Tron(TRX)「最も革新的なパブリックチェーン賞」を受賞

by BITTIMES

トロン財団(Tron Foundation)は、ブロックチェーンメディア「Jinse Finance」が開催した「Keeping Pace with the Time」の授賞式において、「最も革新的なパブリックチェーン」及び「2019年ブロックチェーン企業TOP100」の賞を受賞したことを発表しました。

こちらから読む:Tron財団、330億TRXのロック解除「Tron/TRX」関連ニュース

DApps関連で飛躍的に成長

トロン財団(Tron Foundation)は2019年12月31日のブログ投稿で、ブロックチェーンメディア「Jinse Finance」が開催した「Keeping Pace with the Time」の授賞式に参加し、「最も革新的なパブリックチェーン」及び「2019年ブロックチェーン企業TOP100」の賞を受賞したことを発表しました。

2019年12月27日に開催された「Keeping Pace with the Time」には、100以上のブロックチェーン企業や、300以上のインフルエンサー、及び中国国内外の多くの機関が参加したと報告されています。

今回の発表では、TRONネットワークで展開されている分散型アプリケーション(DApps)が2019年に大きな成長を遂げたことも報告されており、
DApp数は117から「659」に
アクティブユーザー数は72,732から「972,805」に
DAppトランザクション数は99,607,278から「368,245,394」に
DAppトランザクションボリュームは34,416,056,208から「190,179,966,364」に
増加したと報告されています。

Tron関連のDAppsはゲームやギャンブル系DAppsなどといったように一般の人々に人気のものが多いため、"ユーザーフレンドリーなパブリックブロックチェーン"としてユーザーからも非常に高い支持を受けています。

またTronは、2019年に大手IT企業である「BitTorrent(ビットトレント)」を買収したため、現在は「BitTorrent」や「Tron」の技術を活用したサービスがさらに注目を集めています。

最近ではブロックチェーンベースのコンテンツ共有プラットフォームである「Dlive」も、「BitTorrent」のエコシステムに参加し、TRONブロックチェーンへの移行を開始したことを発表しているため、今後はその他の企業もこの動きに続き、さらに多くのユーザーがTronのブロックチェーン技術を活用していくことになると予想されます。

>>「Tron財団」の公式発表はこちら

2020年1月1日|トロン(TRON/TRX)の価格

トロン(TRON/TRX)の価格は先月18日に1円近くまで下落したものの、その後はやや回復しており、2020年1月1日時点では「1TRX=1.44円」で取引されています。

TRXを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年11月2日〜2020年1月1日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)2019年11月2日〜2020年1月1日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

DEA社:Project B-idolコラボ第一弾「INIMI」プロデュースの楽曲NFT発売へ

DEA社:Project B-idolコラボ第一弾「INIMI」プロデュースの楽曲NFT発売へ

Symbol:メインネット公開時「少なくとも2つのプロジェクト」で技術活用

Symbol:メインネット公開時「少なくとも2つのプロジェクト」で技術活用

ビットコイン底値買い「最後のチャンスは今後3ヶ月」中国BTC億万長者:Zhao Dong

ビットコイン底値買い「最後のチャンスは今後3ヶ月」中国BTC億万長者:Zhao Dong

BTCBOX「ドージコイン(DOGE)の取扱開始日時」を発表【国内初上場】

BTCBOX「ドージコイン(DOGE)の取扱開始日時」を発表【国内初上場】

イーロン・マスク氏:マクドナルドに「ドージコイン決済対応」求める|DOGE価格は一時急騰

イーロン・マスク氏:マクドナルドに「ドージコイン決済対応」求める|DOGE価格は一時急騰

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「UFC」の公式ファントークン6月発売へ

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「UFC」の公式ファントークン6月発売へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

エイプコインとドージコインがミームコイン採用を先行。ビッグアイズコインは同じ道を辿ることができるか?

エイプコインとドージコインがミームコイン採用を先行。ビッグアイズコインは同じ道を辿ることができるか?

OpenSea「NFT関連の詐欺・盗難防止システム」を導入|不正URLの検知機能など

OpenSea「NFT関連の詐欺・盗難防止システム」を導入|不正URLの検知機能など

カルダノの米ドル連動ステーブルコイン「USDA」を発表:EMURGO

カルダノの米ドル連動ステーブルコイン「USDA」を発表:EMURGO

BINANCE:準備金証明システム「Proof of Reserves」リリース|最初はBTCから

BINANCE:準備金証明システム「Proof of Reserves」リリース|最初はBTCから

ジャスミー株式会社「AVITA Technologies」との共同事業を開始

ジャスミー株式会社「AVITA Technologies」との共同事業を開始

BINANCE「FTXの買収は行わない」と発表|支援できる範囲を超えていると説明

BINANCE「FTXの買収は行わない」と発表|支援できる範囲を超えていると説明

カルダノ関連DEX「AdaSwap」メインネットで正式稼働

カルダノ関連DEX「AdaSwap」メインネットで正式稼働

ビッグアイズ - Cosmosプロジェクト超えを目指すイーサリアム上に構築された価格予測に優れた新しいミームプロトコル

ビッグアイズ - Cosmosプロジェクト超えを目指すイーサリアム上に構築された価格予測に優れた新しいミームプロトコル

GMOコイン:貸暗号資産プレミアムで「年率40%」のETH貸出募集|11月9日まで

GMOコイン:貸暗号資産プレミアムで「年率40%」のETH貸出募集|11月9日まで

自民党Web3PT:税制改正に向け緊急提言「仮想通貨同士の交換の非課税化」など求める

自民党Web3PT:税制改正に向け緊急提言「仮想通貨同士の交換の非課税化」など求める

中島美嘉:自身初のNFT作品を「Fanpla Owner」で販売

中島美嘉:自身初のNFT作品を「Fanpla Owner」で販売

Twitter:決済サービス展開に向け事業者登録|仮想通貨活用にも期待高まる

Twitter:決済サービス展開に向け事業者登録|仮想通貨活用にも期待高まる

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す