ビットコイン、次の強気相場で「1,000万円到達」の可能性|プロトレーダーが価格分析

by BITTIMES   

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は先月末に70万円付近まで下落し、現在も80万付近での推移を続けていますが、Twitterで30万人以上のフォロワーを持つベテラントレーダーのPeter Brandt(ピーター・ブラント)氏は「現在の下落トレンドを抜け出すことができれば、BTC価格は10万ドル(約1,085万円)まで上昇する可能性がある」と語っています。

こちらから読む:独大手証券取引所、BTC取引の一般提供開始「ビットコイン」関連ニュース

将来的には「10万ドル」但し注意も必要

2018年のビットコイン価格暴落予想を的中させたことでも知られるベテラントレーダーのPeter Brandt(ピーター・ブラント)氏は、先日公開したビデオの中で『ビットコインは長期的には10万ドル(約1,085万円)に向かっている』と語りました。

同氏は動画内で2011年〜2020年までの長期的なビットコインチャートを掲載し、ビットコインが底値に近づいてきていることを説明しました。しかしながらブラント氏は、彼の分析が確実なものではなく、あくまでも"可能性"に基づいたものであることを説明しており、日足/週足レベルで見られるトレンド転換の兆候にも注意を払う必要があるとしています。

(画像:bitcoin.live)(画像:bitcoin.live)

ビットコイン価格は先月25日に70万円付近まで下落して以降は回復傾向が見られ始めていますが、長期的に見ると依然として下落トレンドの範囲内であるため、この範囲を抜け出すことができれば次の強気相場が始まり、新たな最高値に向かって上昇を始める可能性があります。

ただし、このままビットコインの下落トレンドが継続し、過去数年間に渡って維持されてきた上昇トレンドを下回ってしまった場合には、BTC価格は2020年7月に5,324ドル(約57万8,000円)まで下がる可能性があるとされています。これは現在の価格から30%ほど下落することを意味します。

(画像:bitcoin.live)(画像:bitcoin.live)

ブラント氏は以前から「ビットコイン価格は50万円台まで下落する可能性がある」と語っており、強気派が持ち堪えることができないくらい長く下落傾向が続く可能性があると予想していましたが、BTCコミュニティがあらゆる価格帯で関心を示していることから、一部で語られている「ビットコイン価格が"ゼロ"になる」ことはないだろうと考えています。

「フラクタクル構造」に基づいたチャート分析

ブラント氏は価格予想を行う際のチャート分析は「フラクタクル構造(*1)」に基づいていると説明しており、ビットコインでは「非対称なリスクリワードレシオ(損益比率)」を示す機会を年に4〜5回確認することができると語っています。

(画像:bitcoin.live)(画像:bitcoin.live)

フラクタクル構造は投資の世界でも"チャート分析に役立つ"ことで知られており、「日足/1時間足/5分足で同じ動きの上昇トレンドが継続した際には"買い"」といったようにエントリーポイントを判断する際の基準として活用することができます。
(*1)フラクタクル構造:ある小さな一部分をとったとしても、それが全体と同じ形をあらわしている構造のこと

現在のビットコインは重要な価格帯で推移を続けているため、今後の動きには注目が集まります。

(参照元:bitcoin.live

2019年12月9日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、先月30日に85万円付近まで回復して以降は横ばいの状態が続いており、2019年12月9日時点では「1BTC=814,163円」で取引されています。

2019年11月9日〜2019年12月9日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年11月9日〜2019年12月9日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

次世代型「ヘルスケア・ブロックチェーン」構築へ|医療用画像などを共有:Bitfury

次世代型「ヘルスケア・ブロックチェーン」構築へ|医療用画像などを共有:Bitfury

GMO:日本円・米ドル連動のステーブルコイン「GYEN・ZUSD」発行へ

GMO:日本円・米ドル連動のステーブルコイン「GYEN・ZUSD」発行へ

ナショナルラグビーリーグ:ブロックチェーンで「偽造品」に対処|IPオーストラリアと協力

ナショナルラグビーリーグ:ブロックチェーンで「偽造品」に対処|IPオーストラリアと協力

About Capital:大手暗号資産取引所「Huobi Global」を買収

About Capital:大手暗号資産取引所「Huobi Global」を買収

サッカーゲームアプリ「キャプテン翼ZERO」にビットコイン報酬システム実装:GMO

サッカーゲームアプリ「キャプテン翼ZERO」にビットコイン報酬システム実装:GMO

ロシア金融監視機関:AI用いた「暗号資産取引追跡ツール」を開発|DASHなどにも対応

ロシア金融監視機関:AI用いた「暗号資産取引追跡ツール」を開発|DASHなどにも対応

注目度の高い仮想通貨ニュース

「アルトコインは想像以上に上昇する」著名アナリストの価格予想

「アルトコインは想像以上に上昇する」著名アナリストの価格予想

GameFi分野の新スターMeme Kombatが800万ドルの調達を達成、完売に向かって進むプレセール

GameFi分野の新スターMeme Kombatが800万ドルの調達を達成、完売に向かって進むプレセール

2024年、LinkedIn注目の仮想通貨プレセール「ミームネーター」

2024年、LinkedIn注目の仮想通貨プレセール「ミームネーター」

SHIBで話題の新NFT「Sheboshis」正式ローンチ|総供給量変更の報告も

SHIBで話題の新NFT「Sheboshis」正式ローンチ|総供給量変更の報告も

ビットコインの価格上昇はこのまま続く?「BTC買い」が多い重要なサポートライン

ビットコインの価格上昇はこのまま続く?「BTC買い」が多い重要なサポートライン

2月の注目ミームコイン|プレセールで430万ドルを調達したミームネーターとソラナの新銘柄マイロ

2月の注目ミームコイン|プレセールで430万ドルを調達したミームネーターとソラナの新銘柄マイロ

ビットコイン「日本円建ての過去最高値更新」迫る|上昇理由と専門家の価格予想

ビットコイン「日本円建ての過去最高値更新」迫る|上昇理由と専門家の価格予想

【重要】トラストウォレット「iOS版アプリの脆弱性報告」について説明

【重要】トラストウォレット「iOS版アプリの脆弱性報告」について説明

ビットコイン:14カ国で過去最高値更新「救命ボートになりつつある」元コインベースCTO

ビットコイン:14カ国で過去最高値更新「救命ボートになりつつある」元コインベースCTO

新たな仮想通貨の大躍進:ビットコインドックが先導

新たな仮想通貨の大躍進:ビットコインドックが先導

Nibiru Chain、開発者本位のLayer1ブロックチェーン開発に1,200万ドル調達

Nibiru Chain、開発者本位のLayer1ブロックチェーン開発に1,200万ドル調達

ビットコインブロックチェーン上で初のICO開始 - 日本で大きな話題に

ビットコインブロックチェーン上で初のICO開始 - 日本で大きな話題に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す