Rippleとサンタンデール銀行が提携し国際送金アプリを開発

by BITTIMES

サンタンデール銀行は、Ripple社と提携しRippleNetxCurrentを採用した国際送金アプリケーションを公開する予定であることがBusiness Insiderの報道で明らかになりました。

サンタンデールの最高経営責任者(CEO)であるNathan Bostock(ネイサン・ボストック)氏は、23日にロンドンで開催された国際フィンテック会議で次のように語りました。

「今年の春、他社に先を越されなければ、私たちはブロックチェーン技術を用いた大規模なクロスボーダー決済を実現する初の大手小売銀行となるだろう。」

今年の春にリリースを予定しているこのアプリは、英国/スペイン/ブラジル/ポーランドの消費者向けに提供されることがわかっています。

サンタンデールはリップルに対して2度の投資を行なっており、協力してアプリを開発していたとされています。
2016年にはアプリの試用版を発表し、リップルの技術により24時間以内の国際送金が可能になることや、送金手数料の見積もりが表示できる予定であることを語っています。

同社のアプリに採用されているxCurrentは、銀行と銀行をつなぐ法人向けの製品であり、銀行間でのリアルタイムメッセージングが可能となっているほか、取引前に決済内容の確認や決済後の着金確認もできるようになっています。

またxCurrentは、これまでにも住信SBIネット銀行やウリィ銀行などの多くの銀行に採用されています。

(引用元:Business Insider

仮想通貨取引所 bitbank の画像リップルも取り扱う仮想通貨取引所bitbankはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

bitbank(ビットバンク)がリップル(Ripple/XRP)の取引量世界一に

bitbank(ビットバンク)がリップル(Ripple/XRP)の取引量世界一に

RippleNetとは?|各ソリューションの特徴や違い

RippleNetとは?|各ソリューションの特徴や違い

「市場の判断に委ねる」マレーシア中央銀行、規制進める各国とは対照的な意向

「市場の判断に委ねる」マレーシア中央銀行、規制進める各国とは対照的な意向

リップル(Ripple)今後の価格・相場予測【2018年〜2021年】

リップル(Ripple)今後の価格・相場予測【2018年〜2021年】

Forbes が「仮想通貨長者ランキング」を発表、

Forbes が「仮想通貨長者ランキング」を発表、

RippleがHyperledger Projectに参加

RippleがHyperledger Projectに参加

注目度の高い仮想通貨ニュース

Chronoswiss社がクリプトデザイン腕時計を限定販売

Chronoswiss社がクリプトデザイン腕時計を限定販売

インターネット不要|CoinTextのベータ版がリリース

インターネット不要|CoinTextのベータ版がリリース

NoFakeCoin(NFC)がSingularXに上場

NoFakeCoin(NFC)がSingularXに上場

ユーザー数200万人を超えたbitFlyerの今後に注目

ユーザー数200万人を超えたbitFlyerの今後に注目

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月15日〜21日

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月15日〜21日

仮想通貨取引所に大きな変化?|GMOコイン驚きの黒字額は?

仮想通貨取引所に大きな変化?|GMOコイン驚きの黒字額は?

ブロックチェーン技術専門の子会社を設立|LINE

ブロックチェーン技術専門の子会社を設立|LINE

ビットアルゴ取引所東京サービス開始は秋を予定|ヤフー公式発表

ビットアルゴ取引所東京サービス開始は秋を予定|ヤフー公式発表

日本銀行独自の仮想通貨発行の可能性は?|FinTechコンファレンス

日本銀行独自の仮想通貨発行の可能性は?|FinTechコンファレンス

IOTA財団をさらに強化する新メンバーとは?

IOTA財団をさらに強化する新メンバーとは?

ファミリーマートと富士通がブロックチェーンを活用した実証実験

ファミリーマートと富士通がブロックチェーンを活用した実証実験

ブロックチェーン導入を進めるマスターカードが描くビジョンは?

ブロックチェーン導入を進めるマスターカードが描くビジョンは?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す