米仮想通貨ATM大手「CoinFlip」ステラルーメン(XLM)の取扱い開始

by BITTIMES   

米国で仮想通貨ATMを展開している「CoinFlip(コインフリップ)」は、2020年2月1日にステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)をサポートしたことを発表しました。

こちらから読む:マイアミ国際空港でBTCが購入可能に「仮想通貨ATM」関連ニュース

CoinFlip(コインフリップ)とは

CoinFlip(コインフリップ)は、米国の大手仮想通貨ATMオペレーターであり、米国全土にあるコンビニエンスストアやガソリンスタンドなどで450台以上の仮想通貨ATMを展開しています。

同社の仮想通貨ATMの利用者は「クレジットカード・デビットカード・現金」などで仮想通貨を購入することができ、40箇所に設置されているATMには仮想通貨を米ドルで売却する機能も搭載されていると伝えられています。

CoinFlip ATMの手数料は「購入時=6.99%、売却時=3.99%」となっており、米国で最も安い手数料になっているとのことです。

対応仮想通貨は「合計8銘柄」に

CoinFlip-8Coins

CoinFlipが提供している仮想通貨ATMは、ビットコイン(BTC)をはじめとする合計7種類の仮想通貨をサポートしていましたが、2020年2月1日には新しくステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)をサポートしたことが発表されています。

Stellar(XLM)は現在、全国にある450以上の「CoinFlip ATM」で利用可能です🚀

ボーダレス
リミットレス
パワフル
Stellarは、お金を保管・移動するためのオープンネットワークです。

「coinflip.tech」で最寄りのCoinFlip ATMを探してください。

今回XLMがサポートされたことによって「CoinFlip ATM」で利用可能な仮想通貨は以下の8銘柄となりました。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
ダッシュ(Dash/DASH)
トロン(Tron/TRX)
ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)
・チェーンリンク(ChainLink/LINK)
・コモド(Komodo/KMD)

同社の共同設立者兼CEOであるDaniel Polotsky(ダニエル・ポロツキー)氏は、XLMを追加した理由として「流動性や顧客からのニーズが高いこと」を挙げています。

また、CoinFlipの仮想通貨ATMは「最大900ドル(約10万円)まで本人確認なしで購入できる」とされているため、"匿名で購入できる"とも報じられています。XLMは昨年から日本国内でも取引できるようになっているため、今後も多くの人々に利用されていくことになると予想されます。

>>「CoinFlip」の公式サイトはこちら

2020年2月8日|ステラ(Stellar/XLM)の価格

ステラ(Stellar/XLM)の価格はその他の仮想通貨と同様にここ1ヶ月間で大幅に上昇しており、先日7日には8円台まで回復しましたが、現在はやや下落傾向が見られはじめており、2020年2月8日時点では「1XLM=7.90円」で取引されています。

2019年12月10日〜2020年2月8日 XLMのチャート(引用:coingecko.com)2019年12月10日〜2020年2月8日 XLMのチャート(引用:coingecko.com)

「XLM」などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米大統領候補のVivek Ramaswamy氏「仮想通貨の寄付受け入れ」を発表

米大統領候補のVivek Ramaswamy氏「仮想通貨の寄付受け入れ」を発表

STO関連でCardano活用を促進|EMURGO「ウズベキスタン政府」とタスクフォース設立

STO関連でCardano活用を促進|EMURGO「ウズベキスタン政府」とタスクフォース設立

QUOREAの「登録・初期設定方法」自動売買設定・クレジットカード情報登録など

QUOREAの「登録・初期設定方法」自動売買設定・クレジットカード情報登録など

パスポート関連の支払いで「ビットコイン決済」受け入れか:ベネズエラ政府

パスポート関連の支払いで「ビットコイン決済」受け入れか:ベネズエラ政府

【重要】Liquid by FTX:レバレッジ取引サービス終了へ|取引機能を段階的に停止

【重要】Liquid by FTX:レバレッジ取引サービス終了へ|取引機能を段階的に停止

BINANCE:アフリカ向けの仮想通貨・法定通貨決済アプリ「Bundle」を発表

BINANCE:アフリカ向けの仮想通貨・法定通貨決済アプリ「Bundle」を発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

SHIB提携のK9 Finance「$KNINEトークンのローンチ日」が判明

SHIB提携のK9 Finance「$KNINEトークンのローンチ日」が判明

新規口座開設+購入で「10,000円相当のNIDT」が当たるキャンペーン開始:コインブック

新規口座開設+購入で「10,000円相当のNIDT」が当たるキャンペーン開始:コインブック

SHIBで話題の新NFT「Sheboshis」正式ローンチ|総供給量変更の報告も

SHIBで話題の新NFT「Sheboshis」正式ローンチ|総供給量変更の報告も

ChatGPTによる仮想通貨予測:2024年注目の投資機会は?

ChatGPTによる仮想通貨予測:2024年注目の投資機会は?

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

Cardanoウォレット「YOROI」カスタムウォレットアドレスに対応|ADA Handle・CNSなど

Cardanoウォレット「YOROI」カスタムウォレットアドレスに対応|ADA Handle・CNSなど

新記録更新、ミームネーターがプレセールで450万ドルを上回る

新記録更新、ミームネーターがプレセールで450万ドルを上回る

Web3時代の新たなPR活動を推進「Support to Earn(S2E)」を発表:フィナンシェ × Where Verse

Web3時代の新たなPR活動を推進「Support to Earn(S2E)」を発表:フィナンシェ × Where Verse

2024年:コインベースVS証券取引委員会の勝敗はビットボットなどのアルトコインを高値に押し上げる?

2024年:コインベースVS証券取引委員会の勝敗はビットボットなどのアルトコインを高値に押し上げる?

「ビットコイン=環境に悪い」は時代遅れ?マイニングの持続可能エネルギー使用率が過去最高レベルに

「ビットコイン=環境に悪い」は時代遅れ?マイニングの持続可能エネルギー使用率が過去最高レベルに

リップル社「XRP ETF」の実現に向けて準備中?専門家からの見解も

リップル社「XRP ETF」の実現に向けて準備中?専門家からの見解も

2024年、LinkedIn注目の仮想通貨プレセール「ミームネーター」

2024年、LinkedIn注目の仮想通貨プレセール「ミームネーター」

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す