米仮想通貨ATM大手「CoinFlip」ステラルーメン(XLM)の取扱い開始

by BITTIMES   

米国で仮想通貨ATMを展開している「CoinFlip(コインフリップ)」は、2020年2月1日にステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)をサポートしたことを発表しました。

こちらから読む:マイアミ国際空港でBTCが購入可能に「仮想通貨ATM」関連ニュース

CoinFlip(コインフリップ)とは

CoinFlip(コインフリップ)は、米国の大手仮想通貨ATMオペレーターであり、米国全土にあるコンビニエンスストアやガソリンスタンドなどで450台以上の仮想通貨ATMを展開しています。

同社の仮想通貨ATMの利用者は「クレジットカード・デビットカード・現金」などで仮想通貨を購入することができ、40箇所に設置されているATMには仮想通貨を米ドルで売却する機能も搭載されていると伝えられています。

CoinFlip ATMの手数料は「購入時=6.99%、売却時=3.99%」となっており、米国で最も安い手数料になっているとのことです。

対応仮想通貨は「合計8銘柄」に

CoinFlip-8Coins

CoinFlipが提供している仮想通貨ATMは、ビットコイン(BTC)をはじめとする合計7種類の仮想通貨をサポートしていましたが、2020年2月1日には新しくステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)をサポートしたことが発表されています。

Stellar(XLM)は現在、全国にある450以上の「CoinFlip ATM」で利用可能です🚀

ボーダレス
リミットレス
パワフル
Stellarは、お金を保管・移動するためのオープンネットワークです。

「coinflip.tech」で最寄りのCoinFlip ATMを探してください。

今回XLMがサポートされたことによって「CoinFlip ATM」で利用可能な仮想通貨は以下の8銘柄となりました。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
ダッシュ(Dash/DASH)
トロン(Tron/TRX)
ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)
・チェーンリンク(ChainLink/LINK)
・コモド(Komodo/KMD)

同社の共同設立者兼CEOであるDaniel Polotsky(ダニエル・ポロツキー)氏は、XLMを追加した理由として「流動性や顧客からのニーズが高いこと」を挙げています。

また、CoinFlipの仮想通貨ATMは「最大900ドル(約10万円)まで本人確認なしで購入できる」とされているため、"匿名で購入できる"とも報じられています。XLMは昨年から日本国内でも取引できるようになっているため、今後も多くの人々に利用されていくことになると予想されます。

>>「CoinFlip」の公式サイトはこちら

2020年2月8日|ステラ(Stellar/XLM)の価格

ステラ(Stellar/XLM)の価格はその他の仮想通貨と同様にここ1ヶ月間で大幅に上昇しており、先日7日には8円台まで回復しましたが、現在はやや下落傾向が見られはじめており、2020年2月8日時点では「1XLM=7.90円」で取引されています。

2019年12月10日〜2020年2月8日 XLMのチャート(引用:coingecko.com)2019年12月10日〜2020年2月8日 XLMのチャート(引用:coingecko.com)

「XLM」などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンで学校の「インターネット環境改善」ユニセフとキルギス政府が協力

ブロックチェーンで学校の「インターネット環境改善」ユニセフとキルギス政府が協力

コインチェック:暗号資産取引所サービスに「MONA・ETC」を追加

コインチェック:暗号資産取引所サービスに「MONA・ETC」を追加

BINANCE(バイナンス):韓国の仮想通貨市場に進出

BINANCE(バイナンス):韓国の仮想通貨市場に進出

ゴールドマンサックス暗号通貨取引所誕生か?「ビットコインなど取引開始予定」

ゴールドマンサックス暗号通貨取引所誕生か?「ビットコインなど取引開始予定」

ブロックチェーンの中心で愛を叫ぶ!スウェーデン企業が同性結婚を支援

ブロックチェーンの中心で愛を叫ぶ!スウェーデン企業が同性結婚を支援

事業支援プロジェクト「NEM Ignite」発足|開発資金・アドバイスなど提供へ

事業支援プロジェクト「NEM Ignite」発足|開発資金・アドバイスなど提供へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

【Chiliz&Socios】トルコのサッカークラブ「イスタンブールBBSK」のファントークン発行へ

【Chiliz&Socios】トルコのサッカークラブ「イスタンブールBBSK」のファントークン発行へ

【Socios&Chiliz】世界最大級のeスポーツ団体「Natus Vincere(NAVI)」と提携

【Socios&Chiliz】世界最大級のeスポーツ団体「Natus Vincere(NAVI)」と提携

民間発行デジタル通貨「2022年にも実用化へ」大手銀行・企業など30社以上が連携

民間発行デジタル通貨「2022年にも実用化へ」大手銀行・企業など30社以上が連携

オーストラリア中央銀行:CBDC調査プロジェクトで「ConsenSys」などと提携

オーストラリア中央銀行:CBDC調査プロジェクトで「ConsenSys」などと提携

自民党に「仮想通貨の税制改正要望書」を提出:日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)

自民党に「仮想通貨の税制改正要望書」を提出:日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

Trezor(トレザー)匿名性を強化するプライバシー保護機能「Tor Switch」導入

Trezor(トレザー)匿名性を強化するプライバシー保護機能「Tor Switch」導入

韓国金融当局:資金洗浄リスクの高い暗号資産「取り扱い禁止」へ|特金法改正案を公開

韓国金融当局:資金洗浄リスクの高い暗号資産「取り扱い禁止」へ|特金法改正案を公開

BINANCE:IPアドレスを基に「米国ユーザーのアクセス制限」を強化

BINANCE:IPアドレスを基に「米国ユーザーのアクセス制限」を強化

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月25日〜31日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月25日〜31日

Mercado Bitcoin「サッカー選手の権利」に投資できるトークン発行へ|Vasco da Gamaと協力

Mercado Bitcoin「サッカー選手の権利」に投資できるトークン発行へ|Vasco da Gamaと協力

ブロックチェーンで「週刊少年ジャンプ人気漫画の公式コミュニティ」構築:Gaudiy

ブロックチェーンで「週刊少年ジャンプ人気漫画の公式コミュニティ」構築:Gaudiy

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

人気のタグから探す