Cardanoステークプール、運用ADA総数は「80億」を突破|予想を遥かに上回る結果に

by BITTIMES   

カルダノ(Cardano/ADA)プロジェクトで現在進められているインセンティブ付きテストネットは現在順調に進行しており、「ステークプールの登録数」や「テストネット参加者の数」は当初予定されていたよりもはるかに遥かに大きな数へと成長しています。

こちらから読む:ブランド強化に向け専門企業と協力「Cardano/ADA」関連ニュース

ステークプール登録数は「予想の8倍近くに到達」

カルダノプロジェクトの開発部門である「IOHK」は、2019年12月17日に"インセンティブ付きテストネット"の「報酬ウォレット」をリリースし、Cardanoブロックチェーンにおけるステーキングのテストを開始しました。このテストは現在進行系で進められていますが、現時点でも大きな成果が見られていると報告されています。

Cardanoステークプールのリアルタイム情報を提供している「Cardano PoolTool」の情報によると、ステークプールで運用されているADAの総数は記事執筆時点で「81億ADA」に達していると報告されています。これは現在のレートで日本円に換算すると約291億円に相当します。

また、実際に稼働しているステークプールの数は「392」だとされているため、近日中には「400」に到達すると予想されます。この結果にはIOHKのCEOであるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏も「非常に驚いている」ということを語っています。

私たちは圧倒的な反響に非常に驚いています。これを計画した時、私たちは「Emurgo・IOHK・カルダノ財団のインフラストラクチャ以外におそらく25〜50ほどの独立したステークプールがあるだろう」と語っていました。現在登録されているステークプールは340を超えており、限界点100をすでに超えています。

「カルダノは過小評価されている」との指摘も

カルダノプロジェクトは現在、Cardanoネットワークの"完全な分散化"に向けた重要なステップに取り組んでいますが、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)を採用しているCardanoにとって「ステークプールの稼働数」はネットワークが分散化されているかどうかを測るための特に重要な基準でもあります。

ステークプールの稼働数が増えているということは、ネットワークがさらに強化されていることを示していると同時に、トランザクション量と速度を大幅に向上させる可能性を秘めています。この取り組みは現時点では"テストネット"であるものの、今のところネットワークはある程度安定していると報告されているため、メインネットでも同様に良い結果が得られると期待されます。

最近では、仮想通貨の格付けを行なっている「Weiss Ratings(ワイスレーティングス)」も『カルダノは仮想通貨市場で最も過小評価されている資産だ』と述べているため、今後の成長には期待が高まります。

カルダノは仮想通貨市場で最も過小評価されている資産です。ADAの価格はファンダメンタルを反映していません。

カルダノのステークプールに関する詳しい情報は以下の「Cardano PoolTool」公式サイトで確認することができます。
>>「Cardano PoolTool」の公式サイトはこちら

2019年12月24日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は、今月18日に3円近くまで下落して以降はやや回復しており、2019年12月24日時点では「1ADA=3.68円」で取引されています。

ADAを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年12月10日〜2019年12月24日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2019年12月10日〜2019年12月24日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

MEXC入金コンテスト優勝プロジェクトが決定「HGHG・XYM」本日取扱い開始

MEXC入金コンテスト優勝プロジェクトが決定「HGHG・XYM」本日取扱い開始

BINANCE CEO:マルタでの無許可運営報道には「誤解がある」と説明

BINANCE CEO:マルタでの無許可運営報道には「誤解がある」と説明

LINE:NFTエコシステム拡大に向け韓国・米国に「LINE NEXT」設立

LINE:NFTエコシステム拡大に向け韓国・米国に「LINE NEXT」設立

カルダノ基盤のNFT「CNFT」の取引量が急増|過去最高値を更新

カルダノ基盤のNFT「CNFT」の取引量が急増|過去最高値を更新

仮想通貨のP2P取引所「LocalBitcoins」新規登録者は毎月13万人以上に

仮想通貨のP2P取引所「LocalBitcoins」新規登録者は毎月13万人以上に

公共料金・地方税:仮想通貨でも「納税可能」にすべき|イギリス下院議員

公共料金・地方税:仮想通貨でも「納税可能」にすべき|イギリス下院議員

注目度の高い仮想通貨ニュース

SBIレミット「XRP活用した国際送金サービス」を強化|3カ国の銀行口座宛送金が可能に

SBIレミット「XRP活用した国際送金サービス」を強化|3カ国の銀行口座宛送金が可能に

BINANCE「ロシアからの完全撤退」を発表|事業全体をCommEXに売却

BINANCE「ロシアからの完全撤退」を発表|事業全体をCommEXに売却

無許諾/海賊版のカルダノNFTを排除「JPG Store」と「JPNFT」が業務提携

無許諾/海賊版のカルダノNFTを排除「JPG Store」と「JPNFT」が業務提携

Coinbaseのビットコイン保有量が判明「サトシ・ナカモト」とほぼ同じ枚数を保有

Coinbaseのビットコイン保有量が判明「サトシ・ナカモト」とほぼ同じ枚数を保有

ミームマジック:楽しさと成長の可能性を秘めた仮想通貨銘柄4選を徹底調査

ミームマジック:楽しさと成長の可能性を秘めた仮想通貨銘柄4選を徹底調査

ホンダ:F1日本グランプリなどで限定記念NFT「Honda KEY NFT」配布へ

ホンダ:F1日本グランプリなどで限定記念NFT「Honda KEY NFT」配布へ

国内スタートアップ「暗号資産」で資金調達可能に?日本政府がVC投資に関する改正案

国内スタートアップ「暗号資産」で資金調達可能に?日本政府がVC投資に関する改正案

成長の可能性を秘めた仮想通貨?チャンサーのプレセールが注目されている理由

成長の可能性を秘めた仮想通貨?チャンサーのプレセールが注目されている理由

Grayscale「新たなイーサリアム先物ETFの申請書類」を米SECに提出

Grayscale「新たなイーサリアム先物ETFの申請書類」を米SECに提出

長期的な成長に期待|2023年10月に注目されているICO

長期的な成長に期待|2023年10月に注目されているICO

ミームネイターは弱小ミームコインを超えることができるのか? 2023年市場における仮想通貨の重要ニュース

ミームネイターは弱小ミームコインを超えることができるのか? 2023年市場における仮想通貨の重要ニュース

Web3求人サービス「LaborX」SHIBに加えてBONEもサポート

Web3求人サービス「LaborX」SHIBに加えてBONEもサポート

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ニアプロトコル(NEAR Protocol/NEAR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所などNEW

ニアプロトコル(NEAR Protocol/NEAR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イミュータブル(Immutable/IMX)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イミュータブル(Immutable/IMX)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イオス(EOS)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イオス(EOS)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

レンダートークン(Render Token/RNDR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

レンダートークン(Render Token/RNDR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Binance Japan(バイナンスジャパン)とは?サービス内容・特徴・取扱う暗号資産などを解説

Binance Japan(バイナンスジャパン)とは?サービス内容・特徴・取扱う暗号資産などを解説

アービトラム(Arbitrum/ARB)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

アービトラム(Arbitrum/ARB)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

人気のタグから探す