、次の強気相場で「1,000万円到達」の可能性|プロトレーダーが価格分析

by BITTIMES   

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は先月末に70万円付近まで下落し、現在も80万付近での推移を続けていますが、Twitterで30万人以上のフォロワーを持つベテラントレーダーのPeter Brandt(ピーター・ブラント)氏は「現在の下落トレンドを抜け出すことができれば、BTC価格は10万ドル(約1,085万円)まで上昇する可能性がある」と語っています。

こちらから読む:独大手証券取引所、BTC取引の一般提供開始「ビットコイン」関連ニュース

将来的には「10万ドル」但し注意も必要

2018年のビットコイン価格暴落予想を的中させたことでも知られるベテラントレーダーのPeter Brandt(ピーター・ブラント)氏は、先日公開したビデオの中で『ビットコインは長期的には10万ドル(約1,085万円)に向かっている』と語りました。

同氏は動画内で2011年〜2020年までの長期的なビットコインチャートを掲載し、ビットコインが底値に近づいてきていることを説明しました。しかしながらブラント氏は、彼の分析が確実なものではなく、あくまでも"可能性"に基づいたものであることを説明しており、日足/週足レベルで見られるトレンド転換の兆候にも注意を払う必要があるとしています。

(画像:bitcoin.live)(画像:bitcoin.live)

ビットコイン価格は先月25日に70万円付近まで下落して以降は回復傾向が見られ始めていますが、長期的に見ると依然として下落トレンドの範囲内であるため、この範囲を抜け出すことができれば次の強気相場が始まり、新たな最高値に向かって上昇を始める可能性があります。

ただし、このままビットコインの下落トレンドが継続し、過去数年間に渡って維持されてきた上昇トレンドを下回ってしまった場合には、BTC価格は2020年7月に5,324ドル(約57万8,000円)まで下がる可能性があるとされています。これは現在の価格から30%ほど下落することを意味します。

(画像:bitcoin.live)(画像:bitcoin.live)

ブラント氏は以前から「ビットコイン価格は50万円台まで下落する可能性がある」と語っており、強気派が持ち堪えることができないくらい長く下落傾向が続く可能性があると予想していましたが、BTCコミュニティがあらゆる価格帯で関心を示していることから、一部で語られている「ビットコイン価格が"ゼロ"になる」ことはないだろうと考えています。

「フラクタクル構造」に基づいたチャート分析

ブラント氏は価格予想を行う際のチャート分析は「フラクタクル構造(*1)」に基づいていると説明しており、ビットコインでは「非対称なリスクリワードレシオ(損益比率)」を示す機会を年に4〜5回確認することができると語っています。

(画像:bitcoin.live)(画像:bitcoin.live)

フラクタクル構造は投資の世界でも"チャート分析に役立つ"ことで知られており、「日足/1時間足/5分足で同じ動きの上昇トレンドが継続した際には"買い"」といったようにエントリーポイントを判断する際の基準として活用することができます。
(*1)フラクタクル構造:ある小さな一部分をとったとしても、それが全体と同じ形をあらわしている構造のこと

現在のビットコインは重要な価格帯で推移を続けているため、今後の動きには注目が集まります。

(参照元:bitcoin.live

2019年12月9日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、先月30日に85万円付近まで回復して以降は横ばいの状態が続いており、2019年12月9日時点では「1BTC=814,163円」で取引されています。

2019年11月9日〜2019年12月9日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年11月9日〜2019年12月9日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

LINE BITMAX:新規口座開設+暗号資産購入で「最大5,000円がもらえる」キャンペーン開始

LINE BITMAX:新規口座開設+暗号資産購入で「最大5,000円がもらえる」キャンペーン開始

中国建設銀行:デジタル人民元用の「ウォレット機能」を一時的に公開

中国建設銀行:デジタル人民元用の「ウォレット機能」を一時的に公開

日本市場進出を図る「Coinbase」東京オフィスで9職種の人材募集

日本市場進出を図る「Coinbase」東京オフィスで9職種の人材募集

イスラム圏の主要銀行が続々とRippleNetに参加

イスラム圏の主要銀行が続々とRippleNetに参加

【カルダノ開発者必見】スマートコントラクトを学ぶための「入門ガイド」公開:IOHK

【カルダノ開発者必見】スマートコントラクトを学ぶための「入門ガイド」公開:IOHK

仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt」始動|インターコンチネンタル取引所が発表

仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt」始動|インターコンチネンタル取引所が発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

OKCoinJapan:OKB上場記念「2つのキャンペーン」を同時開催

OKCoinJapan:OKB上場記念「2つのキャンペーン」を同時開催

UUUM子会社:NFTマーケットプレイス「HABET」公開へ|人気YouTuberも多数参加

UUUM子会社:NFTマーケットプレイス「HABET」公開へ|人気YouTuberも多数参加

資産裏付型STOで「SBI証券・野村證券・三菱UFJ信託銀行・ケネディクス」の4社が協業

資産裏付型STOで「SBI証券・野村證券・三菱UFJ信託銀行・ケネディクス」の4社が協業

スマート家電販売の米オンライン小売業者「仮想通貨決済」に対応|BTCなど6銘柄

スマート家電販売の米オンライン小売業者「仮想通貨決済」に対応|BTCなど6銘柄

AXE:ドージコイン(DOGE)の数量限定ボディスプレー「DogeCan」を無料配布

AXE:ドージコイン(DOGE)の数量限定ボディスプレー「DogeCan」を無料配布

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年6月27日〜7月3日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年6月27日〜7月3日

ベトナム首相:中央銀行に「暗号資産の研究・試験プログラム実施」を要請

ベトナム首相:中央銀行に「暗号資産の研究・試験プログラム実施」を要請

米金融大手Capital International「約100万株のMicroStrategy株」を購入

米金融大手Capital International「約100万株のMicroStrategy株」を購入

世界最大級のeスポーツ団体ESL:暗号資産取引所「Coinbase」とパートナーシップ契約

世界最大級のeスポーツ団体ESL:暗号資産取引所「Coinbase」とパートナーシップ契約

リミックスポイント「横浜F・マリノス」とパートナー契約|NFT・トークン発行も模索

リミックスポイント「横浜F・マリノス」とパートナー契約|NFT・トークン発行も模索

Enjin:SDGs実現に向け「国連グローバル・コンパクト」に参加【NFT関連企業初】

Enjin:SDGs実現に向け「国連グローバル・コンパクト」に参加【NFT関連企業初】

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す