ChiliZ:Socios.comアプリで「仮想通貨CHZ&ファントークン」を無料配布

by BITTIMES

サッカークラブの公式ファントークン発行を支援するプラットフォーム「Socios.com(ソシオスドットコム)」を展開していることで知られる仮想通貨プロジェクト「チリーズ(ChiliZ/CHZ)」は、2020年1月13日にソシオスドットコムアプリ内の拡張現実機能"トークンハント"を通じて各サッカーチームのファントークンや仮想通貨CHZを無料配布することを発表しました。

こちらから読む:フィオレンティーナ、BC認証ジャージを導入「スポーツ」関連ニュース

FTO第二弾開催前に「トークンハント」で無料配布

チリーズ(ChiliZ/CHZ)は、2020年1月13日に「Socios.com」のアプリ内で利用できる拡張現実機能「トークンハント」を介して同サービスに参加しているサッカークラブの公式ファントークンと仮想通貨CHZを1月末まで無料配布することを発表しました。

配布される仮想通貨は、
・パリ・サンジェルマン($PSG)
・アトレティコ・マドリード($ATM)
・ASローマ($ASR)
・ガラタサライ($GAL)
・ユベントス($JUV)
のファントークン数千枚と、大量のCHZトークンだと報告されています。

これにより「Socios.comアプリ」のユーザーは、1月下旬に予定されている「ファン・トークン・オファリング(FTO)第二弾」の前に限定枚数のファントークンを獲得することができます。また、収集したCHZトークンは後日ファントークンに交換することも可能です。

集めたファントークンはそれぞれのチームが実施する「アンケート投票」などに使用することができるようになっており、昨年末に実施された「ユヴェントスFC」のアンケート投票では、ゴールを決めた際にスタジオで流れる曲がBlurの「Song 2」に決定されています。提携クラブの投票第一弾はFTOに合わせて開催される予定となっています。

「Chiliz」および「Socios.com」のCEO兼創業者であるAlexandre Dreyfus氏は『1月下旬に控える著名クラブのFTO第二弾が始まる前に$CHZやファントークンを無料でハントしていただき、Socios.comを体感して頂きたいと思っている』と語っています。

「Socios.com」のアプリは、現在Android(アンドロイド)端末でのみダウンロード可能となっており、iOS版アプリは近日中に「App Store」から公式リリースされる予定だと伝えられています。

>>「Chiliz」の公式発表はこちら

2020年1月14日|チリーズ(ChiliZ/CHZ)の価格

チリーズ(ChiliZ/CHZ)の価格は先月18日に0.76円付近まで下落して以降は横ばいの状態が続いており、2020年1月14日時点では「1CHZ=0.75円」で取引されています。

CHZを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年10月16日〜2020年1月14日 CHZのチャート(画像:CoinGecko)2019年10月16日〜2020年1月14日 CHZのチャート(画像:CoinGecko)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

デザインが変化するブロックチェーンアート「103.4ETH」で落札【Async Art】

デザインが変化するブロックチェーンアート「103.4ETH」で落札【Async Art】

コインチェックのNEM盗難事件で「初の逮捕者」日本在住の男性2人に不正交換の容疑

コインチェックのNEM盗難事件で「初の逮捕者」日本在住の男性2人に不正交換の容疑

グレースケール:仮想通貨ファンドに「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」追加

グレースケール:仮想通貨ファンドに「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」追加

SegWit2xが抱える11の問題とは?

SegWit2xが抱える11の問題とは?

【JBA×BCA×BCCC】ブロックチェーン関連3団体が「NFT分科会」設立|勉強会も開催

【JBA×BCA×BCCC】ブロックチェーン関連3団体が「NFT分科会」設立|勉強会も開催

WhaleFin:米ドル連動ステーブルコイン「DAI」取扱い開始

WhaleFin:米ドル連動ステーブルコイン「DAI」取扱い開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

テレグラムで「深刻な脆弱性」報告|利用者が行うべき対応は?

テレグラムで「深刻な脆弱性」報告|利用者が行うべき対応は?

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・SUI」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・SUI」などの注目記事

Shib:The Metaverseのコンテンツ制作映像公開「シバイヌ関連の注目ニュース」も続々

Shib:The Metaverseのコンテンツ制作映像公開「シバイヌ関連の注目ニュース」も続々

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

カルダノウォレット「Eternl v1.12.0」リリース|詐欺警告機能などを搭載

カルダノウォレット「Eternl v1.12.0」リリース|詐欺警告機能などを搭載

メルカリ「ビットコイン決済でBTCが戻ってくるキャンペーン」開始

メルカリ「ビットコイン決済でBTCが戻ってくるキャンペーン」開始

K9 Finance DAO「ガバナンスプロセス」を発表|分散型運営の仕組みについて解説

K9 Finance DAO「ガバナンスプロセス」を発表|分散型運営の仕組みについて解説

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

「SHIBは買い」ビットコイン初期投資家ダヴィンチ・ジェレミー氏が支持

「SHIBは買い」ビットコイン初期投資家ダヴィンチ・ジェレミー氏が支持

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す